--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.20

「ワーホリ任侠伝」ヴァシイ章絵

ワーホリ任侠伝ワーホリ任侠伝
(2006/10/20)
ヴァシィ 章絵

商品詳細を見る

一流商社でイカ輸入担当をするイマドキOLのヒナノは、ワーキングホリデーで日本にサヨナラすることを目標に、六本木でキャバクラ嬢を始めた。そこでリュウイチと知り合い、二人は恋に落ちて大人の関係になるが、リュウイチはヤクザの跡取りで、跡目争いに巻き込まれた結果、ヒナコの目の前で射殺されてしまう。

そのことで自暴自棄になったヒナコはデリヘル嬢になり、デリヘル仲間といったホストクラブで、オカマのニッキーと仲良くなる。しかしそんなある日、デリヘル嬢ヒナコの前に客として現れたのは、昼の仕事でセクハラを続けていたサカイだった。あられもない姿を写真に撮られたヒナコは、かつてリュウイチのボディーガードをしていたキシモトに連絡し、サカイを半殺しにしたキシモトは組を破門。サカイはリュウイチを殺して跡目についた、前組長の孫・ディクテーターとつるんで悪さをしていたのだった。

そしてかつて一緒に行く約束をしていたニッキーとキシモトと共に、ニュージーランドへワーキングホリデー兼、逃避行をすることにする。

ここまで長々と内容紹介を書いたが、ようするにジェットコースター小説です。風が吹いたら桶屋が儲かる式で、最後はタイトル通りに任侠に走る。しょっちゅう横道にそれながらも怒涛の流転人生に疾走感があり、読者は最初から息をつく間もないまま、最後までぐいぐいと引っ張られてゆく。そして気づけばエンディングを迎えているというわけ。

なんてエネルギーに溢れた作品だろう。少々の豪腕ぶりなんて目をつぶってしまえ、と思わせるパワーがなんといってもすごいのだ。第1回小説現代長編新人賞受賞の冠は伊達では無く、極上なエンターテインメント作品が新たに誕生。そんな一冊だろう。

今後もこの作家は要チェックなのだ。 うーん、褒めすぎたかな。。。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(1)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

ヴァシィ章絵【ワーホリ任侠伝】


これは一言で言えば、ワーホリ+任侠である。タイトルそのままやん、と思われるだろうけど、とにかく想定外の迫力で、結末が近づくにつれてページをめくる速度がどんどん上がる。でも最初はタイトルだ

2007/08/21(火) 11:58 | ぱんどらの本箱

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。