--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.04

「ワーキング・ホリデー」坂木司

ワーキング・ホリデーワーキング・ホリデー
(2007/06)
坂木 司

商品詳細を見る

うわっ!こんな表紙やったのか。書店のカバーを付けたままやったので、今まで知らんかった。

ホストクラブ「ジャスミン」で接客中の沖田大和の元へ訪問者が現れた。「初めまして、お父さん」という少年は、名前を進だといい、かつての苦い思いのある女性の名前を出してきた。戸惑う大和だが、同僚のホスト・雪夜と常連客のナナのとりなしで進の話を聞いた結果、とりあえず夏休みの間だけ一緒に住むことにした。そしてオーナーの粋な計らいで、オーナーが別に経営している宅配便の仕事「ハチさん便」へ大和は転職する。こうして見ず知らずの父子二人の生活が始まった。

大和は元ヤンで、とにかくすぐに怒鳴るし喧嘩っぱやい。それでいて正義感に溢れて人情に熱い。かたや進は、料理や家事にうるさく、所帯じみた小姑のような小学生。ママさんが読んだら、こんな子欲し~いってなりそうな少年で、学校でのあだ名が「お母さん」には笑ってしまった。二人の新生活を読むのがとにかく楽しい。お互いにちょっと遠慮しているのが徐々に距離を埋めていく。だって親子だもん。やがて夏休みの終わりが近づき、別れの日が迫ってくる時にはすごく切なーい。だけど大丈夫。だって親子だもん。同じ言葉を二度使用してしまった(苦笑)

そんな二人の生活の楽しさだけでなく、大和の仕事ぶりも楽しめる。宅配便だから元ヤン時代のドラフトテクニックが活かせると、うずうずする大和の前に登場したのが実験的に導入したエコ・カー。エコロジーアンドセイフティーなんて言っているが、出てきたのはリヤカーで、これに荷物を積んで体力勝負で引っぱれとなる。大和はこれにめげずに、ファイヤーパターンのステッカーを貼ったり、「ハチさん参上」と書かれたのぼりを立てて、リヤカーをカスタマイズする。こんな恥ずかしいことをするヤンキーはおらん、と突っ込みつつ笑ってしまう。

ホストクラブのオーナーや、雪夜とナナのコンビ。「ハチさん便」で働く同僚に、進に出来た友達たち。みーんないい人ばかりです。宅配先のお客さんとの温かなやり取りなんかも気持ちが良い。一部にやっかいなお客も居ますが、彼らに助けられたり交流をしていくことで、大和と進の親子は繋がりを深めていく。

最後にはグッとくる場面もあったし、適度な余韻も残る。優しさと温かさの詰まった作品に大満足です。この本を買って正解でした。というのも買うつもりは無かったのですが、たまたまサイン本を見つけてしまったので、またもやサインに釣られて買ってしまった。しかもある秘密を知ってしまうというおまけ付き。

覆面作家の坂木さんなのに、本が置いてあった棚が○性作家の棚だったのだ。坂木さんの手書きポップもあったので、書店に来訪した結果、書店員さんが坂木さんは○性作家の棚、という感じで置いてしまったのだろう。たぶん想像通りだろうが、性別は一応伏せておこうっと。

Image141_r1.jpg


ダンボールの絵がかわいいサイン本。
他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

坂木司
トラックバック(14)  コメント(24) 

Next |  Back

comments

えぇーマジですかぁ?
ワタシはてっきり…。
未読作家さんですがそろそろ行こうと思ってたところです。
しんちゃんのところへ来ると「読みたい本リスト」が増えて困る(笑)。

ユミ:2007/09/04(火) 20:01 | URL | [編集]

しんちゃん こんばんは。
この作品面白かったですよね~。
おおおーー。なんと…○性作家さんとは!!
オドロキです(笑)
今月の『ホテル・ジューシー』楽しみです♪

naru:2007/09/04(火) 21:05 | URL | [編集]

こんばんは☆
私も、読んでみたい作家さんがまたふえました~。

先日のテンプレートの件、丁寧に教えていただいて
ありがとうございました。
まだ出来てはいないのですが、参考にして
頑張ってみます!

acco:2007/09/04(火) 21:35 | URL | [編集]

そうです!進のようなできた息子が欲しいです。
最初から最後まで微笑ましい二人でした。
続編、でますよね♪

覆面作家さんには男性・女性でわかれた本屋の棚
ちょっと煩わしいでしょうね。
読んでる方は「え!?」と驚きの発見があって面白いんですけどね。

なな:2007/09/04(火) 22:25 | URL | [編集]

>だけど大丈夫。だって親子だもん。
ホントその通りでしたね~。
読んでいるこちらまで、嬉しくなっちゃうような素敵な話でした♪
そして、私も進のような息子が欲しいです♪
想像は私と同じ性別!
と思ってるんだけど、本屋に行くと違う性別のところに並べてあるんですよね・・・どっちなんだろ?

エビノート:2007/09/04(火) 23:03 | URL | [編集]

こんばんは。
ふたりの組み合わせが面白かったですね。
サイン本をよく置いている本屋さんで、驚きです。

藍色:2007/09/05(水) 02:04 | URL | [編集]

ユミさん、面白かったですよ!
坂木さんを読んで、男性か女性かを推理してみて。
傾向がわかれば、すぐに答えにたどりつくかも。

しんちゃん:2007/09/05(水) 18:21 | URL | [編集]

naruさん、こんばんは。
「ホテル」の前に「シンデレラ」を読まなくちゃと焦ってます。
それに「ひきこもり」がまだ一冊だし。

しんちゃん:2007/09/05(水) 18:23 | URL | [編集]

accoさん、気軽に読めて面白かったっすよ。
それとテンプレ変更がんばって!
やれば出来る。

しんちゃん:2007/09/05(水) 18:24 | URL | [編集]

ななさん、いいお子ちゃまでしたね。
こんなのだったら自分も欲しい。
だけど、絶対居ねーー(笑)

しんちゃん:2007/09/05(水) 18:27 | URL | [編集]

エビノートさんの想像どおりの棚にありました。
名前が男っぽいですからねえ。
知らない書店員は大変でしょうね。

しんちゃん:2007/09/05(水) 18:29 | URL | [編集]

藍色さん、こんばんは。
たまーに、ジュンク堂、旭屋書店の大阪本店に行きます。
そんときにサイン本を見つけたら、つい買っちゃうの。
やっぱ大きな書店は違うね。

しんちゃん:2007/09/05(水) 18:33 | URL | [編集]

進が一番お気に入りです。
確かにあんな子・・・いないかもです。
続編希望ですね。
どんな関係になっているか・・・

あと坂木さんは・・・
でもうちの近くの本屋は三崎亜紀さんが女性作家の棚にありますからね~。

す~さん:2007/09/05(水) 20:33 | URL | [編集]

す~さん、あんな子いないよねえ。
だけど、いてもいいかも。

三崎亜紀さんは最近写真を見て、男性だと知りました。

しんちゃん:2007/09/06(木) 08:50 | URL | [編集]

この本を買われたんですね。わたしも買っちゃうかもな、と思うくらいいいお話でした。こういうの好きです^^
覆面作家さんは今多いんですかね?少ないんですかね??本屋の棚に「不明」があるといいんじゃないかななんて思います。もしくは「微妙」?

まみみ:2007/09/06(木) 10:13 | URL | [編集]

まみみさん、買っちゃいました(笑)

覆面作家は多くないと思いますが、顔を出さない作家はいますね。
それと最近は性別のわかりづらい作家名が多いっす。
栗田有起さんや長嶋有さんとか。

しんちゃん:2007/09/06(木) 16:33 | URL | [編集]

北村薫氏もしかり、ですね。

坂木さんは、物語のタッチでバレバレな気はしますけれど。
進くんが、冷蔵庫を開けて豆腐を見た場面にぐっときました。
心の堤防が決壊したんでしょうねぇ。
いつの日かきっと・・・と思わせてくれるようなラストもよかったです。

ふらっと:2007/10/27(土) 17:19 | URL | [編集]

ふらっとさん、確かに~。
あのシリーズのべったり感なんてそう。

親子ものはグッくるよね!

しんちゃん:2007/10/28(日) 17:09 | URL | [編集]

こんにちは。TBありがとうございました。

明るくって楽しい作品でしたね。
読み終わった後、ちょっと寂しさも感じましたが、ほっかり暖かくなりました。
この作品を読んで、ますます坂木さんが好きになりました!

TB送れないようです;;;また、時間を置いて窺いますね~。

すずな:2007/12/15(土) 15:13 | URL | [編集]

すずなさん。
シリーズ物は一冊目でストップしてますが、こういう坂木さんは好きです。
歯医者さんも良かったですし、次はクリーニング屋を読もうと思ってます。
それに新刊も楽しみですね。

しんちゃん:2007/12/15(土) 19:26 | URL | [編集]

しんちゃん、こんばんは。

坂木さん、ミステリじゃなくても面白いですね。
まわりの登場人物も良い味だしていて、楽しかったです。

サイン本のイラスト、この本だとダンボールなんですね。毎回イラスト付きで可愛いなぁ~。

花梨:2008/01/23(水) 20:35 | URL | [編集]

花梨さん、こんばんは。
ひここもりのべったりに、うへーとなってるときに出あった本です。
これがきっかけで、シリーズ外に走っちゃいました。
女性らしいサインですよね~。

しんちゃん:2008/01/23(水) 23:38 | URL | [編集]

私は坂木さんのネーミングに突っ込み入れて爆笑してました。ヤマトはクロネコからでしょうが、そこに沖田をくっつけて、息子が進なんて。しかも雪は雪夜って男だし。

たまねぎ:2008/02/08(金) 21:19 | URL | [編集]

たまねぎさん
うおー!その連想には気付きませんでした。
ヤマト世代なのに、めっちゃ悔しい。
そっかー、ヤマトだったのか。ほんと悔しい。

しんちゃん:2008/02/08(金) 23:07 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

坂木司『ワーキング・ホリデー』


沖田大和参上 夜露死苦(よろしく)

2007/09/04(火) 21:06 | 待ち合わせは本屋さんで

「ワーキング・ホリデー」坂木司


ワーキング・ホリデー坂木 司元ヤンキーで現在はホストとして働いている沖田大和。ある夏の日、店に来た見知らぬ小学生の男の子が一言「初めまして、お父さん」と言う。その子小学5年生の進。母親は神保由希子だと聞かされて、心当たりがないわけじゃない大和。家を出てきた

2007/09/04(火) 22:22 | ナナメモ

ワーキング・ホリデー 〔坂木 司〕


ワーキング・ホリデー坂木 司 文藝春秋 2007-06売り上げランキング : 21074おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫元ヤン・ホストが宅配便(特別仕様車)ドライバーに転身!?血気さかんな若者と所帯じみた小学生、親子と仕事と仲間によるひと夏の贈り....

2007/09/04(火) 22:53 | まったり読書日記

『ワーキング・ホリデー』坂木司


ワーキング・ホリデー坂木 司 2007/6/30発行 文藝春秋 P.285 ¥1,550★★★★★ 俺がまだヤンキーになりたての頃、朝帰りをするたびに親は俺のことをひどく叱った。帰る時間が数時間ずれただけのことで何故そこまで怒られなきゃならないんだと思っ

2007/09/05(水) 01:08 | ほんだらけ

ワーキング・ホリデー 坂木司


装幀はtheGARDEN石川絢士。初出「別冊文藝春秋」2006年7月号~2007年5月号。主人公で語り手の俺:ヤマト(沖田大和)は元ヤンキーの売れないホスト。訪ねてきたのは息子と名乗る小学五年生の進(母は別れた神保由希子

2007/09/05(水) 02:04 | 粋な提案

ワーキング・ホリデー   ~坂木 司~


元ヤンキーで今はホストの大和の元へ息子と名乗る小学生がやってきた。その息子とのひと夏の親子の物語。小学生の進が妙に味がある。小学生のくせに、家事全般に口うるさい。ごみは分別して出せ、だの食費は切

2007/09/05(水) 20:30 | My Favorite Books

「ワーキング・ホリデー」 坂木司


ワーキング・ホリデー坂木 司 文藝春秋 2007-06売り上げランキング : 10602Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明「初めまして、お父さん」 親子の夏が始まった-。息子と過ごすために、ホストから「ハチさん便」ドライバーへ。正義感の強い元ヤンキー父と、おばちゃん臭

2007/09/06(木) 10:05 | 今日何読んだ?どうだった??

ワーキングホリデーについて


ワーキングホリデーに関する最新情報から詳細までをご紹介していきます。随時更新していきます。よろしくお願いいたします。

2007/09/26(水) 21:33 | ワーキングホリデーについて

「ワーキング・ホリデー」坂木司 を読んで


ワーキング・ホリデー (文藝春秋)坂木 司 読んでて、とっても気持ちの良くなる爽やかな小説でした。 読み終わったあとの、何とも言えない爽快感が、良い。 夏休みに見る映画にも似た、こういう感じの気持ちよさ、大好きです。 内容紹介 夏のある日、ホストクラブで働く元ヤ

2007/09/29(土) 00:18 | そういうのがいいな、わたしは。

ワーキング・ホリデー*坂木司


ワーキング・ホリデー(2007/06)坂木 司商品詳細を見る息子と過ごすために、ホストから「ハチさん便」ドライバーへ。正義感の強い元ヤンキー父とおばちゃん臭い少年のハートフルな物...

2007/10/27(土) 17:20 | +++ こんな一冊 +++

「ワーキング・ホリデー」坂木司


「ワーキング・ホリデー」坂木司(2007)☆☆☆★★※[913]、国内、現代、小説、短編集、連作、宅配便、ホスト、親子※あらすじあり、未読者は注意願います。心がほっとあたたまるようなハート・ウォーミングな、日常の謎系ミステリー作品を書いてきた作家、坂木司。決して大

2007/12/02(日) 09:42 | 図書館で本を借りよう!~小説・物語~

ワーキング・ホリデー 坂木司


ワーキング・ホリデー この本は気楽に♪気ままに♪のんびりと♪のゆきさん、まったり読書日記のエビノートさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 良かった!やっぱ坂木司さん好きかも。 なんともいえない軽くて、でも少ししっとり...

2008/01/02(水) 16:35 | \"やぎっちょ\"のベストブックde幸せ読書!!

ワーキング・ホリデー-坂木 司


ワーキング・ホリデー(2007/06)坂木 司商品詳細を見る 「初めまして、お父さん」 元ヤンのホスト、沖田大和はホストクラブで勤務中に小学5年生...

2008/01/23(水) 20:23 | 趣味は読書(自称)

(書評)ワーキング・ホリデー


著者:坂木司 ワーキング・ホリデー(2007/06)坂木 司商品詳細を見る 「初めまして、お父さん」 ヤンキーあがりのホスト・大和の仕事場にや...

2008/05/02(金) 19:16 | 新・たこの感想文

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。