--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.03

「川の光」松浦寿輝

川の光川の光
(2007/07)
松浦 寿輝

商品詳細を見る

何か危険は追っていないだろうか。猫は忍び寄ってきていないだろうか。人間の足音は聞こえないだろうか。われわれはとてもちっぽけな、弱い、弱い生き物なんだから。
タータ、弟のチッチ、お父さんのネズミ一家は平和な川辺で暮していた。そこへ何の前触れもなしに、大勢の人間が現れ、川にふたをする工事を始めた。ネズミの一家は安住の地を求めて、川の上流へと旅立った。

その旅はもちろん平穏なものではない。昼間は身をひそめて夜を待ち、人間が寝静まったころを見計らって、住宅街に餌を探しに行き、腹ごしらえしてから川に戻って、旅を続ける。
獰猛なイタチに襲われ、帝国を築きあげたドブネズミが立ちはだかり、タータはお父さんたちとはぐれ、空中からはチッチめがけて鋭い爪が急降下してくる。街に出ると人また車の洪水に駅超えの試練。無邪気で無鉄砲なチッチ、行き当たりばったりなお父さん、怖がりのタータ。彼らに様々な危機が襲い掛かる。

しかし彼らを待ち受けるのは困難ばかりではない。彼ら一家を助けてくれる素敵な出会いがあるのも旅というもの。孤独な図書館ネズミのグレン。グルメ猫のブルーおばちゃん。グレンのかつての仲間ドラム、ガンツ、サラたち。スズメの夫婦にモグラの一家。圭一くん。田中動物病院の先生と奥さん。そしてすごく大きなお友達ゴールデン・レトリバーのタミー。

小さなネズミたちの大冒険にわくわく、そしてピンチにどきどきでした。木を伐採したり、川にふたをしたり、と環境保護をテーマにした本ではありません。小さな命たちが、川の光を求めて、前へ前へ進んでいく。出会った仲間に助けられながらも、一歩ずつ前進していく。そして怖がりだったタータだけでなく、お父さんも共に成長していく。小さな子供のころに出会いたかった、と思える物語でした。

最後に、その後起こった事として紹介されていた、「グレン軍のドブネズミ帝国への侵攻作戦」は、ぜひ読みたい。松浦先生、続編をよろしくお願いします。

少年時代に戻ったような読書が楽しむことが出来ました。お薦め!


余談
タミーの背中に乗って移動すれば…、なんて大人の意見はやだなあ。
実は微かに思ってしまった、夢のない大人がここに一人(汗)

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(9)  コメント(13) 

Next |  Back

comments

しんちゃんの記事に触発されて読みました~♪
ありがとうございます!!
ドキドキ、ハラハラの冒険物語で夢中になって読みました。
楽しかった!!
是非とも続編を書いてほしいですよね~。

エビノート:2007/10/22(月) 21:03 | URL | [編集]

エビノートさん、あまり読まれている本ではありませんが、すごく面白かったですね。
こういう本が、うちらの記事で火が付けばいいのに。
続編でも「グレン軍の侵攻作戦」でもいいから、ぜひ書いて欲しいです。

しんちゃん:2007/10/23(火) 10:22 | URL | [編集]

しんちゃん こんばんは。
あたたかい優しい物語でしたね。
「グレン軍のドブネズミ帝国侵攻作戦」は必ず読みたい
けど、それぞれが主役の物語も読んでみたいかも。
タミーも可愛いけど(あっ…「バーン」の芸させたい♪)
個人的にはブルーおばちゃんがお気に入りです。
私にもピュアな部分が残ってたみたい(笑)

naru:2007/11/19(月) 19:12 | URL | [編集]

naruさん、こんにちは。
とても温かくて優しいお話でしたね。
ネズミくんたちも良かったけど、お節介な動物たちがすごく良かったですね。
タミーもブルーおばちゃんも欲しい(笑)

しんちゃん:2007/11/20(火) 09:31 | URL | [編集]

こんにちは。
ドキドキするネズミ一家の冒険物語で、楽しく読みました。
動物たちの友情も優しさが感じられてよかったです。
ブルーもタミーもかわいかったし、グレンの活躍もぜひ読んでみたい。

mint:2007/11/27(火) 10:59 | URL | [編集]

mintさん、こんにちは。
ドキドキわくわくの冒険でしたね。
サイドストーリーのような外伝が出て欲しいっす。
そしたら絶対に読むのにな! ね。

しんちゃん:2007/11/27(火) 15:47 | URL | [編集]

タミーの背中に・・・・・
まったく同じことを考えた夢のない大人です・・・・・・

花:2007/11/30(金) 20:11 | URL | [編集]

花さん
ふふ、夢がないねえ(笑)
でも考えてしまうよねえ。楽ちんを。

しんちゃん:2007/12/14(金) 09:39 | URL | [編集]

こんばんは。
ドキドキ、ハラハラの冒険物語でした。
読後は、とってもあたたかい気持ちになれました。
続編は「グレン軍のドブネズミ帝国侵攻作戦」を
お願いしたいです。

藍色:2008/01/11(金) 03:12 | URL | [編集]

藍色さん、こんにちは。
わくわくの冒険でしたね。
続編をすっごく期待しております。

しんちゃん:2008/01/11(金) 12:06 | URL | [編集]

しんちゃん、こんばんは。

>タミーの背中に乗って移動すれば
思いつかなかった!!Σ(゚口゚;
もしかして、爺さんネズミはそんな方法を使って、川上に行ったのかもしれませんね。

花梨:2008/02/07(木) 20:05 | URL | [編集]

花梨さん、こんばんは。
おーー、それが正解かも。
自分は純粋とかけ離れた読み方をしたみたい。
そういえば爺さんネズミが先に着いていましたね。
これは年の功だと疑りなく思っていました。

しんちゃん:2008/02/07(木) 23:29 | URL | [編集]

このコメントは管理者の承認待ちです

-:2011/10/05(水) 12:30 | | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

川の光 〔松浦 寿輝〕


川の光松浦 寿輝 中央公論新社 2007-07売り上げランキング : 2508おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫『読売新聞』大人気連載の単行本化。川辺の棲みかを追われたネズミ一家が、新天地を求めて旅に出る。小さな命の躍動を余すことなく描き出した冒...

2007/10/22(月) 00:39 | まったり読書日記

川の光  松浦寿輝


 読売新聞の夕刊に連載されていた小説。 お父さんと息子2匹のねずみたちが、川の工事のために上流へ旅をするという話。作者は『ウォーターシップダウンのウサギたち』のような感じにしたいと、連載当初に話していた。 私は『ウォーターシップダウン~』も読んだことが

2007/10/25(木) 17:39 | 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版)

川の光(中央公論新社)松浦寿輝


「川の光(中央公論新社)松浦寿輝」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 「芥川賞作家の松浦寿輝の大人...

2007/11/04(日) 22:41 | 本の口コミ情報:ブログでbook!

松浦寿輝『川の光』


感じてごらん、小さな鼓動を。空前の反響を呼んだ新聞連載がついに単行本化。

2007/11/19(月) 19:13 | 待ち合わせは本屋さんで

『川の光』


今日読んだ本は、松浦寿輝さんの『川の光』です。

2007/11/27(火) 10:41 | いつか どこかで

本「川の光」


川の光松浦 寿輝  中央公論新社 2007年7月 川に生きるクロネズミの親子は、川の暗渠化工事のために今までの棲家の引越しをすることになった。お父さんとタータとチッチは、上流に旅立つが・・・・・・・・・・ すてきな冒険小説だった。父と子の愛情や子ども

2007/11/30(金) 20:08 | <花>の本と映画の感想

川の光 松浦寿輝


装画・挿画は島津和子。装幀は中島かほる。読売新聞連載。 安住の地を求めて旅に出たクマネズミ一家のお父さん、長男タータ、次男チッチの冒険物語。ゴールデン・レトリーバーのタミー、ロシアンブルーのブルー、スズメ

2008/01/11(金) 03:16 | 粋な提案

川の光-松浦 寿輝


川の光(2007/07)松浦 寿輝商品詳細を見る クマネズミの親子、タータとチッチとお父さんは、川辺で楽しく暮らしていた。 しかし、ある日突然、川...

2008/02/07(木) 19:28 | 趣味は読書(自称)

川の光


川の光/松浦 寿輝 ¥1,785 Amazon.co.jp 「川の光」 松浦寿輝・著 中央公論新社・出版 『小さな命そして寓話としての生命賛歌』  著者の松浦さんのことは、殆ど知らなかったのですが、 経歴を見ると、芥川賞作家だということで、本来純文学の作家さん

2008/12/23(火) 23:37 | 個人的読書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。