--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.22

「カラフル」森絵都

カラフル (文春文庫 も 20-1)カラフル (文春文庫 も 20-1)
(2007/09/04)
森 絵都

商品詳細を見る

死んだはずのぼくの魂が、ゆるゆるとどこか暗いところへ流されていると、いきなり見ず知らずの天使が行く手をさえぎって、「おめでとうございます、抽選に当たりました!」とプラプラという名の天使が告げてきた。プラプラのいう要点をまとめると、ぼくは前世で大きなあやまちを犯した魂だけど、もう一度生まれ変わる再挑戦のチャンスを得た。その再挑戦とは、前世で失敗した下界で、もういちど修行を積んでくること。その修行とは、下界にいるだれかの体を借りてすごすこと。その体の持ち主がいい家庭もあればひどい家庭もあること。修行が順調に進むと、ある時点で、記憶を取り戻し、前世で犯したあやまちの大きさを自覚した瞬間、輪廻のサイクルに復帰する。そういうわけで、ぼくは三日前に服薬自殺をはかった小林真になった。

小林真の生活には様々な嫌なことや辛いことがたくさん待っている。進路のことや、コンプレックスや、初恋の女の子の援助交際や、いじめや、家族や友達のことなど、難題を少しずつ乗り越えていかなければならない。児童書なので悪い結果にならないのはわかっているが、読んでいて頑張れーとなるのは間違いない。彼が毎日を一生懸命生きている姿が素晴らしいのだ。そんな毎日を過ごした結果、前世で犯したあやまちをついに思い出す。そのシビアな独白のあとに、プラプラの「ピンポーン!」には失笑してしまった。ギャップがありすぎやねんな。そこは絵都さんの茶目っ気ですかね。

今回文庫化したので再読してみました。やっぱ絵都さんは良いっす。ストーリーは非現実的なのに、何故か親近感みたいなものを感じてしまった。その上で温かな思いになれるし、最後に泣ける。この泣けるっていう要素がポイント高いんだよ。それに一番良かったのは、少し変わっているが表紙のカラーが継承されていること。すごくキレイだー。

これはずっと手元に置いておきたい一冊です。お薦め!

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

森絵都
トラックバック(9)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

森さんの本、特に児童書はいいですよね。
直木賞以降、森さんの本を読んでいないような気がします…
書いていらっしゃるんですかね?

なな:2007/09/22(土) 20:41 | URL | [編集]

私も森さんの児童所は好きです。
シンプルなのだけれど、すごく伝わってくる気がします。
もっと児童書も書いてほしいなぁと思います。

これ、文庫出たんですね。私も買おうかな。

june:2007/09/23(日) 00:20 | URL | [編集]

ななさん、「DIVE!!」の解説で佐藤多佳子さんが語ってました。
陸上ものを執筆しようと、フルマラソンを絵都さんが体験したそうです。
絵都さんもついにですかね。楽しみ!

しんちゃん:2007/09/23(日) 09:50 | URL | [編集]

juneさん、買っちゃいましょう。
これは買って損はないっす。

ななさんへのお返事で書きましたが、出るかもです。
いつ出るのかとワクワクしてまーす。

しんちゃん:2007/09/23(日) 09:54 | URL | [編集]

おお~。森さんは読んだ事ないけど、この本は面白そう。
チェックしとかなきゃ♪

まる:2007/09/23(日) 14:16 | URL | [編集]

まるさん、とってもいいよ。
ぜひぜひ、読んで下さ~い!

しんちゃん:2007/09/23(日) 16:01 | URL | [編集]

こんばんは。
10代のストレートな感じがよく出ていたし、森さんらしいストーリーでした。

森さんの新刊が楽しみです。

mint:2007/09/24(月) 18:47 | URL | [編集]

こんにちは。
いま思い出していたのですけれど、この本はとてもおもしろかったですね。
ぼくは2年前にしっかりハードカバーを買いましたよ。

ディック:2007/09/25(火) 06:46 | URL | [編集]

mintさん、こんにちは。
森さんの新作は楽しみです。
大人向けか児童書よりかどっちでしょうね。

しんちゃん:2007/09/25(火) 09:44 | URL | [編集]

ディックさんは買ったんだ。
借りて読んだら良かったので、何度も買うか悩みました。
今回の文庫化は、すっごく嬉しかったです。

しんちゃん:2007/09/25(火) 09:46 | URL | [編集]

これは傑作ですよね。図書館で読んだんですが、かって読めばよかったと後悔しましたw

daen0_0:2008/08/13(水) 14:25 | URL | [編集]

daen0_0さん
図書館で借りて読み、文庫化で買いました。
買って手元に置いておきたい本ですよね。

しんちゃん:2008/08/14(木) 10:38 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「カラフル」森絵都


カラフル森 絵都死んで魂になって流されていく僕の前に天使が現れて言った「おめでとうございます。抽選にあたりました!」大きな過ちを犯して死んだ罪な魂なので、輪廻のサイクルからはずされるのですが、再挑戦のチャンスがあるという。そして僕は自殺した中学生小林真の

2007/09/22(土) 20:40 | ナナメモ

カラフル


カラフル森絵都いいかげんな天使が、一度死んだはずのぼくに言った。「おめでとうございます、抽選にあたりました!」ありがたくも、他人の体にホームステイすることになるという。前世の記憶もないまま、借り物の体でぼくはさしてめでたくもない下界生活にまいもどり....

2007/09/23(日) 00:20 | 本のある生活

『カラフル』


今日読んだ本は、森 絵都さんの『カラフル』です。

2007/09/24(月) 18:44 | いつか どこかで

カラフル/森絵都


カラフル 死んだはずのぼくは、抽選にあたったとかで「やりなおし」のチャンスを与えられた。 小林真(まこと)という中学生が自殺をして死んだので、その身体を引き継いで、自分が犯した過ちをしっかりと思い出せ、とやり直しアシスタントの天使プラプラがいう。 ....

2007/09/25(火) 06:48 | ディックの本棚

カラフル/森絵都


読書期間:2007/10/21~2007/10/22生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。真として過ごすうち、ぼくは人の欠点や

2007/10/24(水) 00:11 | hibidoku~日々、読書~

『カラフル』


『カラフル』 著者 : 森絵都 出版社 : 文春文庫 イラスト : 長崎訓子 デザイン : 池田進吾(67) あらすじ 生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイ

2007/11/16(金) 20:13 | 裏葉柳

森絵都『カラフル』


「おめでとうございます!抽選に当たりました!」

2008/02/05(火) 20:56 | 待ち合わせは本屋さんで

[書評][一般小説]カラフル


カラフル (文春文庫 も 20-1) 作者: 森絵都 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2007/09/04 メディア: 文庫 森絵都の代表作。死んだはずなんだけど天国で抽選に当たってしまい、もう一度下界に戻って生活しなくてはいけなくなる主人公。しかも下界にいるだれかの体を借りて

2008/08/13(水) 14:23 | 誰が得するんだよこの書評

カラフル/森絵都


この世から去ったはずの主人公は、魂だけが抜け出している事に気づく所から物語は始まります。 魂がどこか別の世界へ流されようとしていると、ある天使から、「抽選にあたりました!」と言われるんです。 何の抽選かというと、「人生再挑戦の権利」なのです。 主人公は...

2009/09/30(水) 05:48 | ~ 本好きさんっ♪~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。