--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

11.22

「ホテルジューシー」坂木司

ホテルジューシーホテルジューシー
(2007/09)
坂木 司

商品詳細を見る

大学の卒業旅行に備えてまとまったお金を手に入れたい柿生浩美ことヒロちゃんは、友人のサキちゃんと、大学の図書館でアルバイト情報紙とにらめっこしながら、この夏休みのバイトを探す。そこでヒロちゃんの目に飛び込んできたのが、石垣島のプチホテルで一夏働いてみませんか、の文字。結論から言うと、宿の仕事はヒロちゃんに向いていた。しかし、幸せは長く続かなかった。オーナーが世話になった那覇のホテルが人員不足で、ヒロちゃんが応援に行くことになってしまう。そしてたどり着いたのは、コンクリート打ちっ放しの古い雑居ビル。一階にはくたびれた喫茶店兼バーと何かの事務所、それにチラシのベタベタ貼られた旅行社が並んでいる。その何かの事務所に見えた所が、ヒロちゃんの働くことになった、ホテルジューシーだった。

ホテルで働く人たちは、調理を担当している比嘉さんに、掃除係のクメばあとセンばあの双子のおばあさん。そしてヘビメタのような長髪で、昼はまったく頼りにならないが、夜になるとマトモになるオーナー代理。実質的にホテルを切り盛りしていたバイトの松谷さんは、ヒロちゃんの石垣島のリゾート話を聞いて旅に出てしまった。そんな中、大家族の長女でしっかり者ゆえに働き者であるヒロちゃんは、風変わりな宿泊客たちに出会い、お節介を焼いていく。

かつて子供を連れて旅をして、各地でお花見をしたという山本さん。言葉遣いやマナーがなっていない、今風ギャルのユリとアヤ。骨董やアンティークを扱っているという、わけありの田中さん。旅慣れた風を装いたい、自意識過剰の矢田さん。口当りのいい雑誌の文句のような考えで沖縄で屋台をするが、食いつぶしてしまったヤスエさん。当たり前の夫婦の形じゃないが、お互いに愛しあっている久保田さんご夫婦。彼ら宿泊客と接しながら、ヒロちゃんは世間の理を知り、成長していく。

作品のゆっくりした時間の流れは良かった。オーナー代理といい、双子のおばあちゃんといい、信じられないほどいいかげんで、おおらかで、時間がスローな沖縄タイムを過ごしている。それに比嘉さんの美味しそうな沖縄料理や、オーナー代理の昼夜のギャップは面白い。ただ、ヒロちゃんがよくプリプリと怒ってばかりなのが、読んでいて疲れるんだ。人のグチを聞かされるのって、迷惑でしんどいんだよな。これが本書のマイナスポイントかも。

あと、やっぱり比べてしまうのが、ヒロちゃんとサキちゃん。男目線になるが、ここはサキちゃんに軍配かな。もりもり頑張るヒロちゃんも悪くないけど、頼り気ないサキちゃんタイプに男は弱いんだよ。(騙されるな!と声が聞こえそう) それに文句タレはやっぱ嫌。

なんだかんだとヒロちゃん同様に文句をいったが、面白く読めました。だけど個人的な好みは、やっぱり姉妹篇の「シンデレラ・ティース」でした。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

坂木司
トラックバック(11)  コメント(14) 

Next |  Back

comments

しんちゃん こんばんは。
そ~なんですよ。愚痴って読んでて、気分のいい
もんじゃないしね。
「シンデレラ・ティース」は、甘くて、ハートマークが
本から飛び出してきそうだったけど、面白かったよね。
次回作に期待します。

naru:2007/11/22(木) 19:07 | URL | [編集]

沖縄、いろんな意味でいいなぁ~、と
再確認しました。
あ、そんな本ではないんだけど・・・。
ヒロちゃんの性格が・・・
『シンデレラティース』ではもっとしっかり者で
こんな愚痴言ったりしない子だと思っていたので
ちょっとショックでしたね。
読み比べるとサキちゃんのほうがいいかも・・・。

す~さん:2007/11/22(木) 22:56 | URL | [編集]

naruさん
ちょっとグチが多かったですね。
比べちゃいけないんだけど、あの甘さが懐かしいです。
次の新刊に期待しましょう。

しんちゃん:2007/11/23(金) 09:42 | URL | [編集]

す~さん
沖縄の裏路地の雰囲気は良かったです。
ただ、前作ではこんなブータレだとは想像できませんでした。
電話では明らかにならない本当の顔に幻滅です。
サキちゃんラブですよね。

しんちゃん:2007/11/23(金) 09:46 | URL | [編集]

こんばんは。
物語を進めるためとはいえ、怒ってばかりなのは
読んでて苦かったです。
オーナー代理、もっと早く言ってよ!でした。

藍色:2007/11/24(土) 01:51 | URL | [編集]

藍色さん、怒ってましたね。
沖縄のゆっくりに対して、都会っ子を演出したかったのでしょうか。
もう少し、女の子らしい可愛さが欲しかったですね。

しんちゃん:2007/11/24(土) 08:15 | URL | [編集]

こんにちは。
沖縄の雰囲気が出ているところはすごく良かったのに、ヒロちゃんがちょっとオバサンっぽい感じでした。
確かにグチが出てくるのは読んでいてあまり気持ちのいいものではないし、「シンデレラ・ティース」のほうが読後感は良かったですね。


mint:2007/11/24(土) 11:34 | URL | [編集]

mintさん、こんばんは。
沖縄タイムは良かったのですが、人物に魅力を感じませんでした。
残念無念です。次に期待しまーす。

しんちゃん:2007/11/24(土) 18:29 | URL | [編集]

ヒロちゃん不人気ですねぇ。
確かにサキちゃんのほうがわたしもかわいいと思う……
でもでも、長女でしかも弟妹が多いとどーしてもこういうキャラになっちゃうってのもわかるんです。
ヒロちゃん、あんた運が悪かったねと。
そんなこと言いつつヒロちゃんが結構もててたって話にそんなキャラでもてるかいっ!とつっこんでたり。結局わたしは何が言いたいのやら。

まみみ:2007/11/26(月) 21:40 | URL | [編集]

まみみさん
自分も含めて不人気ですね。^^;
確かに下に弟妹が多いと世話焼きになりますが、ヒロちゃんは過剰すぎかな。
ヒロちゃんタイプの方が女性受けすると思いますが、可愛げが感じられなかったです。

しんちゃん:2007/11/27(火) 09:11 | URL | [編集]

ヒロちゃんのお節介は、家族に対してならアリなんだろうけれど、宿のお客さんに対してというのは・・・トラブルの元なんじゃ~と、ハラハラしっぱなしでした。
うまい具合にいって良かったですけどね。

-:2007/12/16(日) 19:32 | URL | [編集]

エビノートさん
お節介がすぎると、有難迷惑ですよね。
読んでて少し疲れてしまいました。
もう少し爽快感が欲しかったです。

しんちゃん:2007/12/16(日) 23:17 | URL | [編集]

サキちゃんはシンデレラティースだといい子なんですね。これ読んだだけだど、恋多き乙女のような感じだったんですが。よし今度読んでみます。

たまねぎ:2008/02/08(金) 21:27 | URL | [編集]

たまねぎさん
きっと、シンデレラティースを読めば好きになる。
個人の好き嫌いがあるけど、これがめっちゃ可愛いのよ。
ぜひぜひって感じです。

しんちゃん:2008/02/08(金) 23:11 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

坂木司『ホテルジューシー』


ホテルジューシーへようこそ♪

2007/11/22(木) 19:06 | 待ち合わせは本屋さんで

ホテルジューシー   ~坂木 司~


『シンデレラティース』の姉妹作品といっていいですよね。 冒頭の部分は『シンデレラティース』重なっており、 サキメインが、『シンデレラティース』へ、浩美メインが『ホテルジューシー』へと 繋がっていきます。

2007/11/22(木) 22:54 | My Favorite Books

ホテルジューシー 坂木司


装幀はtheGARDEN石川絢士。「野性時代」掲載+書き下ろし。連作短編集。 語り手の柿生浩美は大学の夏休み、石垣島の民宿でアルバイト。オーナーから頼まれ那覇のボロ宿、ホテルジューシーへ。先輩の松谷さんはさらりと去って残る

2007/11/24(土) 01:51 | 粋な提案

『ホテルジューシー』


今日読んだ本は、坂木司さんの『ホテルジューシー』です。

2007/11/24(土) 11:29 | いつか どこかで

ホテルジューシー 坂木 司


ホテルジューシー坂木 司 (2007/09)角川書店この商品の詳細を見る<「正しい」と思っていても、「余計なお世話」になる、ホテルの世界>坂木さんの本年、二作品目を読みました。上手く形容できないんですけど、働く人

2007/11/24(土) 21:48 | それでも本を読む

「ホテルジューシー」 坂木司


ホテルジューシー坂木 司 角川書店 2007-09売り上げランキング : 59307Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明バイト先のホテルジューシーで、昼夜二重人格の“オーナー代理”やあやしげな同僚、ワケありのお客さんに翻弄される日々を送るヒロちゃん。怒りつつもけなげに奮

2007/11/26(月) 21:36 | 今日何読んだ?どうだった??

ホテルジューシー 〔坂木 司〕


ホテルジューシー坂木 司 角川書店 2007-09売り上げランキング : 12807おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 南風がはこぶ、とびきりのビルドゥングスミステリ!! 所は沖縄、立地は路地裏、掃除アバウト冷暖房一応完備、朝食激うま、オプションはがん...

2007/12/16(日) 19:04 | まったり読書日記

『ホテルジューシー』坂木司


ホテルジューシー 坂木 司 JUGEMテーマ:読書 2007/9/30発行 角川書店 P.355 ¥1,470 ★★★★★ 「正しい」ことはいいことだ。そう教えられてきた。だから正しさを守りたいし、他の人にも守ってもらいたいと思う。でも、それをしようとすると...

2007/12/16(日) 23:10 | ほんだらけ

ホテルジューシー  坂木司


続けて坂木さんをもう一冊。実は先の『ワーキング・ホリデー』とこの『ホテルジューシー』には『ホリデーとホテルと僕』っていう小冊子がおまけで付いていて、続きの物語になっているんですね。出版社の枠を越えたそのナイスなおまけと、それを本に貼付けてくれる図書館の...

2008/02/08(金) 20:03 | 今更なんですがの本の話

ホテルジューシー 坂木司


ホテルジューシー ■やぎっちょ書評 読み終えましたホテル・ジューシー。シンデレラ・ティースとの姉妹本ということで興味津々でした。 普通に考えたら、全然別の本として別の物語を書けばいいんだけど、友達同士の夏休みの過ごし方という設定をしてくれたおかげで、ど...

2008/02/11(月) 16:41 | \"やぎっちょ\"のベストブックde幸せ読書!!

坂木 司著/3作品


坂木 司著/3作品 どなたかのブログの読書感想でこの著者のことを知り読んでみました。とても読みやすく、無駄のない文章と物語の流れが好きになり、とっかかりは「ワーキング・ホリデー」でしたが、続けて3冊読破となりました。こういう小説は、不快な通勤電車での中で...

2011/04/08(金) 12:18 | 京の昼寝~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。