--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.11

「あおい」西加奈子

あおい (小学館文庫 に 17-1)あおい (小学館文庫 に 17-1)
(2007/06/06)
西 加奈子

商品詳細を見る

文庫版を読みました。「あおい」「サムのこと」の2篇に「空心町深夜2時」が追加されています。これから読むという方には文庫版がお薦めです。

「あおい」
主人公のあたしことさっちゃんと、3才年下で同棲中のカザマくんのお話です。親友だった雪ちゃんが好きになったカザマくんと3人で会い、横取りしてしまったさっちゃん。その後、スナックでアルバイトをするが、ママの常連客の森さんと内緒で仲良くなり、スナックを辞めてしまう。それと同時期に、さっちゃんのお腹の中にはカザマくんとの赤ちゃんが育っていた。

なんでもない日常だと思っていたら、突然ヘビーになったりする。仲良くなった本屋で働くみいちゃんと同等な過去の消えない傷が出て来て、ちょっと切なくなったりもするが、どこかのん気な関西弁と独特の文体が、優しい世界を作り出している。それに全体に散りばめられた西さんのセンスがきらりと光り、読者を心地良い気持ちにさせてくれます。
一人きりになるとふいに「カザマ君」って口にするさっちゃんに、キュンときてしまいました。あぁ、ほんとにカザマくんのことが好きなんだなあと、さっちゃんの思いがぐっと心に浸みました。

「サムのこと」
一緒につるんでいたサムがトラックにはねられ亡くなった。スミ、モモ、キム、ハス、そしてアリは、サムのお通夜へ向う。そこでサムのお兄さんに聞いた、これまで知らなかったサムのことを知る。面倒くさがりの彼らは、サムに自分のことを聞かれはしたが、サムのことを何も聞かないでいたのだ。

お通夜の席で、彼らは生前のサムとの思い出を語り合います。でもそれは自分自身のことを語ることでもあります。それぞれの自分の思いを吐露していく姿は切ない。しかし最後にお通夜の会場から出て、彼らはいつもの日常に戻っていく。結局は何も変わらないダメな彼らに、親近感を覚えました。

「空心町深夜二時」
車が脱輪しJAFを呼んだ。場所は空心町。そこで見つけたラーメン屋でJAFを待つ男女。明日は大阪を出て東京へ向うという女性が、別れることになった男と過ごした時間を思い出す。

これで会えないという緊迫感はなく、女性がなぜ別れようと言ってしまったのか、一緒に東京へ行こうと声に出せない姿を、たんたんと描かれています。彼女が何故大阪を出ることを決意したのかは分かりません。ただ漠然と東京行きを決め、二人の最後の一夜を偶然入ったラーメン屋で過ごす。ただそれだけなのに、なんか心にしっとりとした物が残りました。文庫版だけのちょっとエッチなおまけ作品です。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

西加奈子
トラックバック(5)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

最後の短編は文庫版だけのおまけだったんですね!
空心町って、架空の町?と思ったらちゃんと実在の町で、
ラーメン屋さんもほんとにあるのかなぁ~。

エビノート:2007/08/11(土) 21:25 | URL | [編集]

エビノートさん、おはよう。
ラーメン屋はわかりませんが、西さんの作品は実在の場所がたくさん出ますね。
大阪人としては、読んでいて馴染みのある場所ばかりなので、すごく親近感がわきます。

しんちゃん:2007/08/12(日) 08:36 | URL | [編集]

なんか人物のダメさぶりがわりと気に入ってます。
だってよく周りを見渡したら
こうやってもがきながら生きている人って結構いて、
親近感湧いちゃうんですよね。
あんまり関わりたくないけど(笑)
でも、西さんの描く人間はわりと好きです。

す~さん:2007/08/12(日) 21:17 | URL | [編集]

す~さん、おはよう。
西さんの描くダメな人は、同じく親近感を持ってしまう。
共感まではしないんだけど、なんとなくわかるんだよなー。
ダメなんだけど、みんながふわっとしてる。
そこらがいいのでしょうね。

しんちゃん:2007/08/13(月) 09:03 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

あおい 〔西 加奈子〕


あおい西 加奈子 小学館 2007-06-06売り上げランキング : 31784おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫二七才、スナック勤務のあたしは、おなかに「俺の国」と称した変な地図を彫っている三才年下のダメ学生・カザマ君と四か月前から同棲している。ある...

2007/08/11(土) 21:15 | まったり読書日記

西加奈子『あおい』


メロンソーダにカルピス混ぜて、メロピス。

2007/08/12(日) 08:34 | 待ち合わせは本屋さんで

あおい   ~西 加奈子~


デビュー作。「あおい」ってタイトルはどこから来たのか?ってずっと想いつつ読み進めてやっと最後に分かりました。なるほどね。彼女の描く女性はなんとなく同じ匂いがする。すごくけだるそうで人生は

2007/08/12(日) 21:14 | My Favorite Books

あおい/西加奈子


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/2/15~2008/2/17 [BOOKデータベースより] 二七才、スナック勤務のあたしは、おなかに「俺の国」と称した変な地図を彫っている三才年下のダメ学生・カザマ君と四か月前から同棲している。ある日、あたしは妊娠していることに気付...

2008/02/21(木) 23:51 | hibidoku~日々、読書~

『あおい』西加奈子 を読んで


あおい (小学館文庫) 西加奈子 souiunogaii評価 内容紹介 女子文学に愛の一閃を穿つ超新星デビュー作 26才スナック勤務の「あたし」と、おなかに「俺の国」地図を彫っている4才年下のダメ系学生風間くんと、ペット亀の「バタ」のほわほわ脱力気味の同棲生活から一転、...

2009/03/14(土) 13:39 | そういうのがいいな、わたしは。(読書日記)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。