--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.19

「君たちに明日はない」垣根涼介

君たちに明日はない (新潮文庫)君たちに明日はない (新潮文庫)
(2007/09/28)
垣根 涼介

商品詳細を見る

村上真介33歳は、企業の人事部からリストラ業務を請け負う会社、日本ヒューマンリアクト(株)の社員で、業種も会社も異なる様々なリストラ対象者を面接し、自己都合退社を受け入れさせるのが真介の仕事。ある建材メーカーでクビキリ面接を行う真介の前に、リストラ対象者として現れたのは、離婚暦のある41歳の芦沢陽子。彼女を人目で気に入った真介は強引なプッシュをかけ、陽子も真介の見た目とのギャップに新鮮さを感じ、ついには付き合うことに。真介と陽子の日常を描きながらも、様々なリストラ対象者を面接し、彼らの人間ドラマも堪能できる、お仕事小説の一面も持った山本周五郎賞受賞作です。

すごく面白かったです。真介の目線、陽子の目線、リストラ対象者の目線と、あらゆる角度から人というものを読ませるので、容易に作品世界に入ることが出来ました。理屈の通らない駄々っ子のようなエンジニア。実績があってミスがないのに窓際に追いやられた銀行員の同級生。名古屋への郷土愛が強い自動車メーカー直属のコンパニオン。考えが間逆な対立した二人の音楽プロデューサー。彼らの人間ドラマを読ませながらも、人にとって仕事とは何かを考えさせる。

それぞれのストーリーも面白かったですが、一番良かったのは同級生のストーリー。銀行の合併で、吸収された銀行側にいたために閑職に追いやられた池田昌男。彼はやりたい仕事が出来ずに腐りながらも、銀行を飛び出す勇気もなく一年を過ごした。そこへ現れたのがリストラ請負人の真介。そこで真介は二人の立場の違いために、距離を持って接する。そこへ現れるのが二人の同級生である山下。彼の粋な計らいや、時間外だと言って立場を超える真介にグっとくるものがありました。こういう大人の関係って、すごく憧れるものがある。手を差し伸べるのだが、決めるのは昌男という辺りも良かった。それに山下が言った言葉に痺れました。「収入は仕事に対する当然な報酬だ。だが、やりがいじゃない」 ううーー、かっこ良すぎです。

そんな彼らの人生と平行して、真介と陽子の関係も進展していく。ただ、垣根さんの描く大人の男女は濃厚すぎる。うひゃ~です。そしてこれはネタバレになるけど、続編があるので良いと判断して書くが、本書のラストで、陽子は健在メーカーを纏める建材協会の事務局長後任の誘いを受ける。だから、続編でもこの二人にまた会えるんだなあ、という楽しみを持ちながら読みました。

あともう一人忘れてはならないのが、真介のアシスタントをしている美代子。天然、呑気、無関心、と三拍子が揃った白痴美人で、普段は薄ぼんやりしているのに、色恋の兆候になると獣のように敏感に察知する。垣根さんが描く人物って、濃いのが普通なのだが、こういう薄いんだけど存在感がある今風な人物は新鮮でした。

続編の「借金取りの王子」は、すでに手元にあります。読後の余韻が残っている近いうちに読もうと思ってます。こちらも楽しみです。ハードボイルドじゃない垣根さんも面白かったです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

垣根涼介
トラックバック(13)  コメント(20) 

Next |  Back

comments

真介と陽子の関係、濃かったですねぇ~
うひゃ~でした!
続編、手元にあるんですね。
いいなぁ。私は図書館予約中です。
アシスタントの美代子が好きだったので
続編でもアシスタントとしていてくれたらうれしいな。

なな:2007/10/19(金) 20:53 | URL | [編集]

こんばんは。
私は、この作品しか垣根さんの本は読んだことがないのですが、しんちゃんの感想を読んでたら他の本にも興味がでできました。
いつか読もうと思ってはいたのですが(苦笑)
新刊が一区切りついたら、垣根さんの大道的な作品でも読んでみようかな(笑)

ゆう:2007/10/19(金) 21:17 | URL | [編集]

垣根さんのハードボイルド以外の作品なんて想像できない!
と避けていたんですが、意外と面白そうですね。
文庫だし、今度買ってみよう~♪

ia.:2007/10/19(金) 22:40 | URL | [編集]

しんちゃん おはようございます♪
この記事読んでいて、前作が甦ってきました。
確かに前作エロかったかも(笑)
続編はそんなことなかったです。
面白かったですよ。

naru:2007/10/20(土) 07:21 | URL | [編集]

ななさん、うひゃ~でしたね。
続編は安く仕入れました。
内容を忘れないうちに読まなくちゃ。

しんちゃん:2007/10/20(土) 09:01 | URL | [編集]

ゆうさん、アキのシリーズは読んでます。
少し尻つぼみの感はありますが、かっこいいですよ。
「ワイルド・ソウル」も気持ちが良かったです。
機会があればぜひ。

しんちゃん:2007/10/20(土) 09:04 | URL | [編集]

ia.さん、ハードボイルドじゃなくても面白かったです。
さすが垣根さんらしく、人間がしっかり描かれてますから。
ia.さんもぜひぜひ。

しんちゃん:2007/10/20(土) 09:06 | URL | [編集]

naruさん、こんにちは。
早っ!もう新刊を読んだんだ。
買ったものの、図書館本に追われて読めずです。
そっかー。エロはないのか。チェッ。←ジョークです。

しんちゃん:2007/10/20(土) 09:09 | URL | [編集]

 垣根さんにしては何だかさわやかな話でしたね。

 ところで出たばかりの続編を安く仕入れたというのは、何か秘密のルートでもあるのでしょうか。(^^;

 こちらは現在図書館予約中。今月中に回ってくるかどうかってところです。

higeru:2007/10/20(土) 17:55 | URL | [編集]

こんばんはー
続編も面白いよー。期待して読んで。個人的にはこの作品より好きかも。

リベ:2007/10/20(土) 18:10 | URL | [編集]

higeruさん、秘密のルートなんてないっすよ。
古本店で見つけたら、やたら安かったのです。
値札の貼り間違いでした。

しんちゃん:2007/10/21(日) 16:11 | URL | [編集]

りべさん、こんばんは。
相変わらずりべさんは読むのが早いっ。
はーい。期待して読むことにします。

しんちゃん:2007/10/21(日) 16:13 | URL | [編集]

続編楽しみです!
かなり時間が空いたので、てっきり続編が出ないものと思ってたんですけど、この二人、そして昔の女性のことももう少し話出てくるんでしょうかね。
ハードも書けて、ちょい軽も書けて、そういう作家さんは好きです。
でも二人の濃厚な・・・ところすっかり忘れてます。(笑)

じゃじゃまま:2007/10/22(月) 23:20 | URL | [編集]

ままさん、続編を読み始めました。
まだ少しだけど、陽子さん、荒れてます。
「ヒートアイランド」の映画も気になってます。
観たいなあ。

しんちゃん:2007/10/23(火) 10:27 | URL | [編集]

読みました~。面白かったです!
垣根さんのキャラは、みんなカッコイイですね。
ストーリーもだけど、キャラがしっかりしているので、
入り込んじゃいますね。

ia.:2007/11/22(木) 01:48 | URL | [編集]

ia.さん
すごく人物がしっかりしていて深いですよね。
続編はさらにパワーアップしてましたよ。
猛烈にお薦めしちゃいます。

しんちゃん:2007/11/22(木) 10:01 | URL | [編集]

垣根さんの描く男女って濃厚ですよね。
私もうひゃーと、どぎまぎしてしまいました。
でもこのお話自体はとっても好きです。
続編は安心して読めそうでほっとしました♪

june:2007/12/23(日) 17:46 | URL | [編集]

juneさん
うひゃーとなりますよね。
垣根さんのシュミなのかしら。

続編のお話はもっとパワーアップしてましたよ。
ぜひぜひ。

しんちゃん:2007/12/23(日) 19:28 | URL | [編集]

こんばんわ☆

初の垣根さん作品でしたが、はまりそうです。面白かった~♪
美代ちゃんかわいいですねv

皆さんがちょっとテイストの違う作品…と書いてらっしゃるので、垣根さんってこれまでどんな作品かいてたんだろ?って思ってたら…ハードボイルドだったんですね~!
そっかー。
ハードボイルドも大好きなので、他の作品も早いとこ買ってこようと思います!

マメリ:2008/01/19(土) 01:02 | URL | [編集]

マメリさん、こんにちは。
美代ちゃんかわいいよね~♪

ほんとにハードなハードボイルドです。
機会があればぜひ!男くさくてカッコいいですよ。

しんちゃん:2008/01/19(土) 13:04 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「君たちに明日はない」垣根涼介


君たちに明日はない垣根 涼介会社のリストラを請け負う会社。そんな会社が実際にあるのでしょうか?そこの首切り面接官の33歳になる村木真介も28歳の時にその会社の社長に首を切られたうちの一人。面接する人達の気持ち、真介の過去、恋愛。大きな会社に勤めた事がない

2007/10/19(金) 20:51 | ナナメモ

君たちに明日はない 垣根涼介


リストラを専門に請け負う会社で、クビ切りの面接官に就いている真介。様々な問題を抱えながらも、熱心に仕事をこなしていく様にはとても爽快感を感じる。同時に、この不況続きのご時世と重ねあわせれば、苦笑いしたくなるような感情も並行する。テンポよく読めた作...

2007/10/19(金) 21:15 | かみさまの贈りもの~読書日記~

【垣根涼介】君たちに明日はない


 こんなのも書くのか!?垣根涼介。これまで読んだ垣根作品とはまったく違うテイスト。でもそんなの関係ね~、面白い。荻原浩『明日の記憶』とともに第18回(2005年)山本周五郎賞を受賞した連作短編集。新潮文庫 2007/10/1 発行 主人公・村上真介は33才のサラリー...

2007/10/20(土) 17:51 | higeruの大活字読書録

『君たちに明日はない』 垣根 涼介 新潮社


君たちに明日はない5編からなる短編連作。主人公真介はリストラ請負会社に勤めるサラリーマン。リストラ対象者を企業側に変わって面接を行う…という、実にシビアな仕事で、面接官となる主人公の力量も試される。真介は仕事に関してはクールながらも相手の立場も調べ尽くし

2007/10/21(日) 22:40 | みかんのReading Diary♪

君たちに明日はない 垣根涼介著。


軽い短編かと思ったら、軽いは軽いだけど、ちょっと真介いい男すぎませんかね。 さすが男性作家というか、女性も格好よすぎ。41歳で、なかなかそういい女はいないと思うんだけど、なんか陽子を見ていると、ああ、男性が書くキャリアウーマン像だな~と。 結局真介も陽子も

2007/10/22(月) 23:16 | じゃじゃままブックレビュー

君たちに明日はない


紹介文: 垣根さんの\"サラリーマンもの\"ってどうなんだろう?と思っていましたが、とても評判が良いようなので読んでみました。 リストラを請け負う会社の「クビ切り面接官」の話。 リストラ対象となるのはメーカー社員、銀行員、派遣コンパニオン、果ては音楽プロデ...

2007/11/22(木) 01:41 | どくしょ。るーむ。

君たちに明日はない-垣根涼介


君たちに明日はない(2005/04/01)垣根 涼介商品詳細を見る 村上真介の仕事は、いわゆる首切りだ。 あらゆる企業のリストラ業務をアウトソーシングされてる会社で、面接官をしている。 ...

2007/12/16(日) 19:05 | 趣味は読書(自称)

「君たちに明日はない」垣根涼介


君たちに明日はない 「ワイルド・ソウル」がすごくよかったんで、これもずっと気になっていたんですが、テーマがリストラなんで、読んだら落ち込みそうな気がして手を出さずにいたんです。でも続編の評判がいいのを聞いて、やっぱり読んでみることにしたのです。で、読...

2007/12/23(日) 17:47 | 本のある生活

『君たちに明日はない』 垣根 涼介


リストラを専門に請け負う会社に勤めている真介の仕事は、クビ切りの面接官。昨日はメーカー、今日は銀行、女の子に泣かれ、中年男には殴られる。はっきり言ってエグイ仕事だ。それでもやりがいはあるし、心も身体も相性バッチリの恋人もいる。そして明日は…?笑って唸っ

2008/01/19(土) 00:25 | お菓子を片手に、日向で読書♪

「君たちに明日はない」垣根涼介


【リストラ面接官の仕事と恋の物語】 垣根涼介氏の著書。「君たちに明日はない」 (ちなみに所持本は垣根氏のサイン入りである) 主人公はリストラ面接官である村上真介。 年齢33歳の働き盛り。 彼は、リストラ請負専門会社の一社員で、仕事と言えば一言、首切り...

2008/03/13(木) 17:55 | 雑板屋

【君たちに明日はない】 垣根涼介 著


リストラ請負人…村上真介登場[:!!:] 「私はもう用済みってことですか!?」リストラ請負会社に勤める村上真介の仕事はクビ切り面接官。どんなに恨まれ、なじられ、泣かれても、なぜかこの仕事にはやりがいを感じている。建材メーカーの課長代理、陽子の面接を担当した...

2008/04/10(木) 14:54 | じゅずじの旦那

本「君たちに明日はない」


君たちに明日はない 垣根涼介 新潮社 2,005年4月 リストラを専門に請け負う会社、日本ヒューマンアクト?の社員である真介は、クビ切りを言い渡す仕事をしている。きょうも、美代子をアシスタントにし、リストラ候補社員の面接を行う・・・・・・ ...

2008/06/16(月) 19:57 | <花>の本と映画の感想

君たちに明日はない/垣根涼介


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/6/16~2008/6/18 [文庫裏表紙より] 「私はもう用済みってことですか!?」リストラ請負会社に勤める村上真介の仕事はクビ切り面接官。どんなに恨まれ、なじられ、泣かれても、なぜかこの仕事にはやりがいを感じている。建材メ

2008/06/22(日) 10:22 | hibidoku~日々、読書~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。