--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.10

「ホームタウン」小路幸也

ホームタウンホームタウン
(2005/08)
小路 幸也

商品詳細を見る

札幌の百貨店で従業員の内部監査や取引先の内偵調査をしている行島柾人のもとへ、同じ街に住んでいるのにもう何年も会っていない妹の木実から、結婚をするという手紙が届いた。彼ら兄妹がかつての黒い過去を引きずり、どんな思いでこれまで生きてきたか、なぜ素直に会えずにいるのかを、相手の男性は受け止めてくれたと手紙には綴られていた。ところが式も間近になったある日、木実はこれまでやってきた仕事をキャンセルし、財布や家の鍵など何も持たずに失踪してしまった。柾人は自分の仕事のノウハウをいかして木実を追いはじめると、婚約者である青山もまた木実失踪の10日前から姿を消していた。

仕事の上司であり、様々な特殊な能力を伝授してくれた師匠であり、兄妹がともに社会に出るまで育ててくれた恩人でもある男。通称カクさんの助けを借りて、行方不明になった二人を追う。それに柾人が情報を求めて故郷である旭川に移動してからは、中学時代にバイトの配達先で知り合って目をかけてくれた、元ヤクザの草場さんも手伝ってくれる。

こんなスーパーマンみたいな主人公はありえない、なんて思いながらもどんどん物語に引き込まれていった。閉じられた鍵を開けたり、データーの消えたパソコンを復元したりと、やるなあなんて思っていたら、ヤクザに待ち伏せされると走って逃げたりと、かなりユニークな柾人。この主人公は中々面白いではないか。それに草場さんのかつてのツテを使って助ける姿も良い。だけどなんといってもカクさんの神秘性が渋すぎ。これもありえない設定だけど、かっこよいから許してしまえる。

だけど再三、過去に起こった出来事に暗さをみせる柾人には、まったく共感出来なかった。そんなに縛られるものなのですかね。血って。親があんなだから自分も同じ、なんて考えが古くないですかね。今時こんなことで苦しむとは思えなかったので、リアルさに欠けていました。それに口を滑らすけど、木実の取った行動もうなずけるものでは無かった。ここらがちょっと残念でした。

柾人、カクさん、草場さん、下宿先のばあちゃん、その孫の里菜ちゃん、彼らの温かさは読んでいて心地良かったです。だけどミステリという点では、首を傾げてしまうものがあった。でもちょっとゆるめのハードボイルドとしては面白かった。ややこしい書きようですが、大絶賛は出来ないが面白かったのは間違いないということです。

出来れば、ばあちゃんと里菜ちゃんがもっと絡んで欲しかったな。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

小路幸也
トラックバック(4)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

こんばんは。しんちゃん。
随分前に読んだ作品なので、おぼろげにしか覚えていませんでしたが、しんちゃんの感想を読んで思い出しました!(笑)
そうそう、私も、読み急ぎたいのとは裏腹に、主人公のこだわりに辟易したのを覚えています。
それから、文体のリズムに乗れなくて、苦労しました(苦笑)

ゆう:2007/09/10(月) 19:45 | URL | [編集]

ゆうさん、こんにちは。
最近かなり内容紹介に力を入れてまーす。
何故かというと、自分の記憶が怪しくなったので。

面白くは読めたんだけど、過去にとらわれてるのだけは共感出来ずでした。

しんちゃん:2007/09/11(火) 09:11 | URL | [編集]

周りの人たちがあたたかでよかったですよね。
色々文句を言いたくもなるんだけど
だけどいい本なんですよね。

なな:2007/09/11(火) 19:30 | URL | [編集]

これ私の中で、一番記憶に残っていない小路作品な気がします。ほかのはどれも、漠然とは覚えてるんですけどこの作品はもう、まるっきり。何が影響してるのかは謎です。
もう一度読んだ方がいいのかしら……

まみみ:2007/09/19(水) 04:50 | URL | [編集]

ななさん、そうっすね。
注文をつけたくなるけど面白かった。
なんだかんだで小路さんなんですよ。

しんちゃん:2007/09/19(水) 16:01 | URL | [編集]

まみみさん、随分作風が違ったからじゃない?
それとも体調が悪かったとか。

しんちゃん:2007/09/23(日) 18:43 | URL | [編集]

過去に囚われる姿は読んでいて寂しい気持ちになってしまいましたね。
そんなに気にしなくたっていいのにと思いました。
同じ立場になったら、同じように悩んでしまうのかも知れないけれど。
主人公の周囲にいる人がとっても優しくって、あったかくて素敵でした。

エビノート:2008/04/07(月) 21:43 | URL | [編集]

エビノートさん
しっかり書いたつもりなのに記憶が抜けてます。
血の繋がりでしたっけ(汗)うーん、思い出せない。。

しんちゃん:2008/04/08(火) 11:56 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

ホームタウン 小路幸也


百貨店内で、従業員の素行や取引先の不正を調査する、いわば「探偵」まがいの役に就いていた行島柾人。彼は、幼少時代に受けた心の傷を背負いながら生きていた。同じ心の痛みを持つ妹とその婚約者が行方不明との情報を聞き、柾人のボス格の人物と共にその行方を追う・・...

2007/09/10(月) 19:44 | かみさまの贈りもの~読書日記~

「ホームタウン」小路幸也


ホームタウン小路 幸也北海道のデパート三国屋で内部調査をする行島柾人。中学時代の両親が起こした事件により、家族も故郷も失ってしまった。ある日、ずっと離れて暮している妹から「結婚する」という手紙をもらった。そして妹と妹の婚約者の青山さんが失踪する。なんだか

2007/09/11(火) 19:30 | ナナメモ

「ホームタウン」 小路幸也


ホームタウンposted with 簡単リンクくん at 2005.12.18小路 幸也著幻冬舎 (2005.8)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

2007/09/19(水) 04:47 | 今日何読んだ?どうだった??

ホームタウン 〔小路 幸也〕


ホームタウン小路 幸也 幻冬舎 2005-08売り上げランキング : 411436おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 札幌で働く柾人のもとへ、両親の死という過去で疎遠となっていた妹から手紙が届いた。 結婚するという連絡に喜んだが、式間近になって妹と婚約

2008/04/07(月) 21:33 | まったり読書日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。