--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

12.01

「きらきらひかる」江國香織

きらきらひかる きらきらひかる
江國 香織 (1994/05)
新潮社

この商品の詳細を見る

私たちは十日前に結婚した。笑子はアル中、睦月はホモで恋人あり。そんな二人は全てを許し合って結婚した、筈だったのだが…。

初めての江國さんの本。 うん、好きかも。せつない系の恋愛小説は苦手だ。特に相棒が死んだり、実りがないモノが嫌い。この本は、ホモの男と結婚したアル中で精神病の女との恋愛小説。へんてこな設定がええ感じ。

そこに夫の恋人のやんちゃな紺くんが加わる変な三角関係。変なとは、笑子が紺くんを認めて3人が仲良しだから。笑子はアル中と情緒不安定で、笑う・泣く・怒る・落ちる。普通では耐えられない状態なのだ。それを受け止める睦月はすごい。3人の関係は複雑でも何でも無く、お互いを大切に思っているだけ。ただそれだけだろう。 人を好きになるのに理屈や説明などいらない。もうむちゃくちゃ心にぐっときました。

これから江國さんの本を、どんどん読んで行きたいです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

江國香織
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。