--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.02

「でかい月だな」水森サトリ

でかい月だなでかい月だな
(2007/01/06)
水森 サトリ

商品詳細を見る

友人、綾瀬の「でかい月だな」の言葉に、満月から目が離せないでいると、どん!と突然崖から蹴り落とされて、気が付けばそこは病室のベッドの上だった。ぼくは半ば死にかけ、右足はぐしゃぐしゃになり、元通りにはいかないそうだ。綾瀬はどうして蹴ったのかはわからない、と供述したそうだが、泣いていたという話は、ぼくの心を静めた。

そして元同級生たちは三年生に進級し、ぼくは一年遅れの中学二年生として再び学校に通い始めた。そして三ヶ月。何か変わったことをあげるなら、二人の変人に出会ったことだろうか。インチキ錬金術師の中川京一と、邪眼を持つオカルト少女の横山かごめ。そして見えない海の満ち潮に乗って、サカナの群れがやってきた。それと共に世界にはやさしさブームが到来した。

帯の内容紹介を膨らませて書いてみたが、なんのこっちゃ、という内容紹介やな。ようするに、いきなり友人に殺されかけて、家族や友人や世間全般が、かわいそうにというみんなが同じ反応をすると共に、なんてあいつは悪いやつだ、と当人である自分を置いて勝手に悪意の感情が暴れまわる。それを素直に受けきれずに反対の感情を出し続けて…、というちょっと複雑な心が描かれている。

繊細な心の揺れる描写が抜群に上手かった。単純にやられたから許せないという感情ではなくて、いまは遠くへ行ってしまったが、綾瀬がいつか自分の前に現れる日が来る。そう信じたいという主人公の思いには、ぐっと来るものがあった。

そんなところに変人だと思っていた中川くんが登場して、もやもやとした感情をあっさり肯定して受け入れてくれる。依存というか楽さを感じた主人公は、中川くんにべったりの生活をおくるのだが、周りにいる人たちが急にやさしくなったり、その後には協調を求めたりとファンタジックな展開になっていく。そこで絡んでくるのが蛇眼のかごめ。彼女の登場というか主人公との絡みはじめは強烈の一言。だけど読んで行くと、ただのぶきっちょだとわかり、ちょっとずつ可愛らしく思えてくる。主人公だけでなく自分も悩殺でヤラれたのかも。

そのかごめが、世界で起こっている一連のファンタジックな現象を教えてくれるんだけど、この効果はあまり上手く機能していないように思えた。サカナとかキャラバンとか言い方のあるあれって、要らなかったような気がする。それよかもっと主人公の無くしてしまったものの大きさとか、そんなものを掘り下げて欲しかったな。あーー、でもそうすると、かごめの存在意義が下がるなあ。うーん、困った。かごめが結構気に入ったのでねえ。やっぱ悩殺にヤラれてる?ちょっとかごめに蹴られたいなあなんて思ったし。危ない?

ラストは泣きそうになった。あまり詳しくかけないけど、あそこで掛け合う会話や、すぐに反応してしまう過剰な態度。それに主人公の提案した約束なんかは、読んでいてすごくジーンときた。重さがちょっぴり覗くんだけど、それを振り払う爽やかさは、ちょっとフルフルくるものがあった。だけどここに来て、これまで良かった中川くんが霞んでしまったのはちょっと残念。まあ、彼の役割外の部分だからしょうがないけど。また日常に戻れば三人で仲良く?過ごすのでしょう。

いろんな方が読んでいるのを見て、自分も読んでみましたが当りでした。水森サトリさん、今後も追いかけたいと思います。お薦め!

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(13)  コメント(20) 

Next |  Back

comments

おばちゃん、インチキ錬金術師の中川京一がお気に入り。
重くて悲しくてどうしようもない心があふれた小説でしたが、
おばちゃん青春小説が大好きで
若い少年少女が物語の中で
きらきら光る小説に出会えると
とても楽しくってうれしくって。


ナカムラのおばちゃん:2007/10/02(火) 19:26 | URL | [編集]

中学生の揺れる心、すごくリアルでしたね。
えぇ、そんなのすっかり忘れていますけど…
きっと息子達はもうすぐこういう風になるんだろうなぁって。
次の作品、楽しみですね。

なな:2007/10/02(火) 19:56 | URL | [編集]

この本、そこそこ面白かったけどあまり印象が残っていません。自分の読書日記を調べてみたら一目瞭然。「太陽の塔」の次にこの本を読み、この次に読んだのが「スロウハイツの神様」だったことが判明(笑)。

リベ:2007/10/02(火) 20:03 | URL | [編集]

主人公ユキの揺れる想いにグッと心をつかまれてしまって、油断すると泣きそうでした。
中川くんとバスケ?をするシーンとか、もうウルウル。
すっかり感情移入して、夢中になって読んじゃいました。
水森さん、私も注目したいです。

エビノート:2007/10/02(火) 20:19 | URL | [編集]

おばちゃん、若い子っていいよね!
汚れてない心や、迷うが前向きになる姿が素敵。
なんて、こう書くと自分が濁ってるみたいですが(汗)

しんちゃん:2007/10/03(水) 00:05 | URL | [編集]

ななさん、なんて言ってられませんよ。
そろそろ気がつかないフリや、見なかったことに…
少年の成長に、母ショックは欠かせないのだ。

しんちゃん:2007/10/03(水) 00:09 | URL | [編集]

りべさん、それは読み合わせが悪すぎ!
両方共、強烈すぎやわ。

タイミングが合わなかったのね。
まあ、そんなことはしょちゅうだけど。
ドンマイ。であってる??

しんちゃん:2007/10/03(水) 00:12 | URL | [編集]

エビノートさん、中川くんとのバスケはきたっ!
バスケが前面に来なかったのは少し残念。
もうちょい描いて欲しかったですよね。バスケ。

しんちゃん:2007/10/03(水) 00:15 | URL | [編集]

中川とかごめの話は他にも読んでみたいですよね
二人の馴れ初めというか過去も知りたい
私はどちらかというとお姉さんに弱かったので
撃沈せずに読みきりました(笑

たまねぎ:2007/10/05(金) 00:10 | URL | [編集]

たまねぎさん、それいいかも。
中川とかごめの出会いから、罵り合う親しさまでを読みたい。
歪んだ友情は面白そう。

お姉さん?洗面所を譲るぐらいしか、覚えてないなあ(汗)

しんちゃん:2007/10/05(金) 09:08 | URL | [編集]

内容を覚えていないわたしですが、どうもリベさんもそうらしい。とこちらを読んでわかってちょっと安心しました(笑)
しんちゃんの感想読んで、おぼろげながら思い出しましたよー。妙に心に残る作品ですよね。って内容忘れたわたしが言っても説得力ないかもしれませんが^^;

まみみ:2007/10/05(金) 14:58 | URL | [編集]

まみみさん、説得力に欠ける(笑)
だけど、そのときの熱は感じました。

本をたくさん読むと、忘れるのも早い。
自分も同じでーす!

しんちゃん:2007/10/05(金) 16:38 | URL | [編集]

被害者である自分を差し置いて周りが綾瀬を悪者だと決め付ける、そんな状況に反発して・・・って感情はうまいなと思いました。うんうん、私も多分そういう反応になるだろうなって。

ただサカナ云々とか、青春ものなのかSFなのか、ファンタジーなのか、あれれ?って感じで感想もどっちつかずです。
サカナ抜きで、なんとか話できなかったですかね~?かごめちゃんの邪眼もいいんですけど、サカナがいまいち・・・。(爆)

じゃじゃまま:2007/10/08(月) 17:01 | URL | [編集]

ままさん、自分は流されるタイプかも。
あ、怒ってる。じゃあ、一緒に怒っておこう、みたいな(汗)

サカナはねえ…。次回作に期待するしかないっすね。

しんちゃん:2007/10/08(月) 17:24 | URL | [編集]

しんちゃんはかごめに悩殺されましたか。
私は中川くんがよかったです。
最後じわっときましたが、中川くんかすんじゃいましたよね。
まぁユキの物語だから仕方ありませんが・・。

june:2007/10/25(木) 20:23 | URL | [編集]

juneさん、あっさりと悩殺されました。
学校と家のギャップがたまらんかったです。
こういうのに弱いんだよなー。メガネ女子の素顔とか。
何を暴露してるんだか(汗)

中川くんはちょっと勿体無かったですね。

しんちゃん:2007/10/26(金) 10:34 | URL | [編集]

ユキの綾瀬を憎みきれない気持ちやバスケが好きで好きで仕方がない気持ちなど、揺れる気持ちがていねいに書かれていてとてもよかったです。

花:2008/06/06(金) 20:56 | URL | [編集]

花さん
揺れる心がすごくリアルでしたね。
これはすごい新人が誕生したのかも。
二冊目が図書館に届いてます。楽しみ~。

しんちゃん:2008/06/07(土) 11:17 | URL | [編集]

こんばんわ。
しんちゃんのブログで紹介されていて、ずっと気になっていました。
上手く言えないんですけど、すごく気持ち良かったし、面白かったです。
ラストはグッときたというか、ほっとしたというか(笑)
主人公同様、ずっと綾瀬のことが気にかかっていましたし。
読んでよかった♪ また読みたいです。

ia.:2009/03/21(土) 22:48 | URL | [編集]

ia. さん、こんばんは。
この作家さんいいですよね~!
「でかい月だな」で気になり、「星のひと」で大好きになりました。
某作家さんも要チェックしているそうです^^)

しんちゃん:2009/03/22(日) 19:55 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

でかい月だな 水森 サトリ


でかい月だな 水森 サトリ 集英社バスケ部所属の主人公・ユキ(幸彦)は、月の綺麗な夜友達の綾瀬涼平に、いきなり山の中のガードレールから、突き落とされた。気を失ったユキが目を覚ますとそこは病院。一年間にわたる手術とリハビリの闘病生活を終...

2007/10/02(火) 19:16 | ナカムラのおばちゃんの読んだん

「でかい月だな」水森サトリ


でかい月だな水森 サトリ満月の夜、突然友人に崖から蹴り落とされてしまったユキ君。一命は取り留めたものの足はぐちゃぐちゃ。手術とリハビリで歩けるようにはなったけれど、大好きなバスケットは諦めなくてはいけなかった・・・。加害者の友人は謝罪もないまま姿を消し、

2007/10/02(火) 19:56 | ナナメモ

でかい月だな 〔水森サトリ〕


でかい月だな水森 サトリ 集英社 2007-01-06売り上げランキング : 21928おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫ある満月の夜、友人に突然崖から蹴り落とされた中学生の「ぼく」。一命はとりとめるが、大好きなバスケットボールができない身体になってし...

2007/10/02(火) 20:15 | まったり読書日記

でかい月だな  水森サトリ


読んでいて置き所に戸惑う一冊でした。色々詰まった要素の一つ一つは面白いし、読後の感じも悪くはありません。でもどっちつかずと言いますか、読んでいるとずっと、この話はどっちに行きたいのかなあってのが頭から消えないわけです。うーん。漫画みたいな本なんですよね。

2007/10/05(金) 01:12 | 今更なんですがの本の話

「でかい月だな」 水森サトリ


でかい月だなposted with 簡単リンクくん at 2007. 5.19水森 サトリ著集英社 (2007.1)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

2007/10/05(金) 14:57 | 今日何読んだ?どうだった??

でかい月だな 水森サトリ著。


14歳のユキ、ある日友だちの綾瀬に崖から突き落とされて、被害者になってしまった。バスケが得意で友だちもたくさんいて・・・みんなが綾瀬を加害者と責めるから、ユキは被害者としての怒りや悲しみの行き場がなくなり、綾瀬を庇うしかなくなる。 もしかして殺意を抱かれ

2007/10/08(月) 16:55 | じゃじゃままブックレビュー

「でかい月だな」水森サトリ


でかい月だなそんなに期待しないで何となく手に取ったんですが、すごくよかったです。中学生男子の話なのに、なぜか彼の思ってることが、妙にわかるというか響いてきました。この主人公に「きみの気持ちわかるよ」なんてうっかり言ったら、たぶん嫌われてしまうんですけ....

2007/10/25(木) 20:24 | 本のある生活

でかい月だな/水森サトリ


JUGEMテーマ:読書読書期間:2007/12/2~2007/12/3【小説すばる新人賞(第19回)】満月の夜、友人に突然崖から蹴り落とされ、右足に大怪我を負った「ぼく」。そんな「ぼく」の前に、インチキ錬金術師、邪眼を持つオカルト少女、そして「やつら」があらわれた−。

2007/12/05(水) 00:19 | hibidoku~日々、読書~

「でかい月だな」水森サトリ


でかい月だな発売元: 集英社価格: ¥ 1,470発売日: 2007/01/06売上ランキング: 40647おすすめ度 posted with Socialtunes at 2007/09/04 この本の評判をブログやSNSで聞き及んでいたんだけどメモには至らず、 図書館に行ったときにふと思い出したんだけどタイトル...

2007/12/12(水) 16:55 | 本を読む女。改訂版

本「でかい月だな」


でかい月だな 水森サトリ 集英社 2007年1月 中学生の沢村幸彦(ユキ)は綾瀬涼平と海へ行くが、綾瀬にガードレールから蹴り落とされ、右足に障害が残る。家族は、綾瀬のことを悪く言うが、ユキは綾瀬を友達だと思っているため、親に反発する。大好

2008/06/06(金) 20:52 | <花>の本と映画の感想

水森サトリ  でかい月だな


宇宙的スケールの青春小説。満月の夜、友人に崖から蹴り落とされた「ぼく」。命は助かったが右足に大怪我を負う。そんなぼくの前に2人の変人、科学オタクの中川と邪眼を持つオカルト少女かごめ、そして「やつら」が現れる・・・第19回小説すばる新人賞受賞作。私は中学生...

2008/08/06(水) 11:49 | マロンカフェ ~のんびり読書~

でかい月だな/水森サトリ


でかい月だな/水森 サトリ ¥1,470Amazon.co.jp 【満月の夜、友人に崖から蹴り落とされた「ぼく」。 命は助かったが、右足に大怪我を負う。そんな「ぼく」の前に、二人の変人――科学オタク・中川と邪眼を持つオカルト少女・かごめ、そして「やつら」が現れる…。

2008/11/18(火) 21:20 | 狭間の広場

でかい月だな


著者:水森サトリ 出版社:集英社 感想文: 第19回小説すばる新人賞受賞作。 「でかい月だな」その言葉とともに、友人に崖から蹴り落とされた主人公。一命を取りとめた後、微妙に変わってしまった周囲に戸惑い、理由も告げず友人が消えたことに淋しさを感じる……。...

2009/03/21(土) 22:33 | どくしょ。るーむ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。