--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.02

「ロマンス小説の七日間」三浦しをん

ロマンス小説の七日間 (角川文庫)ロマンス小説の七日間 (角川文庫)
(2003/11)
三浦 しをん

商品詳細を見る

あかりは海外ロマンス小説の翻訳中に、中世騎士のウォリックと女領主のアリエノールの恋物語の展開なんて、どうせ想像通りだろうと原書のラストを読み、「ぎゃ!!やっぱり!」なんて思っていたところへ、付き合い五年の神名が帰ってきて、いきなり「俺、会社辞めてきた。でへへ」と言われ困惑する。あかりは自分のささくれ立つ気持ちを小説の主人公たちにぶつけ、ロマンス小説は原作を無視して暴走をしだす。

まず、あかりが書いたロマンス小説を読み、次にあかりたちの日常を読む。本書はその繰り返しで構成されています。神名の突拍子のない行動でイライラしたあかりが、物語を捏造していく。そして二人の関係は? そういうお話です。

行きつけの居酒屋のマスターの大迫さんや飲み仲間のまさみちゃんが、神名が会社を辞めたがっていたことを知っていて、自分が知らなくて神名がいきなり会社を辞めたことにあかねはささくれる。その結果、原書のアリエノールのまどろっこしさに勝手アリエノールを動かしたり、ウォリックの盟友であるシャンドスの活躍があるといいのに、と勝手にシャンドスにまで花を持たせる。そして次の日には神名とあかりの仲を疑ったあかりはまたもやささくれて、ついには主人公にまであかりの魔の手が襲う。そしてあかりは、「ははは、やっちまった!」なんて叫んでいる。これが笑わずにおれるかい。しをんさんはなんて面白いことを思いついたんだろう。

読み始めはロマンス小説部分が煩わしかったが、この先どうなるんだろうと気になって気になってしょうがない。それにあかりの「やっちまった」独白が、輪をかけたように笑いを誘う。楽しーい! すっごく楽しいの。 やっちゃえ! あ、やっちゃった! とすごく気持ちが良いのだ。

それらと平行したあかねと神名の関係がメインだろうが、あかねの面白さだけが印象に残った。こんなことを書けば失敬だろうか。でもあかねも楽しそうだったし、自分も楽しかったからいいのだ。がははっ。

系統でいえば「格闘するものに○」に近い本書。マンガっぽい内容ですがすごく面白かったです。あかねやあかねの父がとにかく楽しい。そして「あとがき」も笑える。お薦め!

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

三浦しをん
トラックバック(4)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

しをんさんの本は、真面目でブンガクテキなやつよりもこういうののほうが好きだったりします。またこんなの書いてくれないかなぁ~~

まみみ:2007/09/03(月) 22:19 | URL | [編集]

まみみさん、こんにちは。
真面目でブンガクテキなやつをまだ読んでいません。。。
これ面白かったっすね。こんなのをまた読みたいです。

しんちゃん:2007/09/04(火) 10:06 | URL | [編集]

こんにちは~♪
実は私もしをんさんの文学的な本って読んでなくて・・・(直木賞受賞作は既読だけど文学的な方に入るのかしら??)
「格闘するものに○」も好きだったし、この本も面白くて読んでて楽しかったです。この本ってもっと多くの人に読まれてもいいと思うんだけどな~(^^ゞ

板栗香:2007/09/05(水) 16:41 | URL | [編集]

板栗香さん、こんばんは。
これも「格闘」ももっと読まれて欲しいっすね!
こんなに楽しい本を読まないなんて勿体無い。
初期のしをんさんをいっぱい積んでるので、他にもお宝があるかも。
読まなくちゃです。

しんちゃん:2007/09/05(水) 18:42 | URL | [編集]

今読み終えましたよ~。
なんつー面白さ。先入観なしで読んだのはよかった。
ロマンス小説だけだったらちっとも面白くないけど、あかりの日常があるからそっちまで気になって(笑
『格闘するものに○』もメモしたままだから、近々読んでみます。

あさと:2007/09/08(土) 18:16 | URL | [編集]

あさとさん、すんごい面白いよね!
もうあかりから目が離せない。
まさに釘付けちゅうやつですね。

しんちゃん:2007/09/09(日) 09:50 | URL | [編集]

私も読んだ~。面白かった。ロマンス小説と交互に話が進んで行くのも良かったね。段々話が創作されてってあかりの追い込まれ方が笑えた(^^) あかりの彼はもう少し個性的な人だともっと良かったのに。あさとさんと同様に「格闘するものに○」もチェックだ~。

まる:2007/09/09(日) 22:34 | URL | [編集]

まるさんも楽しまれましたか。
これまでこういうの無かったから、すっごく新鮮でしたね。
なんかしをんさんいいなあ、と漠然と思いました。

しんちゃん:2007/09/10(月) 09:56 | URL | [編集]

はじめまして花梨と申します。
しをんさんの小説で「ロマンス小説の七日間」が一番好きです。
こちらを読んで嬉しかったので、自分のブログでも感想を書いてTBさせていただきました。
ご迷惑でしたら削除お願いします。e-466

花梨:2007/09/27(木) 19:17 | URL | [編集]

花梨さん、はじめまして。
迷惑なんてそんなこと無いっすよ。
大歓迎です。

三浦さんはエッセイを二冊ほど、これまでに読んでいました。
だけど少女マンガに着いて行けなくて、疎遠になっていました。
こういう作品なら、早くに読めば良かったと悔やんでいます。
これ、面白いよね!

しんちゃん:2007/09/28(金) 09:33 | URL | [編集]

コメント&TBありがとうございました。
ブログ始めたばかりなので、TBするにもビクビクしています(笑)
しをんさんがエッセイでこの作品、周囲のあんまり評判良くないと言っていましたが、「そんなことないよ!」と声を大にして言いたいです。

また、面白い本を教えていただきましたらTBさせて下さい。

花梨:2007/09/28(金) 20:38 | URL | [編集]

花梨さん、TBはビビらずにバンバン飛ばして下さい。
気にしたら負けです。何が負けかはわからんが(汗)

ブログ始めたばかり、という事は
これから記事が増えていくし
カテゴリもどんどん増えていく。
いろんな楽しみが味わえますね。

ブログ・ライフを、おもいっきり楽しんじゃってくださーい。

しんちゃん:2007/09/29(土) 10:13 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「ロマンス小説の七日間」 三浦しをん


ロマンス小説の七日間posted with 簡単リンクくん at 2005. 7. 8三浦 しをん / 三浦 しをん著角川書店 (2003.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

2007/09/03(月) 22:20 | 今日何読んだ?どうだった??


・「ロマンス小説の七日間」三浦しをん・9月発売予定 文庫一覧・蘭の誘惑 (ランダムハウス講談社文庫)・ヴァイオリンロマンスがはじまらない・リアン・ハーン 「オオトリ国記伝〈1〉魔物の闇」・流れ星に祈って 冷酷な誘惑?・【TB企画】BL100冊・三浦しをん、恩田陸・リデ

2007/09/05(水) 13:44 | 文庫をあなたに捧げます

三浦しをん ロマンス小説の七日間


ロマンス小説の七日間三浦 しをんロマンス小説の翻訳の仕事をしているあかり。今回は「中世を舞台にした騎士と姫君の恋物語」を訳しているのだけれど思うようにはかどらない。しかし、刻々と締め切りの期日がせまってくる。お決まりの話の展開でつまらないのと翻訳作業が進

2007/09/05(水) 16:42 | マロンカフェ ~のんびり読書~

ロマンス小説の七日間―三浦しをん


ロマンス小説の七日間―三浦しをんあかりはハーレクインロマンスの翻訳者。今も英国中世騎士道ロマンス小説を1週間で訳さなければならず、追い詰められている。そんな中、半同...

2007/09/27(木) 19:11 | 趣味は読書(自称)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。