--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.24

「二枚舌は極楽へ行く」蒼井上鷹

二枚舌は極楽へ行く (FUTABA・NOVELS)二枚舌は極楽へ行く (FUTABA・NOVELS)
(2006/10)
蒼井 上鷹

商品詳細を見る

前作「九杯目には早すぎる」では、ブラックさとショートショートの切れ味に度肝を抜かれて唸ってしまった。そして本書では、各作品間にリンクがあり、派手さはないモノのミステリ色が濃く、思わず上手いと声を張り上げてしまう、やられた感の強い作品が粒揃いだった。全部で12のショートショートを含めた短編集なので、お気に入りを抜粋して紹介してみよう。

「野菜ジュースにソースを二滴」
妻を殺されたと思い込んだ男が容疑者たちを招待して、食後にこういった。「犯人が口に入れたものにだけ毒を盛った。この解毒剤を飲まなければ、あと三十分で死ぬ。解毒剤が欲しければ自白しろ」
自分は犯人では無い。だけど犯人だと疑われて毒を盛られた可能性がある。あの時の見られていた行動は勘違いされても仕方がないものだった。迫り来るタイムリミットに対する緊張感と、疑いを込めて見られる仲間の目つき。凄い。そしてラストもまた凄い。

「待つ男」
十七年後にこの店で、この酒を飲もう。役者を目指した男二人が、別れの席で約束をした。そして男が一人、ショット・バー「レニ」へ待ち合わせに現れた。
上手い。男同士の約束と思わせておいて…、い、言えない。これ以上は言えない。蒼井さんの策士ぶりを堪能しました。ほんとに上手い。

「ラスト・セッション」
復活ライブを遂げたジャズ・ピアニストが、その直後に自宅マンション内で殺されていた。しかもピアニストにとっては命とも言える右人差指が切断され、現場から持ち去られていた。
へー、蒼井さんもこういうのが描けるんだ、と驚きのあった作品。ラストの一行に、おりゃあ、とやられました。

「二枚舌は極楽へ行く」
クビになったことを内緒にしてくれ、と強要した同僚の嘘が、その妻にバレてしまった。その頃男は何者かに殺されていた。
その場しのぎの嘘を並べる男に迷惑をかけられた元同僚たちだが、その男の末路にも迷惑をかけられる。タイトルそのままですが、面白かった。その男の結末が滑稽としか言いようがない。男の死ぬ直前のその姿を想像すると、あのブラックさは思わず笑ってしまう。それに参考文献を見て、なるほどと感心してしまった。

ショートショートでのお気に入りは、「値段は五千万円」「私のお気に入り」「ミニモスは見ていた」でした。もうオチが最高に面白かった。蒼井さんの切れ味をぜひ楽しんで欲しいです。

内容紹介を端折ったので、収録作を書いておきます。
「野菜ジュースにソースを二滴」
「値段は五千万円」
「青空に黒雲ひとつ」
「天職」
「世界で一つだけの」
「待つ男」
「私のお気に入り」
「冷たい水が背筋に」
「ラスト・セッション」
「懐かしい思い出」
「ミニモスは見ていた」
「二枚舌は極楽へ行く」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(3)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

毎回蒼井さんにはとても楽しませてもらってます^^すごい凝りようですよね~ご本人もミステリがすごく好きな方だと見ました!新刊だけ読めてないので、また借りてこなくちゃ。

まみみ:2007/09/24(月) 23:28 | URL | [編集]

まみみさん、この凝りようはすごいっすね!
切れも抜群で、読むたびにやられちゃいます。

しんちゃん:2007/09/25(火) 10:00 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「二枚舌は極楽へ行く」蒼井上鷹


二枚舌は極楽へ行く蒼井 上鷹12の物語。「九杯目には早すぎる」がよかったので早速2冊目。今回もありえないラストに驚くやら、ニヤリとするやら。それぞれの物語がちょっとずつ繋がっていたりもするんですけど、気になりだすとそこばかり気になって物語りに集中出来ない

2007/09/24(月) 21:02 | ナナメモ

「二枚舌は極楽へ行く」 蒼井上鷹


二枚舌は極楽へ行くposted with 簡単リンクくん at 2007. 1.26蒼井 上鷹著双葉社 (2006.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

2007/09/24(月) 23:27 | 今日何読んだ?どうだった??

『二枚舌は極楽へ行く』蒼井上鷹


二枚舌は極楽へ行く 蒼井上鷹/双葉社妻を事故で亡くした夫が、事故前夜一緒だった友人達の一人に妻の死の原因があると独り合点。謎の飲み物を飲ませて自白を強要する『野菜ジュースにソースを二滴』など、蒼井流コージー・ミステリー12編。 デビュー作『九杯目には早すぎる

2007/09/26(水) 22:11 | ひなたでゆるり

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。