--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.12

「均ちゃんの失踪」中島京子

均ちゃんの失踪均ちゃんの失踪
(2006/11/10)
中島 京子

商品詳細を見る

均ちゃんが失踪中に空き巣が入った。連絡の取れない均ちゃんに代わり三人の女が関係者として警察に呼ばれた。均ちゃんの行方は?三人の女たちの恋の行方は?五つの章割りで構成されていて、それぞれの人物たちの目線で描かれていきます。

「均ちゃんの失踪」
均ちゃんこと内田均と現在付き合っていた、ティーン向けファッション誌の編集者をする片桐薫が警察に呼ばれて行くと、そこには二人の女性が同じように呼ばれていた。均ちゃんの別れた奥さんで、彼の住んでいた家の持ち主でもある梨和景子。自分以外の彼女で、均ちゃんにお金を貸していた木村空穂。薫は均ちゃんと出会ってから自分はハッピーだと信じていたが、均ちゃんがいなくなって日常は奈落へと落ちていった。

「のれそれ」
美術教師をする梨和景子の別れた夫の家に泥棒が入り、その空き巣にあった家が景子のものだったために警察に呼ばれていくと、現在進行中のガールフレンドが二人も事情聴取のためにやってきた。事情聴取の済んだ景子は、年配刑事の高木ケイブホに自宅まで車で送ってもらった。そんな景子は、気づかぬうちに高木の姿を追いかける自分の思いに気づく。

「彼と終わりにするならば」
外資系の製薬会社で重役秘書をする木村空穂は、妻子のある高村という男と付き合いながらも、友達である均ちゃんと付き合うことで寂しさを埋めていた。高村と計画していた旅行も事前に断られたり、何日も連絡が取れないと思っていたら、別れるといっていた妻が病気になり入院したという。報われない愛に疲れていた空穂のもとに、人生の転機となる話が舞い込んできた。

「お祭りまで」
これまで失踪中としかわからなかった均ちゃんの放浪のわけ。

「出発ロビー」
均ちゃんの失踪で知り合った三人の女性が、均ちゃんのいない中でそれぞれに出した結論。そして均ちゃんが放浪から帰ってきた。

三人の女性の年代の違いや、均ちゃんに求めていたものの違い。それにそれぞれの女性たちを、三人という別の目線で見ていくのが面白かった。自分だけが均ちゃんの彼女だと思っていた片桐薫は、木村空穂や梨和景子を嫉妬の目に見るのに対して、空穂には本命がいて均ちゃんは友達感覚だし、景子に至っては完全に過去の男で結婚を間違いだと思っている。そんな彼女たちが、空穂の誘いで一緒に温泉旅行へ行ったりして、徐々に仲よくなっていく。そんなこんなで彼女たちが新たな道を選んだ頃に、ひょっこりと均ちゃんが帰ってくるというオチが、同じ男の身ながらザマアミロってなる。

ネタバレを避けたつもりで感想を書いたが、章のタイトルを見れば簡単にラストが想像出来てしまう。だけど結末がどうなるかはわかっていても面白かったです。この本は女性の方がたぶん楽しめるだろう。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

中島京子
トラックバック(1)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「均ちゃんの失踪」中島京子


均ちゃんの失踪中島 京子均ちゃんこと中田均の家に空き巣が入った。当人は暫く前から失踪中。警察に呼ばれたのは大家で元妻の梨和景子、パートタイムの恋人として付き合ってた木村空穂、まさかほかに付き合ってる人がいるとは全く思ってなかった片桐薫の3人だった。だれも

2007/09/12(水) 21:22 | ナナメモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。