--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.15

「羽の音」大島真寿美

羽の音羽の音
(2001/05)
大島 真寿美

商品詳細を見る

ある日、女子高校生・菜生はテレビが映らなくなったのを機に、学校へ行く気が失せた。婚約者のいる姉・花保もまた、初恋の人・透樹の噂を聞き、会社を休み続けてテレビゲーム三昧。両親の離婚を機に処分するはずだった家で、二人暮らしをする姉妹。登校拒否と出社拒否をした姉妹を描いた作品です。

姉妹がひきこもっているだけの生活です。姉は透樹がどこで見かけられたのか、情報をひたすら待ちます。姉がひきこもった理由はわかる。だけど妹がひきこもった理由がわからない。菜生はミキオの見舞いへたびたび行きます。それ以外はずっとひきこもり。その菜生と入院中のミキオとの関係がわからない。二人のやり取りから、読者が想像するしか方法がありません。そんな姉妹の1ヶ月間を、1日ずつ丁寧につづっています。

これまで読んだ大島作品の中でも、独特な雰囲気を持った作品でした。
すごく脆くて不安定な少女の心。大人になる前の繊細な揺れみたいなものが、透明感ある文章でつづられています。上手く言えないのがすごくもどかしいです。たぶん読まないとわからないでしょう。

やがて姉は妹を置いて、羽を広げて旅立って行きます。ここでも妹はどうなるかわからない。だけど、きっと同じように羽を広げて前向きになる。そう信じたいようなラストでした。

読者の解釈に委ねられた作品です。だから抽象的な感想になってしまう。興味を持たれた方は、ぜひ自分で読んで、色々と感じて欲しい。不安定な心をきれいな文章で描かれているので、すんなり読めることは間違いないです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

大島真寿美
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。