--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.07

「深淵のガランス」北森鴻

深淵のガランス深淵のガランス
(2006/03)
北森 鴻

商品詳細を見る

自らの見立てで花を生ける花師を生業としている佐月恭壱には、もうひとつ裏の顔があった。あらゆる能力を身につけた伝説の絵画修復師。人間の欲望が渦巻く美術界に、佐月恭壱が巻き込まれた2つの作品が収録。

「深淵のガランス」
佐月はある女性の仲介で、画家・長谷川宗司の絵画三点を修復することに。依頼者は長谷川の遺族・北条真弓。人物画二点には問題は無いが、風景画には気になる部分があった。そして佐月の前に、矢島誠一郎という男が仕事を断るよう忠告をしに現れる。

「血色夢」
岩手県雫石の山中で発見された洞窟内の壁画。表に出れば考古学会に激震が走るものだが、依頼者の多田は、極秘で壁画を修復するように依頼する。一方で、佐々木画伯の絵を巡り、暗躍をする画商の浜田英人とある女性。そして仲介役の朱建民の不思議な行動の意味とは。


すっごく面白かったです。内容紹介で「ある女性」と書きましたが、北森さんの本を読んでいる方にはピンとくる人物です。佐月の目線では、この人物は女狐だそうです。

主人公の佐月恭壱が渋すぎる。自分の仕事に対してとてもストイック。花師の仕事でお客相手に、「わたしの選んだ花がお気に召さねば、仕方ありません。花は人を選びます。店を選びます。」と言い、仕事をあっけなく断ります。それは絵画修復師の仕事でも同様です。

そんな佐月をサポートするのが、仕事仲間の前畑善次郎と絵画研究所の若槻伸吾。2人共、個性があって、佐月との会話も洒落ていて、読者を飽きさせません。それに佐月の行きつけのバーの朱明花といい、明花の父・朱建民といい、魅力ある人物たちが脇をがっちりと固めています。

絵画についての謎と共に、そこにうごめく泥臭い人物の思惑が絡んだ人間ドラマと、徐々に明かされる佐月の過去が興味深いです。それに絵画修復に関わる専門的な薀蓄が、存分に楽しむことが出来ます。

極上な絵画ミステリーが新たに誕生。たぶん本書もシリーズ化していくのでしょう。そしていつかは、別シリーズにも佐月恭壱が登場するのだろう。北森さんのもう一つの楽しみが、作品間のリンク。今後もよりいっそう北森鴻から目が離せません。要チェックです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

北森鴻
トラックバック(1)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

深淵のガランス 〔北森 鴻〕


深淵のガランス北森 鴻文藝春秋 2006-03売り上げランキング : 34240おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 大正末に活躍した洋画家の傑作を修復することになった佐月恭壱は、パリの町並の下に隠された別の絵に気が付くが…。 花師と絵画修復師、2つの...

2008/11/21(金) 19:44 | まったり読書日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。