--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

12.20

「クドリャフカの順番」米澤穂信

クドリャフカの順番―「十文字」事件クドリャフカの順番―「十文字」事件
(2005/07)
米澤 穂信

商品詳細を見る

神山高校文化祭ことカンヤ祭があしたから始まる。だが古典部で大問題が発生。手違いで文集「氷菓」を作りすぎたのだ。千反田えるは、幸運がありますように、と八百万の神々に祈りを捧げ、福部里志は、乗り越えるトラブルがあるなんて、なんて素敵なことだろうと楽しみにし、伊原摩耶花は、自分のミスに腹を立てるが、当日は漫研から抜けることができず、折木奉太郎は、見通しを悲観せず、かといって楽観もせず、省エネ的にどう過ごそうかと考える。

そして始まったカンヤ祭では、学内で奇妙な連続盗難事件が起きていた。占い研究会のタロットカード、囲碁部の碁石、アカペラ部からはドリンク、お料理研ではおたまなどが盗まれた。そして、犯人は十文字と名乗る犯行声明を残していた。そこで、千反田の遂に出た「わたし、気になります」の一言。この事件を解決して古典部の知名度を上げよう! 目指すは二〇〇部の文集を完売だ! 千載一遇のチャンスを前に盛り上がる仲間たちに後押しされて、ホータローは「十文字」事件の謎に挑むはめに。

記憶が危ういのだが、今回が始めての試みだったのだろうか。古典部メンバー四人の目線で、各々のカンヤ祭を体験している。千反田は文集の販路を探して学内をうろうろし、里志は宣伝という名目でイベント参加を楽しみ、摩耶花は漫研で先輩と対立しながらも自分の仕事をこなし、ホータローは部室で文集の店番と言いながら省エネ。バラバラに過ごす古典部員たちが、やがて事件の欠片を部室に持ち帰り、それによって「十文字」事件が浮かび上がる。

様々に行動する部員たちだが、イベントを楽しむ里志が面白いのだ。クイズ大会で活躍したかと思えば、千反田と摩耶花を誘って料理ファイトに参戦。これら里志の行動が学園物の魅力ぐぐっと盛り上げる。そして省エネ待機中のホータローの前には変わった客が登場し、書けない万年筆からワッペン、ワッペンから水鉄砲と、何故かわらしべ長者をしていく。その結果、訪れた姉が残していった同人漫画が、「十文字」事件の鍵となる。

ミステリについては触れることをしないが、これまで読んだシリーズ作品の中で本書が一番好きかも。摩耶花の目線は少しだるかったが、古典部員たちの各々に興味をもつ事柄の違いや、個性がみごとに表現されていて、読んでいて楽しかった。これまで陰の薄かった里志や、千反田の天然ぶりが強調されていて、まったく飽きがこずに最後まで読むことができた。惜しかったのは、登場しないホータローの姉の影響力が、今回はちょっと小さかったことだけ。あの姉ちゃんが今回は何をやらかしてくれるのか、と楽しみにしていただけに、その部分のインパクトが弱かった。だけど、作品自体はすっごく面白かったのだ。

この作品は好きだーー!

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

米澤穂信
トラックバック(8)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

こんばんは!
カンヤ祭楽しかったですね~。
こういうお祭り騒ぎを読んでいると、
私も紛れ込んでみたい!といつも思います。
わらしべ長者、やってみたいなぁ~。

エビノート:2007/12/20(木) 20:00 | URL | [編集]

こんばんは。
ホータローとえるだけじゃなく里志と摩耶花についても色々と知ることが出来て、古典部のみんながすごく近い存在になりました。
同人漫画が読んでみたいです。

なな:2007/12/20(木) 21:14 | URL | [編集]

オモシロソ(* ̄∇ ̄*)
シリーズなのかぁ・・・
いきなりコレ読んでも、大丈夫??( ̄▽ ̄)σ

つたまる:2007/12/21(金) 13:14 | URL | [編集]

エビノートさん、こんばんは。
カンヤ祭とっても楽しかったですね。
ダンスにクイズに料理対決と、ほんとお祭りでした。
わらしべ長者のアイデアも面白かったです。

しんちゃん:2007/12/21(金) 20:04 | URL | [編集]

ななさん、こんばんは。
メンバー4人の目線が新鮮でしたね。
これですごく身近に感じることが出来ました。
摩耶花イチオシのあのマンガですよね。
少女マンガなのかな。

しんちゃん:2007/12/21(金) 20:08 | URL | [編集]

つたまるさん
いや~、読めなくはないけど、お薦めはちょっと。
一作目から時系列が続いていてるんですよ。
だから、いきなり三冊目を読むと、わからないことだらけかも。
「氷菓」から読むのが一番いいと思いますよ。

しんちゃん:2007/12/21(金) 20:13 | URL | [編集]

私…気になるんです


本読みの引っ越しが(笑

やはり大変でしたか?
私が前回やった時は3分の1を処分したのに
荷造りした段ボールの半分は本でした
今はリバウンドで倍増したので
あまり引っ越しを考えたくありません
でも本棚に入れ直すのは楽しいんですよね


そうそうこの本は私も好きです

たまねぎ:2007/12/21(金) 21:16 | URL | [編集]

たまねぎさん
引越しといっても仕事場の引越しでした。
でもキャビネットの中には自分の本がずらり。
やっぱ本って重いっすよね。ってどんだけ本を詰めてたのか。
百冊は処分しました。また増えてる本が怖いです。

しんちゃん:2007/12/21(金) 23:29 | URL | [編集]

待ちに待ったカンヤ祭だし、4人とも大活躍で
楽しかったです。
シリーズで一番盛り上がったし、好きです。

june:2007/12/23(日) 17:36 | URL | [編集]

juneさん
地味なシリーズなのに派手でしたね。
ぐるっと一年たって、もう一回カンヤ祭がないかな。

しんちゃん:2007/12/23(日) 19:25 | URL | [編集]

こんばんは。
まとめてTB、ありがとうございました。

カンヤ祭とっても楽しかったですね。
古典部メンバーと一緒になって満喫した気分でした。


藍色:2008/01/24(木) 02:20 | URL | [編集]

藍色さん
まとめて失敬でした。
カンヤ祭がいい雰囲気で楽しかったですよね。
古典部の面々が個別に描かれていたのも良かったです。

しんちゃん:2008/01/24(木) 12:01 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

クドリャフカの順番―「十文字」事件 〔米澤穂信〕


クドリャフカの順番―「十文字」事件 ≪内容≫ さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリの傑作登場! 待望の文化祭。 だが、折木奉太郎が所属する古典部では大問題が。 手違いで文集を作りすぎてしまったのだ。 古典部の知名度を上げて文集の完売を目指すため...

2007/12/20(木) 19:57 | まったり読書日記

「クドリャフカの順番」米澤穂信


クドリャフカの順番―「十文字」事件 米澤 穂信 いよいよ3日間に及ぶ文化祭・カンヤ祭が始まり、古典部も文集「氷菓」を販売することに。しかし30部の予定だった発行部数は、何かの手違いで200部に…古典部の面々はそれぞれ「氷菓」を売り切るために最大の努力をする...

2007/12/20(木) 21:15 | ナナメモ

「クドリャフカの順番」米澤穂信


タイトル:クドリャフカの順番 著者  :米澤穂信 出版社 :角川書店 読書期間:2006/02/21 - 2006/02/24 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 待望の文化祭が始まった。何事にも積極的に関わらず“省エネ”をモットーとする折木奉太郎は呑気に...

2007/12/21(金) 13:32 | AOCHAN-Blog

クドリャフカの順番  米澤穂信


神山高校文化祭、通称カンヤ祭。 いよいよ訪れたその開幕を前に古典部の面々は大きな難題を抱えていた。 カンヤ祭にあわせて制作した文集「氷菓」の予定発行部数は三十部のはずだった。 ところがちょっとした手違いが起こってしまったのだ。 文化祭当日、彼らの前に積...

2007/12/21(金) 20:55 | 今更なんですがの本の話

クドリャフカの順番-「十文字」事件


クドリャフカの順番―「十文字」事件 米澤穂信 ご存知古典部シリーズ3作目です。「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」がモットーのホータロー、「自分が興味を持ったことだけを追求し、必要なことを二の次にまわして平然とし...

2007/12/23(日) 17:34 | 本のある生活

「クドリャフカの順番 -「十文字事件」-」米澤穂信


「クドリャフカの順番 -「十文字事件」-」米澤穂信(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、高校、文化祭、古典部、ライトノベル この作品は、「氷菓」「愚者のエンドロール」に続く古典部シリーズ第三作だそうで、単独で読むより、前二作に続き

2007/12/24(月) 12:22 | 図書館で本を借りよう!~小説・物語~

クドリャフカの順番「十文字」事件 米澤穂信


装幀は遊空龍+WONDER WARKZ。清水厚。K・S。古典部シリーズ3作目。 迎えた文化祭。古典部メンバーは奇妙な連続盗難事件の解決で知名度を上げ、刷り過ぎた文集の完売を目論みますが。 今回は古典部の四人が語り手。千反

2008/01/24(木) 02:21 | 粋な提案

-


管理人の承認後に表示されます

2013/10/17(木) 22:32 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。