--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

12.15

「七回死んだ男」西澤保彦

七回死んだ男 七回死んだ男
西澤 保彦 (1998/10)
講談社

この商品の詳細を見る

一日を9回も経験してしまう体質のキュータロー。
キュータローは祖父が殺されるのを何とかしようと孤軍奮闘する
はたして祖父が死なない現実に辿り着けるのか。
SF本格パズラー小説です。

いろんな手を尽くすんですが、やっぱり殺されてしまう祖父。
だから「七回死んだ男」です。こうゆうユーモア好きだな。

西澤さんが得意な超能力が絡んだミステリーなんで、読み応えが充分。
こんなに面白い西澤さんですが、なぜか評価が低い。納得いかん。

殺人犯を推理して、この手あの手で犯罪を阻止しようとする主人公。
だけど毎回祖父は死んでしまうのだ。そして9回といタイムミリットが近づく。

そして毎回殺人者になる者が、凶器になる胡蝶蘭の花瓶を持っていく姿に笑う。
こいうのテンドンっていうんですよね。 判っていても笑ってしまうのだ。
西澤さんの笑いのセンスに拍手なのだ。 パチパチ。

この本は西澤さんの代表作に挙げられているが納得出来る。
シュールな笑いがツボに嵌った作品だ。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

西澤保彦
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。