--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

11.29

「タルト・タタンの夢」近藤史恵

タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)
(2007/10)
近藤 史恵

商品詳細を見る

ビストロ・パ・マルは、カウンターが七席、テーブルが五つという、予約でほぼ埋まってしまう小さなレストラン。フランスの家庭料理っぽいメニューが人気で、料金もリーズナブル。従業員は、客とのやり取りを一手に引き受ける料理人の志村洋二、俳句が趣味というソムリエの金子ゆき、ぼくことギャルソンの高築智行、そして店長兼料理長の三船忍のたった四人。顔が怖くて無口な三船シェフの料理は絶品で、なおかつシェフは名探偵だった。

常連の西田さんは、なぜ体調を崩したのか。偏食家の愛人は、なぜ奥さんに勝てないのか。ケーキの中に入れた空豆が、なぜなくなってしまったのか。フランス旅行から帰った妻が、何も語らずに実家に帰ったのなぜか。合宿所で野球部員が酒を飲んで暴れたが、どこから酒を持ち込んだのか。恋人と別れる原因になった鵞鳥料理だが、彼が特別な鵞鳥だと言っていたのはなぜか。二十三個入り、二十九個、三十一個、と不規則な数の詰め合わせセットを売るチョコレート専門店。

さらっと読むと日常の謎系の作品のようだが、読者が謎に挑むような作品ではなく、謎を味付けに使った、ちょっとした人間ドラマを読ませる系統の作品だと思う。それらと共に、家庭的なレストランの温かな雰囲気と、美味しそうな料理にヨダレを飲む、という楽しみ方をするのが一番良いだろう。しかし飛びぬけて面白いという作品はなく、ありていに言えばどれもが小粒。せいぜい少しニヤリぐらいなのだ。

個人的に思うことだが、フランス料理のメニューや用語などは、フランス料理に縁がない人なので、いまいちピンとこなかった。それに、料理を題材にしたこの手の作品も、最近増えたので目新しいものがなかった。この点では、二番煎じ、三番煎じはつらいのだ。だけどこういう温かな雰囲気でのほほんとした作品は好きだ。だからこの作品が今後シリーズ化して、料理が美味しそうな作品=三船シェフと定着して欲しい、と思うのは自分だけではないはず。よって今後の動向しだいで作品の評価は上がるかも。ただ先にも書いたが本書だけでは小粒なのだ。だから好きな作品だけど絶賛出来ず。ちょっと惜しい。


TBさせて貰いました。「今日何読んだ?どうだった??」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

近藤史恵
トラックバック(9)  コメント(14) 

Next |  Back

comments

自分もミステリや話そのものはそれほど目新しさは感じませんでした。
そのかわり、話に出てくる料理の数々に釘付けだったわけです(単なる食いしん坊じゃないかとツッコミがありそう)。
今後のシリーズ化により、まだ明かされていない三船と志村の関係など(人物)背景がどう描かれるのか、また次はどんな料理が出てくるのかが楽しみです(やはり食い物にしか目がないんだなとツッコミがありそう)

リベ:2007/11/30(金) 11:59 | URL | [編集]

りべさん
ありふれた作品だけど、続編の展開でどうにでもなりそうですね。
料理は美味しそうだけど、フランス料理に縁がないので、貧弱な脳では想像に限界がある。
絵が浮かんだら、もっと惹かれたかも。

しんちゃん:2007/12/13(木) 21:18 | URL | [編集]

料理は頭の中で想像するだけだったけど、
きっと美味しいんだろうなぁ~
食べてみたいなぁ~と思いながら読んでました。
この作品、シリーズ化してくれると良いですね♪
次は料理のイラストとか付いてたら良いかもですね。

エビノート:2007/12/29(土) 21:38 | URL | [編集]

エビノートさん
イラストのアイデアはいいですね。
巻末にレシピなんてのも面白いと思います。
続編があるとなおいいです。

しんちゃん:2007/12/29(土) 23:02 | URL | [編集]

こんばんわ。
私も、何の料理かわからないものの、おいしそう!と思いながら読んでいました。
内容より料理のほうがインパクトが強いくらい(笑)
楽しげな雰囲気で、シリーズ化してほしいですね。

ia.:2008/01/26(土) 02:11 | URL | [編集]

ia.さん、こんにちは。
リッチじゃないとわかんないすよね~。
庶民は想像してヨダレをたらすだけ。
もうちょっと読みたいですね。

しんちゃん:2008/01/26(土) 12:04 | URL | [編集]

こんにちは。
TBが先になって、失礼しました。
さらっと読めるのだが、良かったです(*^^)v
そして、美味しそうですし。食い意地の張った私には、よだれものでした。
三船シェフのことをもっと知りたいなぁ。と思いました。

percy:2008/02/04(月) 09:25 | URL | [編集]

percyさん、こんにちは。
さらっと読めすぎたように思いました。
もうちょっと何かが欲しかったです。
でも料理はうまそうでしたね~。

しんちゃん:2008/02/04(月) 12:18 | URL | [編集]

連続ドラマにしたらちょうどいい感じの連作でしたね。

お料理とミステリってとても相性がいいみたい。

ふらっと:2008/04/11(金) 06:45 | URL | [編集]

ふらっとさん
深夜の三十分枠とかで画的には面白そうですね。
でもミステリが小粒なので、うーん、どうでしょう。

しんちゃん:2008/04/11(金) 20:49 | URL | [編集]

こんにちは。
料理人の話、そしてちょっぴり日常の謎系…
そんな感じでしたね。
食べ物がどんなものなのか、半分くらいしかわからなかったけど
それでも美味しそうな雰囲気は伝わってきました。
あぁ、食べたい。

なな:2008/04/21(月) 16:27 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
ちょっぴり日常の謎系が、ほんとにちょっとすぎでしたね。
自転車のアレのあとだったので物足りませんでした。
料理も想像するしかなかったですが、こっちは美味そうでした。

しんちゃん:2008/04/22(火) 12:57 | URL | [編集]

主役はお料理で、ミステリはスパイスだったのかも。
深夜の30分枠とか、ぴったりはまりそうな気もしますが、
夜中にこんな美味しそうなものを映像で見せられた日には・・。
苦しくて眠れなくなりそうです。

june:2008/06/20(金) 14:55 | URL | [編集]

juneさん
ほほう、そういう捉え方だと楽ですね。
続編を読むときは、そう思いながら読みたいです。
これの夜中はやばいでしょ。…食っちまうよ。

しんちゃん:2008/06/20(金) 21:39 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

タルト・タタンの夢 近藤史恵


ブックデザインは緒方修一。カバーイラスト・デザインは谷山彩子、本山木犀。初出「ミステリーズ!」。創元クライム・クラブ。連作短編集。 下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル(悪くない)。風変わりな三舟

2007/12/16(日) 01:51 | 粋な提案

『タルト・タタンの夢』近藤史恵


タルト・タタンの夢近藤史恵東京創元社1575円Amazonで購入書評/ミステリ・サスペンス_uacct = "UA-918914-3";urchinTracker(); ★★★★★ ……要するに、気心が知れたスタッフだけだから、安心してまかせて、自分は楽ができる、ということなのだろう。さすがに、スタッ...

2007/12/16(日) 23:11 | ほんだらけ

タルト・タタンの夢 〔近藤 史恵〕


タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)近藤 史恵 東京創元社 2007-10売り上げランキング : 6124おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。 風変わりなシェフのつくる料理は、気取らない、本...

2007/12/29(土) 21:33 | まったり読書日記

タルト・タタンの夢


著者:近藤 史恵 出版社:東京創元社 この本はやぎっちょさんに譲っていただきました。ありがとう~~♪ 紹介文: フランス料理店を舞台にした、近藤さんの連作短編集。 お客さんの話す不思議な事件や出来事の謎を、サムライシェフ・三船が解き明かしてくれる物...

2008/01/26(土) 01:45 | どくしょ。るーむ。

『タルト・タタンの夢』近藤史恵


『タルト・タタンの夢』近藤史恵 タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)(2007/10)近藤 史恵商品詳細を見る 下町の小さなフレンチ・レス...

2008/01/31(木) 16:35 | バンザイ!(^^)!

タルト・タタンの夢 近藤史恵 


タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)(2007/10)近藤 史恵商品詳細を見る <ヴァン・ショーは、いかがですか?> 近藤さんは『サクリファ...

2008/03/04(火) 09:24 | それでも本を読む

タルト・タタンの夢*近藤史恵


タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)(2007/10)近藤 史恵商品詳細を見る 下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。風変わ...

2008/04/11(金) 06:46 | +++ こんな一冊 +++

「タルト・タタンの夢」近藤史恵


タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ) 近藤 史恵 JUGEMテーマ:読書 カウンター席7席。テーブル5つ。下町の片隅にある小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。無口なシェフ・三舟。外交的な料理人・志村。俳句が趣味のソムリエ・金子。そしてギャ

2008/04/21(月) 16:27 | ナナメモ

「タルト・タタンの夢」近藤史恵


タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ) 近藤さんの作品は、以前アンソロジーで読んで気になりつつもそのままになってたんです。でも今回このタイトルに思わず手が伸びました。タルト・タタン好きなんですもん♪ 思っていた以上によかったです。日常の謎系という

2008/06/20(金) 14:55 | 本のある生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。