--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

12.04

「翼はいつまでも」川上健一

翼はいつまでも 翼はいつまでも
川上 健一 (2004/05)
集英社

この商品の詳細を見る

中学三年生の少年がビートルズの音楽と出会い、
成長していく青春小説です。

あれっ?なんかよく似た本を最近読んだ記憶があるねんけど。
何やったっけ・・・?

あぁ~っ!芦原さんの『青春デンデケ』でした。
こっちはベンチャーズに影響を受ける話でした。

この時代って強烈なインパクトがあったんかなぁ~。
おっと、しょっぱなから横道にそれてしまった(苦笑)。

え~っと、本の感想ですが、
序盤の大人の一方的な決め付けや、
安易な暴力にかなりイライラしましたが、
最後には熱いものが込み上げて泣きそうでした。

ちょうどエンディングを読んでるときに、
近くに人が居たのでなんとか耐えました(笑)。

とてもいい本でした。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。