--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

12.19

「凸凹デイズ」山本幸久

凸凹デイズ凸凹デイズ
(2005/10/25)
山本 幸久

商品詳細を見る

和室1Kのボロアパートが事務所で、大滝、黒川、凪海のたった3人という弱小デザイン事務所の凹組は、閑古鳥が鳴く慈極園遊園地のリニューアルプラン・コンペに参加し、新人の凪海が描いたキャラクター、デビゾーとオニノスケが採用されるも、メインロゴは新進気鋭のデザイン事務所QQQが担当することになった。そのQQQの女社長というのは、10年前に凹組を立ち上げたときの創設メンバーの1人で、大きな仕事がしたいと凹組を去った醐宮だった。そして凪海は出向という形でQQQに通うことに。大滝、黒川、凪海たち現在の凹組と、クロ、ゴミヤ、オータキたち10年前の凹組の青春物語が描かれたお仕事小説です。

いやー、面白かった。絶賛しちゃっていいですかね。

まずは現在の凹組は、おじさまたちに頼りきった凪海が、自分が子供の頃から大事にしていた自作のデビゾーとオニノスケを世に出すために、醐宮さんとコンビを組んで毎日を過ごすことになる。そこで、大滝先輩たちと醐宮が何故反発しているのかを知り、さらに自分が知らなかった凹組男ふたりのことを知る醐宮さんに嫉妬しながらも、同年代の人たちと一緒に働くことでこれまでにない楽しさを味わう。そして、女社長として頑張る醐宮さんの本音を少しずつ知っていく。少しずつ成長していく凪海は、醐宮さんの引き抜きの話に心が揺れながらも、おじさまたちに会うたびに、自分の居場所は凹組だという思いを強める。

一方過去の凹組は、オータキがバイトすることになったデザイン事務所で、すでに働いていたクロやゴミヤさんと出会う。そしてシャチョーと喧嘩して事務所を辞めてしまったオータキと、後に辞めた二人が、3人でやっていこうと凹組を起こす。そして地道な営業で仕事を少しずつ増やすが、上昇志向の強いゴミヤさんの勧めで、大きな賞をとって大きな仕事をしようとコンクールに応募する。クロの才能を嫉妬したり、ゴミヤさんへの下心を必死に押さえながら、オータキは自分に出来ることを精一杯して、毎日を過ごしていく。

単純な主人公の成長物語ではなく、現在の立場や過去の因果をからめて、それぞれの人間ドラマを読ませてゆく。ただ、読み始めは少し戸惑った。凪海に優しくて頼られる現在の大滝と、不安を抱える青臭い過去のオータキが、同じ人物とは思えないほど違うのだ。しかし読み進めていくと、3人で夢を追いかけて何かを成そうと結束したがゆえに、男ふたりから離れていったゴミヤとの微妙な関係やら、地味な仕事を続ける凹組と、社員を多数抱えて派手に仕事する醐宮との対比が面白いし、その地味な仕事しか知らなかった凪海が、派手な醐宮のもとで働く姿も面白い。

本書の主人公は凪海という体裁を取っているが、本当は違う道を歩むことになった、オータキとクロ、ゴミヤの旧凹組の面々が主人公だと思う。彼らが違う素質を持ちながら、やがて一緒の夢を持ち、そして決別するが同じデザインという仕事を続ける。そこに凪海という新しい風が加わることで、決別した昔の仲間が・・・。むう、これ以上は言えない。

とにかくラストがめっちゃ面白かった。最後はものすごいベタなのだが、あのケータイを奪い合う場面は、何度も読み返してしまうほどの魅力があった。ネタバレを恐れて書いたので、この作品の面白さを充分に引き出せない、というか自分の文章力の無さに減滅する。山本作品のマイベストを度々更新したが、現時点で本書が最高に面白かった。これを超える作品を今後の山本さんに期待したい。これの続編もありだーー!(希望)

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

山本幸久
トラックバック(6)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

凪海が頑張る姿も爽やかだったし、オータキ視点の物語も楽しく読むことが出来ました♪
これの続編!
ぜひとも読んでみたいですね~。
新生凹組の仕事っぷり見てみたいです♪


エビノート:2007/12/19(水) 20:23 | URL | [編集]

これからの凹組を考えるとわくわくしちゃいますよね。
続編出たら楽しいだろうな。
山本さんは、熱いお仕事小説を書いても、どこかほっこりと温かくて好きです。

june:2007/12/19(水) 22:23 | URL | [編集]

エビノートさん
新生凹組に再会したいっすよね。
でも山本さんって、リンクはするけど続編がないねえ。
この声よ、山本さんに届けー!!

しんちゃん:2007/12/20(木) 12:32 | URL | [編集]

juneさん
そう、すごくわくわくしますよね。
彼らがわいわい言いながら、どんな仕事をするのか気になる。
この声よ、山本さんに届けー!! 二度目の叫び。

しんちゃん:2007/12/20(木) 12:36 | URL | [編集]

こんばんは☆
かなり遅くなりましたが、復活おめでとうございます。。

この本、私も好きですよ♪
働くのって大変だけど楽しいよなって思いました。
続編、読みたい~!

acco:2007/12/20(木) 23:04 | URL | [編集]

accoさん、こんばんは。
ありがとね。でも書いてた感想がたまってて、アップするのが大変。
まだ復活後に読んだ本を紹介できない状態です。

こういう前向きなお仕事小説って楽しいですね。
続編がでるとホントにいいのに。
この声よ、山本さんに届けー!! 三度目の叫び。

しんちゃん:2007/12/21(金) 20:27 | URL | [編集]

私の中では「幸福ロケット」は超えなかったけど、いい感触でした。

じゃじゃまま:2007/12/21(金) 22:52 | URL | [編集]

ままさん
「幸福ロケット」も確かに良かったです。
でも個人的に「凸凹デイズ」は押したいっす。
今後もお薦めしたい作品を期待したいですね。

しんちゃん:2007/12/21(金) 23:56 | URL | [編集]

しんちゃん、こんにちは!
お伺いするのが遅くなってごめんね。
すっごく素敵な爽やかな作品でしたね。
読んでいてこう「くぅ~っ!(>_<)」とくるお話しでした。
ああ!続編私も読みたいです!

そういえば山本さん作品ってこれ1冊しか読んでません。
他作品も評判良いので読んでみたいと思っています。

リサ:2007/12/22(土) 09:53 | URL | [編集]

リサさん、こんにちは。
「くぅ~っ!(>_<)」ときましたね。
この作品大好きでした。

物足りない作品もありましたが
目が離せない作家になりました。

しんちゃん:2007/12/22(土) 12:14 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

凸凹デイズ 〔山本幸久〕


凸凹デイズ ≪内容≫ エロ雑誌のレイアウトもスーパーのチラシもなんでもござれの弱小デザイン事務所・凹組クロニクル。 キュートでコミカルなデザイナー青春小説。 (BOOKデータベースより)

2007/12/19(水) 20:11 | まったり読書日記

「凸凹デイズ」山本幸久


凸凹デイズ 山本さんの作品は、あたたかくて元気が出て、どんな時でも安心して読むことができます。これもそうでした。なかなか熱いお仕事小説なのですが、ほのぼのとしていて、気楽に読めるのだけれど決して軽くはなくって・・楽しく読むことができました! 恋愛じ...

2007/12/19(水) 22:17 | 本のある生活

「凸凹デイズ」山本幸久


凸凹デイズ 山本 幸久 デザインの専門学校を卒業した凪海(なみ)は凹組という小さな広告デザイン会社で働く。社員は黒川と大滝の二人の30代の太った男性だけ。ある日慈極園という遊園地の改装リニューアルの為の広告に凪海の描いたキャラクターが採用される事に

2007/12/19(水) 22:33 | ナナメモ

凸凹デイズ 山本幸久著。


読んでみました。多分好きな作家さんに加わると思いますが、「幸福ロケット」の方がよかったかな。 うん、結構好きなんだけど、凪海がちょっとオタクっぽいおじさん(凪海から見れば、だけど)のデザイナーに囲まれて、なんか大事にされちゃってる風とか、実はそのオタク

2007/12/21(金) 22:47 | じゃじゃままブックレビュー

『凸凹デイズ』山本幸久


凸凹デイズ 山本幸久/文藝春秋 恋愛じゃなく、友情じゃなく、仕事仲間。彼らがいつも、そばにいた。弱小デザイン事務所・凹組クロニクル。キュートでコミカル、ちょっと切ない、オシゴト系長編小説。 良かった!最高に楽しめた。読後感が気持ち良い。 そう、見上げれば...

2007/12/22(土) 09:50 | ひなたでゆるり

凸凹デイズ 山本幸久


凸凹デイズ ◆やぎっちょ書評 おっと!世田谷もなかまた出てきた!モデルになったお店は一体どこでつか!? さて、今回は長編でした。キャラやロゴのデザインを受け持つ会社「凹組」に慈極園という遊園地の仕事が舞い降りる。読み方は「じごくえん」。温泉作って映画館...

2008/01/16(水) 00:06 | \"やぎっちょ\"のベストブックde幸せ読書!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。