--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.22

「はじまりの空」楡井亜木子

はじまりの空 (ピュアフル文庫 に 1-1)はじまりの空 (ピュアフル文庫 に 1-1)
(2007/03)
楡井 亜木子

商品詳細を見る

お姉ちゃんは就職だってしたばかりなのに、妊娠したから結婚するっていう。そんなに簡単にできちゃって、いいわけ? すぐ産むって決めて、いいの? 結婚が決まったので、お互いの家族を紹介しあうという名目で、食事会をすることになった。そこで初めて会ったお姉ちゃんの結婚相手の兄で、34歳には見えない童顔の小林蓮に会うたびにどんどん惹かれていく、17歳の岡崎真菜だった。

本書では34歳で中年扱いをしているが、ここは自分の年齢が近いので、ぐぐっと反発心を出して、真菜が呼ぶ「お兄さん」で書いていきたいと思う。ちっこいプライドですが。

真菜には同級生の彼がいるのだが、お兄さんに会うたびに背伸びをしてみたり、お兄さんの勤める画廊のオーナーである伽歩子さんに嫉妬をしたりと、自分が気づかぬうちにお兄さんの存在が心の中を占めていく。そんな彼女の心の動きがとても可愛く、ときには妄想をまじえて微笑ましく描かれている。こういうのを読むとキュンときて、ぎゅっと抱きしめたくなってしまう。男でもキュンときたんだから、女性が読めばもっとキュンキュンくるかもね。

本書では真菜の視点で描かれているので、お兄さんの内心は読者の想像に委ねられている。だから個人的な想像だが、お兄さんの真菜に対する仕草が必死に我慢をしているように思えて、ずっとにやけっぱなし。この安易に手を出さないじれったさが、本書の魅力の一つでもあるのだろう。

17歳の少女と34歳の男性の恋なんて見ると、ケって感じになりがちだが、本書はタイトルのとおり、二人の関係が「はじまる」のかどうかという期待感がずっと持続し、最後の最後まで、にやりとドキドキが楽しめた。

どろどろの恋愛小説は苦手だが、本書のような、淡くて、切なくて、爽やかで、キュンって心に響くのは大好きです。こういうのを読むと、恋がしたいなあ、とすぐになってしまう。初読みの作家さんですがすごく気に入りました。だから、もちろん他作品も読んでみたくなる。単純やなあ。 

楡井亜木子さん(にれい)、要チェックです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

楡井亜木子
トラックバック(1)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

>17歳の少女と34歳の男性の恋なんて見ると、ケって感じになりがちだが、

なんか嫉妬ですかー?ニヤニヤ。
年が近いということですが、ズバリ!36歳とか(笑)
あー、読んでもないのに、コメントしてごめんこ。

和紙こといんちき関西人:2007/08/23(木) 00:56 | URL | [編集]

きれいな腕の持ち主の和紙さん、いらっしゃいませ(笑)

そんな年に思われてたのか…。がっくし。
ブログアドレスに生まれた西暦が含まれてます。
若いつもりなんすけどね(汗)

しんちゃん:2007/08/23(木) 10:10 | URL | [編集]

わかーい。v-12
えらいすんません。
SNSとかだとまったく想像つかへんもん。
(関西弁使い方おうてる?(笑))

和紙こといんちき関西人:2007/08/23(木) 12:49 | URL | [編集]

和紙さん微妙に違う、ちゅうか違和感ありあり(苦笑)

>想像つかへんもん・・・想像つかへんねん
>使い方おうてる・・・使い方おおてる

こっちをお薦め(笑)



しんちゃん:2007/08/23(木) 16:53 | URL | [編集]

こんばんは。
やっぱこの本いいんだ。買おうかな~。

しんちゃんはまだ中年扱いは辛いよね。私はもう慣れっこだけど。でもたまに「若く見えますね」なんて言われると嬉しくなっちゃいますよ。今年は新入社員の女の子に言われて気分よかった(笑

あさと:2007/08/30(木) 18:40 | URL | [編集]

あさとさん、買いっすよ!
今月発売の「チューリップの誕生日」も買いです。

中年扱いは辛いっす。子供に「お兄ちゃん」って呼ばれていたのが、「おっちゃん」と呼ばれたときには言葉が出ませんでした。今後覚悟していかなくては(苦笑)

しんちゃん:2007/08/31(金) 09:32 | URL | [編集]

しんちゃん、こんばんは。
楡井さん読みました!!好きです!!!!
真菜の恋心、蓮の態度にく~~~っとなりました。
色んな意味で真菜にはなれないので
伽歩子さんみたいなかっこいい女目指してみます。

楡井さん、コンプリートめざしてがんばります。

なな:2008/02/08(金) 20:41 | URL | [編集]

ななさん、こんばんは。
これを読んで好きになったのなら、そのテンションの低さに驚くかも。
昔の作品は、もっと独特な世界を歩んでいますよ。
この独特も好きだけど。

しんちゃん:2008/02/08(金) 23:03 | URL | [編集]

しんさんこんばんわ。
初めて、ブログを読ませてもらいました。

楡井さんの作品の中では、この「はじまりの空」が一番大好きです。
友だちに、楡井さん知っている子が全然いなくて・・・。

でも、しんさんのブログを読んでやっぱり、楡井さんの作品って良いんだなと、あらためて思いました。(文章が変・・ですね。私)

真菜とお兄さんとの恋、すごい良かったですよね。旅行に行ったときの、お兄さんの行動とかすごい読んでてドキドキしました。

長々とコメントすみませんでした。楡井さんの作品は、あと2作品読めていないのでコンプリートしたいです。

小雪:2010/04/10(土) 20:06 | URL | [編集]

小雪さん、はじめまして。

こうして読んだ本のことを書いていますが、楡井さんを知っている人、全然いません。
↑のコメントをくれた人たちだって、某SNSのお友達ばかりで、いわば身内ですから。

あと二作でコンプとは、ゴールはすぐそこ。でもそれを読んじゃうと、次がありませんよ。楡井さんの新刊、ずっと出てませんから。

しんちゃん:2010/04/10(土) 22:00 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「はじまりの空」楡井亜木子


はじまりの空 (ピュアフル文庫 に 1-1) 楡井 亜木子 JUGEMテーマ:読書 岡崎真菜、17歳の高校2年生。21歳のお姉ちゃんは就職したばかりなのに、妊娠したから結婚するっていう。相手は10歳年上の小林さん。お互いの家族を紹介しあうという名目で、食事会をする

2008/02/08(金) 20:41 | ナナメモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。