--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

12.02

「ひまわりの祝祭」藤原伊織

ひまわりの祝祭 ひまわりの祝祭
藤原 伊織 (2000/06)
講談社

この商品の詳細を見る

「テロリストのパラソル」が面白かったので、期待しながら読んだら大当たり!

自殺した妻は妊娠を隠していた。
隠遁生活を送る、くたびれた中年男の秋山秋二。
秋二は昔の会社の先輩に頼まれる。「500万円を捨ててくれ」と。
秋二と村木は、500万円を持ってカジノへいく。
そこで出会ったのは、死んだ妻にそっくりな麻里。
やがて秋二は、ゴッホの幻のひまわりを巡る騒動に巻き込まれる。


秋二は甘党で、次に来る手札が見えるという特異な才能を持つ。
見た目はくたびれた中年。そんな秋二が主人公。

8枚目のひまわりを巡る裏社会の争奪戦のの中、自殺した妻がキーだった。
そんな理由で、何の自覚もなくこの争奪戦に巻き込まれていく。

絵画ミステリは好きで、よく読んでいます。
そしてこの本を読んで、藤原さんは登場人物の会話が上手いと思った。
小難しい描写や薀蓄に飽きることなく、会話主体でストーリーが進む。
だから分厚い本を、さくさく一気読み。

藤原伊織さんの本は面白いっすね。
他の本も、どんどん読んでいきたいです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

藤原伊織
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。