--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.24

「はなうた日和」山本幸久

はなうた日和はなうた日和
(2005/07)
山本 幸久

商品詳細を見る

「閣下のおでまし」
母と喧嘩をした勢いで十歳の一番くんが向った先は、写真でしか見たことがない父のマンション。そこに居たのは、父の同姓相手の連れ子・ハジメくんだった。

「犬が笑う」
最愛の恋人・ソラヲを失った陸子は、これまでの仕事を辞めスナックで働き始めた。そんな陸子を訪ねてきたのは、かつての恋人・ソラヲの奥さんだった。

「ハッピー・バースデイ」
定年を十日後に控えた虹脇に、直属の部下であるOL・櫻井が相談にのって欲しいと言ってきた。かつて社長を殴った経験がある虹脇に、副社長を殴って欲しいということだった。

「普通の名字」
雑貨屋でバイトを始めたバツイチのミトコは、オーナーの柴谷さんから見合いを勧められた。しかしあと数日で見合い日というある日、見合い相手が当日はドタキャンをすると律儀にも仕事場まで訪問してきた。

「コーヒーブレイク」
窓から散歩中の犬が脱走する風景を見た織部は、大事な会議中にも関わらず、会議を抜け出して一緒に犬を追いかけることにした。

「五歳と十ケ月」
とうのたったアイドルのミドリは、カメラ小僧相手に撮影会を開いたあと、近くの百貨店内の書店で、小さな子供を連れすっかりパパの顔になった中学時代の同級生に出会った。

「意外な兄弟」
いまだに顧客と満足に会話ができない営業の沼野は、デブで下戸なダメ人間。そんな沼野は、特撮オタク仲間の四人でだれかしらの家に集まり、まんじゅうパーティーを開いて特撮についてだべっていた。

「うぐいす」
息子夫婦と同居をしているサトヨは、先立たれた夫・次郎さんの作業場を片付ける息子の姿に、次郎さんとの思い出の場所がどんどんなく消されていくような気がした。


「美晴さん」がいまいちだったが、山本さんに再チャレンジしました。これは悪くなかった。たいして大きなことは起こらないですが、普通の日常を過ごしている人たちが、ちょっと前向きな気持ちになる。ただそれだけなんだけど、ちょっぴり暖かな気持ちなれて、ほんわかした時間を過ごせた。

本書を読んでいて、女性の作家が描いたような不思議な錯覚に何度かとらわれました。登場人物のちょっとした会話部分や、料理をする場面で。これは自分だけでしょうか?

特にこれが良かったという飛びぬけた作品はなかったのですが、「閣下のおでまし」の少年たちや、「ハッピー・バースデイ」の女性のしたたかさ、「普通の名字」の新たな出会い、「意外な兄弟」の前向きなやる気、これらは普通に良かったです。

肩肘張らずに気軽に読める、そんな一冊でした。息抜きにはピッタリかも。

TBさせて貰いました。「bookworm」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

山本幸久
トラックバック(7)  コメント(13) 

Next |  Back

comments

こんばんは、しんちゃん。

この作家さんは、『幸福ロケット』の作品に尽きると思います。

モンガ:2007/08/24(金) 19:27 | URL | [編集]

こんばんは。しんちゃん。
人それぞれ、好きな作品が違ってて面白いですよね(笑)
私は、この作品が今までの中では一番好きです。

この系統をつい望んでしまいますが、まだこれを抜きん出るものには当たりません・・。

ゆう:2007/08/24(金) 21:21 | URL | [編集]

しんちゃん、こんばんは!
私は山本さんの作品では『笑う招き猫』が一番好き♪
モンガさんおススメの『幸福ロケット』も良いですよ~。

エビノート:2007/08/24(金) 22:16 | URL | [編集]

私も何度か「ん?男の作家さんだよなぁ」って思いました。
山本さんの作品はどれも気軽に読めて息抜きになるような気がして、好きです。

なな:2007/08/24(金) 22:18 | URL | [編集]

なんか、やわらかい雰囲気なんですよね~。
確かに女性が書いたといっても
違和感はないですよね。
自分も『笑う招き猫』お薦めします。
でも、肩肘張らずに読めるってとこは共感です。

す~さん:2007/08/25(土) 09:41 | URL | [編集]

モンガさん、おはよう。
「幸福ロケット」メモしました。
お薦めありがとう!

しんちゃん:2007/08/25(土) 10:08 | URL | [編集]

ゆうさん、おはようございます。
ほんと好みが違いますね。
これからマイベストを見つけていきます。
ちょっとずつだけど。

しんちゃん:2007/08/25(土) 10:12 | URL | [編集]

エビノートさん、あいた、たたた。
「笑う招き猫」の文庫本は発売時に買ったまま、ずーっと積みっぱです。
お宝を眠らせていたのか(汗) よ、読みます。

しんちゃん:2007/08/25(土) 10:15 | URL | [編集]

ななさん、ですよね!女性作家と勘違いするよね。
やっぱ自分だけじゃなかったんだ。ほっと安心。

しんちゃん:2007/08/25(土) 10:17 | URL | [編集]

おー!す~さんからも賛同意見を貰った(笑)
はい、「笑う招き猫」はとっとと読んでしまいます(汗)

しんちゃん:2007/08/25(土) 10:19 | URL | [編集]

明けましておめでとうございます。
ご無沙汰してます。最近、どうもTBの調子が悪くってこちらに送れない状態が続いています;;;また送れるようになりましたら、がんがん送らせて頂こうと虎視眈々と狙っております(笑)その時は、どうぞ宜しくお願いします。
今年もどうぞ宜しく。

ほっこりなれる温かい作品でしたね。たしかに女性作家さんが書かれたような気になります!
お正月疲れの体&心に心地よい作品でした。

すずな:2008/01/07(月) 09:48 | URL | [編集]

あぁ;;;すでに新年のご挨拶はすませてましたね^^;
お正月ボケのようです。大変、失礼しましたm(__)m

すずな:2008/01/07(月) 09:52 | URL | [編集]

すずなさん
こっちもおめでとうって書きそうになったよ!

TBが飛ばないようなら、コメントにアドレスを下さい。
記事内にリンクをバシッと名前入りで貼りますから。

しんちゃん:2008/01/07(月) 19:39 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

はなうた日和  山本 幸久


はなうた日和山本 幸久 266 ★★★☆☆ 【はなうた日和】 山本 幸久 著  集英社 《はなうた日和って、いつごろか、一年中あるのかなー》 内容(「BOOK」データベースより)こどももおとなも人生はハプニングづくし。東京・世田谷線沿線を舞台に描く、ささやかな

2007/08/24(金) 19:22 | モンガの独り言 読書日記通信

はなうた日和 山本幸久


母子家庭の男の子、売れないアイドル、オタク趣味のサラリーマンなどを主人公に、それぞれの日常の一片を可笑しくも温かく描く8つの連作短篇集。どの編の主人公も、思うようにいかない人生を懸命に生きていた。そして、失敗しつつも前向きに生きて、手にした少しば...

2007/08/24(金) 21:20 | かみさまの贈りもの~読書日記~

はなうた日和 〔山本幸久〕


はなうた日和≪内容≫泣いて笑って歌って。心温まる8つの物語。『笑う招き猫』の著者による小説すばる新人賞受賞第一作。会ったことのない父親を訪ねる少年、東京を転々とするB級アイドル…老若男女8人の悲喜こもごもを優しく描いた短編集。(出版社/著者か...

2007/08/24(金) 22:11 | まったり読書日記

「はなうた日和」山本幸久


はなうた日和山本 幸久世田谷線沿線で生活する人の物語。「しかたのない水」の調布も懐かしい場所だけど、世田谷線も懐かしいです。大学が世田谷線の上町の近くだったのです。物語に出てくる二子玉川、用賀、三軒茶屋なんかをフラフラしていました。私が知ってる世田谷線は

2007/08/24(金) 22:19 | ナナメモ

はなうた日和       ~山本 幸久~


最近お気に入りの山本幸久さんの作品です。でもあんまり作品出てないのですぐに全作品読破してしまいそうです。今作品は短編8作品が掲載されてます。世田谷線を中心にそこに住まう人々の日常。そのため、作

2007/08/25(土) 09:38 | My Favorite Books

はなうた日和 山本幸久


はなうた日和 ■やぎっちょ書評 山本幸久さん久しぶりです。 短編連作と思っていたのですが、単なる短編でした。ただ、東京都世田谷区の地面を走る世田谷線に関わるおはなしです。このあたりが舞台の小説って今まで読んだことがなかったのでちょっと興味を引きました。...

2008/01/13(日) 18:57 | \"やぎっちょ\"のベストブックde幸せ読書!!

はなうた日和/山本幸久


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/6/23~2008/6/25 [文庫裏表紙より] 定年間近の平凡な会社員・虹脇は、突然部下の美人OLから飲みに誘われる。手を握られながら「副社長を殴ってほしい」と頼まれて―。(「ハッピー・バースディ」)。売れないアイドルのミドリ

2008/07/05(土) 23:33 | hibidoku~日々、読書~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。