--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.06

「ほんじょの虫干し」本上まなみ

ほんじょの虫干。 (新潮文庫)ほんじょの虫干。 (新潮文庫)
(2004/06)
本上 まなみ

商品詳細を見る

ギリシア旅行記や、本のエッセイ、鶯まなみの短歌、といった内容の、おもわずにんまりしてしまうキュートなほんじょが詰まった本です。それにほんじょが書いたイラストがめちゃめちゃ可愛いくて、ほんじょそのままのやわらかい雰囲気が伝わってきます。

ギリシア旅行記では、旅もの特有な展開ではなく、ギリシア人のマユゲの話や、イヌやネコのさそい方を真面目に説いていたり、エステで悲惨な体験をしたりと、ユニークな目線で描かれている。そんなほんじょのギリシア土産に買った「魔よけニンニク」には笑った。興味はあるけど普通は買わないよなあ、というテンポの違いが妙に気持ちが良い。これぞ、らしいというやつ。

本にまつわるエッセイでは、へもへもエッセイだのへなちょこ作文だとご本人はおっしゃっているが、人柄というか人間味がにじみ出ていて、すごく味わい深いものがあった。それに和んでしまう文章と表現力が個性的。

例えば、これが本になると聞いたときには、「ほんじょはうれしいやらはずかしいでくねくねと体でよろこびをあらわした」とあり、ワインを飲んで美味しくないときの表現が「ぺっぺっ」だったり、「仕事仕事でたまにしけしけになるほんじょだけど」など、その表現が独特ですごくかわいらしい。それにほんわかとした関西弁で書かれているのも好印象。一つ一つに癒されました。

彼女の醸し出す雰囲気が温かく、とても爽やかな一冊でした。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。