--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

11.15

「ルビアンの秘密」鯨統一郎

ルビアンの秘密 (ミステリーYA!)ルビアンの秘密 (ミステリーYA!)
(2007/06)
鯨 統一郎

商品詳細を見る

八年前に、当時小学三年生だったレイと母親を残して、植物学者である父親が家を出た。そして今、レイは高校二年生になり、母親の教育に対する過度な期待に押しつぶされそうだった。そんなレイは、今日こそケリをつける、と別居を続けているのに、まだ籍を抜かない両親に痺れを切らして、勝手に離婚届けを持って八年ぶりに父親に会いに来た。すると部屋の中には胸に刃物をつきたてられて倒れた父親の姿が。父はレイの目をハッキリ見つめて、「ルビアン」と一言漏らして息を引き取った。

いつも奇抜なことをする鯨さんだが、一応まともなミステリになっている。主人公が追うルビアンという謎の言葉。父の葬儀に顔を出した謎の女性。銀行員を騙って現れた謎の男。貸金庫から出てきた十万円相当の株の明細書。父が買っていた北海道の原野。新宿中央公園から少しずつ姿を消すホームレス。幼い頃に父と何かを約束していた記憶。

これらの謎を少女が追うのだが、やっぱり鯨さんだから普通とはちょっと違う。悪役チームが早い段階で登場し、名前も行動も露わにして、主人公たちと同時進行で悪事を起こす。そして少女が身近に迫ってきたと知ると、「目障りだ、消せ」なんてアニメちっくなセリフを吐く。自分が児童書をよく読んでいるので思うのだが、鯨さんはこっちの方面の作品に向いているのかも知れない。

主人公の少女はたった三人だけの部活、野草研究会に所属している。可愛らしい顔をしていつも明るい今針山彩。背が高くてイケメンだが、冗談好きな高任慶一。顧問の猪鼻先生。彼らと一緒に公園へ行き、さまざまな野草を目当てにフィールドワークをして、あれこれと語り合う。これらは何も関係ないような場面だが、実は…、というところが何となくわかってしまうが面白かったです。

他にも、先入観に囚われた大田黒と冷静な岩間の刑事コンビや、父の勤め先の同僚である優しい陳正行と怪しい西潟沙都美、途中で知り合うことになるジャナリストの永田や、元ホームレスで社会復帰した大仏、といったキャラたちが少女の助けになり、怪しい行動をして疑心を生む。

事件自体はそんなに難しいものではなく、ルビアンの意味もわりと早い段階で想像出来る。ただ、悪役チームのスパイが少女の身近にいて、その正体が明らかになるまでは、結構鯨さんのいいように振り回された。ラストも爽やかで悪くないんじゃないでしょうか。たまにはこういうまともなミステリも読みたくなった一冊でした。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

鯨統一郎
トラックバック(3)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

それまで読んでいた鯨さんの印象がかなり変わりましたね。
ミステリーYA!シリーズでは
かなり面白い作品でした。

す~さん:2007/11/17(土) 12:25 | URL | [編集]

す~さん
めっちゃ真面目な作品でしたね。
こんなのも悪くないと思いましたが、ちょっとビックリ。

しんちゃん:2007/11/18(日) 08:57 | URL | [編集]

ふむふむ。これも面白そう。
チェックしとこう(^^)
表紙が可愛らしいね♪

まる:2007/11/19(月) 21:16 | URL | [編集]

まるさん。
YAなので気軽に読める本でした。
加納さんの「ぐるぐる」が近いかも。

しんちゃん:2007/11/20(火) 09:49 | URL | [編集]

鯨さんの作品には、ヘンな登場人物が付き物だと思ってたので、ちょっと物足りないところもあったけど楽しく読めました♪
さわやかなラストでしたね~♪

エビノート:2007/11/24(土) 20:27 | URL | [編集]

エビノートさん
あっちが本流で、マトモなこの作品が支流って、ヘンな作家さんですね。
だけど、子供たちが純で、YAらしく爽やかでした。

しんちゃん:2007/11/25(日) 09:28 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「ルビアンの秘密」鯨統一郎


ルビアンの秘密鯨 統一郎別居中の植物学者の父に離婚届を書いてもらおうと会いに行ったレイ。部屋に入ってみたら父親は包丁で刺され「ルビアン」と言う言葉を残して死んでしまった…本屋さんで見たら表紙がかわいかったので借りてみました。理論社の「ミステリーYA!」シリー

2007/11/15(木) 22:28 | ナナメモ

ルビアンの秘密   ~鯨 統一郎~


ミステリーYAシリーズようやくミステリーらしくなってきた!?今作は鯨統一郎作。今まで読んだ7作の中でダントツで面白かった。植物学者の父を殺されたレイはその犯人を探し出そうとする。そして父と関係

2007/11/17(土) 12:22 | My Favorite Books

ルビアンの秘密 〔鯨 統一郎〕


ルビアンの秘密 (ミステリーYA!)鯨 統一郎 理論社 2007-06売り上げランキング : 281655おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫植物学者の父が殺された。「ルビアン」という謎のメッセージを残して。両親が離婚してからというもの17歳の北元レイにと...

2007/11/24(土) 20:19 | まったり読書日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。