--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.20

「DIVE!!」森絵都

DIVE!!〈上〉 (角川文庫) (角川文庫)DIVE!!〈上〉 (角川文庫) (角川文庫)
(2006/05/25)
森 絵都

商品詳細を見る

ミズキダイビングクラブ(MDC)は赤字経営が続き、存続の危機をささやかれている。クラブを所有するオーナー会社が出したクラブ存続の条件は、オリンピックへ選手を出すこと。新しくクラブにやってきたコーチの夏陽子による指導のもと、少年たちは成長していく。

親本が4冊なので、内容紹介はネタバレを含んでいます。未読の方はご注意を。


「一部 前宙返り三回半抱え型」
自分は平凡だと思っていた知季が、夏陽子の指導で眠っていた才能が目覚めて飛躍していく。それによって仲間のやっかみに苦しんだり、飛び込み中心の生活が知季に災いとして降りかかる。そして津軽から夏陽子が連れてきたライバルが登場。少年たちは、アジア合同強化合宿の参加権を賭けた試合を目指す。

「二部 スワンダイブ」
津軽から出てきた飛沫の生い立ちや、海で育った故のプールという狭い世界への反発を抱えて、強化合宿への選考会に挑む。そして飛沫に飛び込みを教えた祖父で、伝説のダイバーだった沖津白波の軌跡を追う。

「三部 SSスペシャル‘99」
大人の勝手な思惑から、突然オリンピックの代表内定が決まる。選考会なしで選ばれたMDCのエース・要一だが、実感がわかずに釈然としない思いにとらわれ、スランプに陥る。そしてついには、内定を取り消してもらいに日水連の会長へ直訴をしに行く。

「四部 コンクリート・ドラゴン」
要一が内定を辞退したために空いた最後のオリンピック出場枠。その出場枠を目指して最終選考会に挑む少年たち。知季、飛沫、要一、彼らの運命や如何に。


すっごい面白かったです。読め、読め、とお薦めされまくったのも納得です。出てくる少年たちがそれぞれに個性的で、未完の大器の知季、野生児の飛沫、自信家でエリートの要一、とお気に入り君も選り取り出来ます。自分は頑張りやで健気な知季がお気に入りでした。序盤でのぐずぐずから、上を目指す意識の変わりようが、とても好感がもてました。

一部、二部、三部、と主役になる少年がそれぞれ代わります。だから代わった直後は少し違和感を感じますが、それも自然と馴染んでいきます。だから四部での最後の大会では、誰を応援していくのか悩みました。知季、飛沫、要一、それにレイジも頑張れと忙しいったらありゃしない。ピンキー山田、改めキャメル山田が、地味に活躍してるし。結局はお気に入り君を応援したんだけどね。

この作品に関してはとやかく言いません。他の方に言われ続けたことを、そのまま一緒に叫ぶだけ、読め!と。まだの方は、今すぐに読みましょう。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

森絵都
トラックバック(5)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

こんばんは、しんちゃん。
スゴイ量の読書ですね。
森さんの児童書は巧いです。
もっと、こういう本を書いて欲しいのですが。
4巻揃うまで読めませんでしたので、揃って読んだときは一気読みでした。多くの人に読んで欲しいです。

モンガ:2007/08/20(月) 20:56 | URL | [編集]

こんばんは。
私も知季君がお気に入りでした。
中学生らしい弱さをどんどん克服して強くなっていく姿が素敵でした。

なな:2007/08/20(月) 22:59 | URL | [編集]

しんちゃん、こんばんわ(^^)
これは、もうほんとに「読んで!!!!」と言いたくなる本でしたね。大好きです。キャメル山田の海パン姿は…遠くから見たら何にもつけてなそう(^^;好きなキャラの一人でした。
みんな良かったけど、やっぱり私は王子様。
では、では~。

uririn:2007/08/20(月) 23:56 | URL | [編集]

モンガさんの言う通り、すごい読書量です(笑)
なんでこんなに読んでるのだ、自分は。。。

この本の解説でマラソンを取材したとありましたよ。
絵都さんの陸上ものが読めるのかも。

しんちゃん:2007/08/21(火) 09:44 | URL | [編集]

おはようございます。しんちゃん。
若さみなぎる作品でしたよね。
こういうのを読むと、力がもらえた気がします。

しかし、しんちゃんのブログも負けずにパワフルですね!
読書にかける情熱をいつも感じます。

私にもわけてほしいです(笑)

ゆう:2007/08/21(火) 09:46 | URL | [編集]

ななさんも知季君っすか。
真剣なんだけど、たまに見せる可愛らしさが印象的ですよね。
やっぱ絵都さんは良いっすね!

しんちゃん:2007/08/21(火) 09:47 | URL | [編集]

uririnさんは美形好きっすか(笑)
最後の王子の海パン姿を想像しても笑えるね。
まさかああくるとは。。。

しんちゃん:2007/08/21(火) 09:50 | URL | [編集]

あら、ゆうさんに褒められちゃった(汗)
もっと伝えられる文章力が欲しいです。
彼らの暑さがビッシっと響くような。
感想って難しいですね!

しんちゃん:2007/08/21(火) 09:56 | URL | [編集]

これぞ「夏に読まなければ、いつ読むんだ」本ですね(笑)。
まさかああくるとは思わなかった最後のあの二人組は、吹き出しながら読んでいました。
そして次は「永遠の出口」だね、しんちゃん。

リベ:2007/08/21(火) 21:06 | URL | [編集]

りべさん、やっと読んだよ!
そう、残すはそれだけなんだけど、「アーモンド」の感想を書いてないから、こちらも再読しなくては。あとは絵本(笑)

しんちゃん:2007/08/22(水) 15:07 | URL | [編集]

しんちゃん、こんにちは。

やっと読めました~。
おっしゃる通り、買って正解でした。何度も何度も読み返したくなります♪
私は要一ファンで、四部はもうハラハラし通しでした。
絵都さん、次も楽しみです~(^ ^)

※先日TBさせていただきました際、私のブログでコメント拒否されませんでしたか?
どうやらFC2のトラブルだったようなのですが、もしそうでしたら、この場を借りてお詫びさせて下さい。
すみませんでした。

花梨:2007/12/06(木) 13:46 | URL | [編集]

花梨さん、こんにちは。
これは買って正解でしょ。
お目当てが人それぞれ選べて、応援できる。
すごく楽しい作品でしたね!

しんちゃん:2007/12/14(金) 09:42 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

DIVE!!〈4〉コンクリート・ドラゴン  森 絵都


DIVE!!〈4〉コンクリート・ドラゴン森 絵都 292 ★★★☆☆ 【DIVE!!〈4〉コンクリート・ドラゴン】 森 絵都 著  講談社 《この一瞬は、今、君たちの永遠になる。スポ根小説の醍醐味が、…》 内容(「BOOK」データベースより)見つめあい、探りあい、やがて笑い

2007/08/20(月) 20:47 | モンガの独り言 読書日記通信

『DIVE!!』森絵都


DIVE!!〈上〉DIVE!!〈下〉森 絵都 2006年 角川文庫 (上巻)P.360 (下巻)P.373★★★★★「だってさ、メダルとれたとしてもとれなかったとしても、それって本当はぼくたちの問題のはずじゃない。死ぬほど練習してきたのはぼくたちとコーチで、オリンピッ

2007/08/20(月) 22:25 | ほんだらけ

「DIVE!!〈4〉コンクリート・ドラゴン」森絵都


DIVE!!〈4〉コンクリート・ドラゴン森 絵都一度は要一に決定していたオリンピック代表。要一の要望で選考会を行う事になった。この選考会で優勝したものがオリンピックに行ける。さらに、その選考会で600点以上取らなければMDSはつぶれてしまう。とうとう最終巻です。

2007/08/20(月) 22:58 | ナナメモ

DIVE!!(上・下) 森絵都


高さ10mからのダイビングに魅せられた少年たち。オリンピック出場権を懸けての戦いを、強く熱く描く長編スポ根物語。知季、飛沫、要一の三人のダイバーを中心にして話は展開、それぞれの少年の持ち味がフルに活かされ、高飛び込みというスポーツの面白さが余すことな...

2007/08/21(火) 09:46 | かみさまの贈りもの~読書日記~

DIVE!!(上・下)-森 絵都


DIVE!!〈上〉 (角川文庫)(2006/06)森 絵都商品詳細を見るDIVE!!〈下〉 (角川文庫)(2006/06)森 絵都商品詳細を見る高さ10メートルの飛込み台から時速60キロでダイブして、わずか1.4秒の空中演技...

2007/12/06(木) 13:31 | 趣味は読書(自称)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。