--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

12.16

「魔神館事件 夏と少女とサツリク風景」椙本孝思

魔神館事件―夏と少女とサツリク風景魔神館事件―夏と少女とサツリク風景
(2007/09)
椙本 孝思

商品詳細を見る

高校が夏休みに入って間もないある日、亡き父を知る人物の屋敷が落成パーティをするから来て欲しいと誘われ、白鷹黒彦は父の代わりに信州奥地にある魔人館を訪れた。そこにはお互いが初対面の人物が集っていて、魔人館の主人が語るには、屋敷内にある十二星座像を基に十二人が集められ、彼らの星座がそろったことで、魔神館は完成するらしい、ということだ。

亡くなった父の代わりにやってきた、人馬宮の白鷹黒彦。兄の犬神についてきたすごく元気な少女、双児宮の犬神果菜。世界最高の知性を持つ、宝瓶宮の犬神清秀。医師をしている、天秤宮の姫草泰道。フランス料理の有名シェフ、天蝎宮の蒲生聖。コンピューター技師であり実業家、双魚宮の久佐川欄平。新進気鋭の女流画家、巨蟹宮の紅岩瑠美。館のメイドをしている、金牛宮の鶴原三鳥。同じくメイド、白羊宮の西木露子。魔神館の主人、処女宮の東作茂丸。魔神館の執事、磨羯宮の妻木悟。魔神館を建てた西洋建築家であり魔術師でもあった故人、獅子宮の香具士深良。

彼らが翌朝目覚めた時、すでに一人目の死者が彼らを待っていた。そして次々と殺されていく人物たち。香具士深良かけたという魔術の仕業なのか。それとも人為的な悪意なのか。人々は疑心暗鬼にあい、追い詰められてゆく。

外は台風で大荒れなので電話も通じない。道も遮断された山奥に孤立した館。いわゆる陸の孤島モノと呼ばれる作品だ。そこに最近流行のキャラ萌えの人物が登場というわけで、ある作家名が思い浮かぶのだが、自分は本書の方が違和感なく読めて、あちらよりも面白かった。平凡な主人公の黒彦にクロちゃんとまとわり付く幼児系少女のハテナに、天才だが変人のお兄さんと特定の読者層に喜ばれそうなキャラたち。彼らの言動が読者を飽きさせずに、それでいて連続する殺人事件も読ませていく。

ただ本書を本格ファンの方が読むと、トリックというかある仕掛けだけはアンフェアだと怒られる方がいるだろう。犯人が誰かとか殺害の方法だとか密室の謎などを解いてやろうと考えていると、この作品はミステリではありませんでしたというような人をバカにしたような解答が出てくるのだ。そこは好き嫌いがはっきりと別れると思う。

よってラノベ的なキャラ小説として読む分には面白いが、ミステリとして読むと、怒りしか沸いてこない。それゆえに読み手を選ぶだろう作品だからお薦めはしにくい。しかし、個人的にはベタな部分がすごく楽しめたと思う。よってキャラ系が好きな方ならイケルかも。個人的には続編が出たらぜひ読みたい。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

魔神館事件凄く面白いですよね!!
ちなみに続編ってありますよ☆

英恵:2009/11/21(土) 22:20 | URL | [編集]

英恵さん
その後はノーマークでしたのでその情報は初耳。
約二年前の記事によくぞ。ありがとうです。

しんちゃん:2009/11/22(日) 22:26 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。