--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

11.23

「いつか、僕らの途中で」柴崎友香 田雜芳一

いつか、僕らの途中でいつか、僕らの途中で
(2006/02)
柴崎 友香田雜 芳一

商品詳細を見る

山梨の高校で教員をしている男性と、京都の大学で修士二年目の女性が、遠く離れた地で手紙のやり取りをする。四季によって変わるさまざまな風景と共に、遠距離恋愛の遭いたいという感情を抑えつつ、好きな相手を大事に思いながら近況を綴る。

男性の文を田雜氏が担当し、女性の文はもちろん柴崎さん。それに文だけでなく田雜氏のイラストが全ページに渡って描かれており、視覚としてもイメージを膨らませていく。

手紙形式の短い文章で薄い本だが、優しい気持ちにさせてくれ、愛おしさと切なさがすごく心に浸み込んでくる、とても贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

ここから独り言。

遠距離恋愛をしたことがないのでよく分からないのだが、こんな風に抑えた手紙のやり取りが出来るのだろうか。もっと遭いたいという泣き言のような思いや、ちょっとエッチっぽい文言を入れたりという風なのを想像するんだけど。

だけど、手紙のやり取りっていいと思う。もちろん電話で連絡もしているだろうし、今ならメールのやり取りが当たり前なんだけど、でもこういう古風な繋がりって、なんか素敵やなーと憧れる。手紙を書きながら相手を想い、書き直しては相手を想い、ポストに投函するときに相手を想い、そろそろ手紙が着く頃と相手を想う。

想像するだけでヨダレが出そう。

別に遠距離恋愛がしたいとは思わないけど、こんなロマンチックは好きだーーー!

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

柴崎友香
トラックバック(2)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

おはようございます。しんちゃん。
TBとコメントありがとうございました。
本当にロマンチックな作品でしたよね。
この緩い流れが、まさに恋っ感じで。
とても憧れますが、自分には出来ない恋愛の形のようです(笑)

ゆう:2007/11/26(月) 10:31 | URL | [編集]

ゆうさん

キュンとくる古き良き恋でしたね。
こいうのいいな~、と憧れますが、ムリっす。
柴崎さんは元々好きでしたが、田雜さんも良かったです。

しんちゃん:2007/11/26(月) 16:16 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

いつか、僕らの途中で 柴崎友香・田雜 芳一


京都と山梨に離れ暮らす恋人たちの「往復書簡」ストーリー。デッサン画タッチのイラストを背景に、手紙のやりとりで構成された恋人たちの一年が描かれ、平行して、それぞれの日常も組み込まれていて、とても立体感のある作品に仕上がっていた。なんでもない近況報告な...

2007/11/26(月) 10:29 | かみさまの贈りもの~読書日記~

いつか、僕らの途中で


いつか、僕らの途中で柴崎 友香、田雜 芳一 他 (2006/02)ポプラ社この商品の詳細を見る山梨で先生をしている彼と京都で大学院に通う彼女の手紙のやりとり。手紙だけなのに、彼と彼女は同じ大学に行ってたのかなとか恋人と

2007/12/06(木) 20:15 | 本読み日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。