--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.08

「夢の守り人」上橋菜穂子

夢の守り人 (偕成社ワンダーランド)夢の守り人 (偕成社ワンダーランド)
(2000/05)
上橋 菜穂子二木 真希子

商品詳細を見る

新ヨゴ皇国の北にひろがる青霧山脈のなか、バルサは奴隷狩人に追われる男を助けた。その男・ユグノのは木霊の想い人と呼ばれる存在で、彼の歌は聴いたものの寿命をのばすという特殊なものだった。追っ手から身を隠すのに丁度良いと、二人はバルサの幼馴染・タンダの家を目指す。一方のタンダは魂の抜けてしまった姪のカヤについて、師の呪術師であるトロガイと話あっていた。かつてトロガイが若い頃に湖の底にある白木の宮で、花番から聞いた「花の夜」の話をトロガイは語る。ここにある庭の芽が、数十年後にはそだって、満開になると「花の夜」がやってくる。そのとき受粉をするために、あなたの世界から「夢」たちがさそわれると。花はこの世をはかなんでいる者へ、望む夢を見せてくれる。かつてトロガイがそうなりかけたように。そして夢からさめたくない者は、心地よい夢をみながら死に向かってゆく。タンダはカヤを助けようと、逆に「花」に魂を奪われ「花守り」となってバルサたちを襲う。バルサはタンダを助けるために、命をかけて助けようとする。

長~い内容紹介になりましたが、補足をしておきます。「花」に魂をさらわれたのはカヤだけでなく、新ヨゴ皇国の一ノ妃やチャグムも取り込まれてしまう。だが魂は奪われたが夢だけは守り抜いたタンダによって、チャグムは助けられる。そしてタンダによって、「花」が人の恨みに支配されて暴走をしていると、バルサたちに伝えられた。バルサ、トロガイ、チャグム、ユグノ、そして星読博士のシュガ、狩人のジンたち、「精霊の守り人」のオールキャストが揃って活躍します。

今回はトロガイの過去だったり、タンダとトロガイの出会いだったりと、バルサ以外の人物にスポットがあたっています。ファンタジーの説明も今回はわかりやすく、問題なくすーっと読む事が出来た。ただ、夢にさそった張本人であるユグノの無責任さが、なんだかイラついてしまうものがあった。前半部分でもう少し彼に照明をあてた描写があれば、もっと面白いものになっただろう。

本書は派手な戦いよりも人の心の弱さをメインに描いている。つらい出来事に心が折れた人や、待ち受ける未来に希望を望めない人たちが、自分にとって居心地の良い夢の世界へと現実逃避をする。そんな人たちに、時間がたてばつらい気持ちも和らぐし、生きていくのは悪いことばかりでなく良いこともある。そんなことが上橋さんからのメッセージとして、本書に込められている。

このシリーズも三冊目を読了し、楽しみ方がようやくわかってきた気がする。「精霊の守り人」ではファンタジー色に苦労をしたが、だんだん馴れてきて普通に楽しむことができるようになった。というか、続きを読むのが楽しみになった。三冊読んだのでカテゴリ化をしたし。


「精霊の守り人」 
 
「闇の守り人」 
「夢の守り人」 
「虚空の旅人」
「神の守り人 来訪編」
「神の守り人 帰還編」
「蒼路の旅人」
「天と地の守り人 ロタ王国編」
「天と地の守り人 カンバル王国編」
「天と地の守り人 新ヨゴ皇国編」
「流れ行く者 守り人短篇集」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

上橋菜穂子
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。