--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.18

「晩夏のプレイボール」あさのあつこ

晩夏のプレイボール晩夏のプレイボール
(2007/07/20)
あさの あつこ

商品詳細を見る

野球への愛がぎゅっと詰まった10の物語。野球のルールを知らなくても読めるし、興味が無くても読める。と言うのも、自分がまったく野球に興味が無いから。大阪人なので一応阪神ファンらしいのだが、選手を知らないし、テレビも見ないし、結果も気にならない。どちらかと言うと、イチローがヒットを打ったかの方が気になる。なんか時間ばかり食って、はやくせい!とイライラするのだ。バッターなんて、やあやあ我こそはみたいに順番に出て来て、一球ごとにのんびりと勝負する。これがまどろっこしいのである。だけど本書は面白かった。10の物語が全部何がしか甲子園に関わっている。まあちょっとは、しつこいなあとは思ったけど。横道にそれっぱなしなので、そろそろ内容紹介を始めよう。

夏の甲子園、地区予選準決勝。九回の裏、ツーアウト、ランナー無し。点差は四。高校野球最後になるかもしれない打席へ代打で出る少年。...「練習球」
小さい頃から男の子に混じって野球を楽しんでいた少女。彼女が小学校卒業と共に、野球をする環境が無くなる現実を知る。...「驟雨の後に」
かつて甲子園に出た兄に憧れていた弟は、大人になって10年ぶりに帰郷し、再会した兄から当時野球を楽しそうにしていた自分が羨ましかったと教えられる。...「梅香る街」
来年で廃校になることが決まり、最後の野球部員になった三人の少年たち。当然三人では野球を出来ないが、毎日グラウンドに集まって練習をする。...「このグラウンドで」
野球が大好きだった息子を10歳で亡くし、最愛の夫は医師から余命六ヶ月だと言い渡された妻。そんな夫婦は甲子園のテレビ中継の中に、頑張っている息子の姿を見る。...「空が見える」
幼い頃から甲子園でプレイすること、そして優勝することが夢だった少年が、本当に夢をかなえてしまった。そのことで抜け殻のようになった少年は、野球を知らない頃にいつも一緒にいた、病床にいる親友を訪ねる。...「街の風景」
小学六年生の少年は、いつも母から平凡だと言われて、無理な期待を背負わされていた。それがある日に、母の無駄よという母の諦めの声を心で感じた。その日、大雨で氾濫する河川敷で自殺を考えていたら、熱心に素振りをする高校生に出会った。...「雨上がり」
幼馴染の女の子に誘われて見た、高校野球地方大会の九回の攻防。少年は野球に魅せられ、高校入学と共に野球を始める。そして幼馴染との恋。...「ランニング」
30年ぶりに故郷に帰った男は、当時ランニングコースになっていた商店街を訪れた。そこは寂れていたが、かつてバッテリーを組んだ相棒と、野球部のランニングは変わっていなかった。…「東藤倉商店街」
一番初めに収録されていた「練習球」のサイドストーリー。...「練習球?」

こんな感じかな。お気に入りは「練習球」「驟雨の後に」「このグラウンドで」「街の風景」「ランニング」でした。多いなあ。ねっ!野球に興味が無くても、こんなに楽しめたのだ。とっても面白かったです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

あさのあつこ
トラックバック(5)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

こんにちは。
この主人公達に、何の障害もなく野球をやらせてあげたかったです(苦笑)

ゆう:2007/09/18(火) 18:03 | URL | [編集]

野球のルールもほとんど知らないんですが、
それでも楽しめました。
野球を愛する思い、甲子園に魅せられてしまう気持ちが何となく伝わってきたかなぁと思います。

エビノート:2007/09/18(火) 21:41 | URL | [編集]

ゆうさんのおっしゃる通りっす。
小学校で野球人生が終わる少女や、過疎で人数の居ない少年たちが、すっごくかわいそうだった。切なかったけど、心にグっと来たのでお気に入りにあげました。

しんちゃん:2007/09/19(水) 15:44 | URL | [編集]

エビノートさん、ルールは知ってますが興味がありませーん。
そんな自分も楽しむことが出来ました。
野球への愛がギッシリでしたね。

しんちゃん:2007/09/19(水) 15:46 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

晩夏のプレイボール あさのあつこ


親の死や離婚などさまざまな苦境を乗り越え、野球を心の糧として生きていく人々を描いた短編10編。逆境にも耐え、それを乗り越えようとするエネルギーを野球にぶつける事で、新たな一歩を踏み出すキッカケを見出した人々の姿がいきいきと描かれ、短編ながらも読み応えの...

2007/09/18(火) 18:02 | かみさまの贈りもの~読書日記~

晩夏のプレイボール 〔あさの あつこ〕


晩夏のプレイボールあさの あつこ 毎日新聞社 2007-07-20売り上げランキング : 9795おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫内容紹介名作『バッテリー』の著者が贈る、野球を愛する者をめぐる10話の短編小説。互いの抱えるトラウマや家庭環境を乗り....

2007/09/18(火) 21:37 | まったり読書日記

【 あさのあつこ 】について最新のブログの口コミをまとめると


あさのあつこに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。

2007/10/01(月) 17:23 | プレサーチ

晩夏のプレイボール<あさのあつこ>-(本:2008年67冊目)-


晩夏のプレイボール 出版社: 毎日新聞社 (2007/7/20) ISBN-10: 4620107174 評価:82点 高校野球をテーマにした短編小説が10篇収められている。 ただ、まっすぐに野球そのものを書いた小説ではなく、野球を題材にして人間の切ない感情をうまく救い上げたものばか

2008/05/09(金) 00:45 | デコ親父はいつも減量中

あさのあつこ 「晩夏のプレイボール」


10個の話が繋がった短編からなる小説ですが最初の「練習球」と最後の「練習球II」の繋がりが非常によく出来ていました。

2009/08/07(金) 22:01 | ゼロから

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。