--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.08

「おじいちゃんのゴーストフレンド」安東みきえ

おじいちゃんのゴーストフレンド (きらきらジュニアライブシリーズ)おじいちゃんのゴーストフレンド (きらきらジュニアライブシリーズ)
(2003/07)
安東 みきえ杉田 比呂美

商品詳細を見る

テッちゃんの家に、おじいさんがくるっていう話は聞いていた。だけどほんとの古びたおじいさんってものがあんなふうだって、ぼくは知らなかった。鳥みたいにやせていて、顔にはうす茶色の水玉がとんでいて、目はミルクをたらしたみたいに白っぽい。そして頭をしじゅうゆらしていた。そんなおじいさんのすごく仲のいい友達が亡くなり、それからおじいさんは、その友達のふうさんがここにいると言い出した。

テッちゃんは薬の副作用でまぼろしが見えているといいながら、そこにいるフリをしておじいさんに付き合っているが、ぼくにはぼんやりと何かが見え出し、やがて、めがねをかけていて、頭がまっしろで、とても優しそうなふうさんが、おじいさんと話している姿が見えた。

おじいさんを大事に思うテッちゃんと、しだいにおじいさんが好きになっていくぼく。すごく二人が愛おしくなりました。健気におじいさんの世話をするテッちゃん。時には元気がありあまってしまうテッちゃん。おじいさんを心配するあまり、ふさいでしまうテッちゃん。ふうさんがいるフリをよそおいながら、本当はふうさんが見えているテッちゃん。そんなテッちゃんを温かな目で見守り、何も気づかないフリをして手助けをするぼく。

すごく良かったです。とても優しい気持ちになれた心温かな一冊でした。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。