--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

12.26

「クローバー」島本理生

クローバークローバー
(2007/11)
島本 理生

商品詳細を見る

我が強くて思い込みが激しくて負けず嫌い。顔はそこそこだがモテる努力を惜しまない双子の姉、華子。地味で真面目で善意の人。姉に振り回されている双子の弟、冬治。双子の姉弟は大学に通うために両親の元を離れ、二人で暮らしていた。そこに現れたのが、華子にベタ惚れでとにかく打たれ強い公務員の熊野。そして、冬治に分りやすい好意を寄せる、非常に優秀だが挙動不審な大学で同じ研究班の雪村さん。冬治、華子、熊野、雪村のクローバー、彼らの四人の恋、絆、迷い、決断を描いた青春恋愛小説。

これって少女マンガというような双子のお話だと思って読み始めた。しかし、そんな思いをよそに、どうせ自分なんて、と思うそれぞれの人物たちが葛藤している。なんか分かるんだよ。自分に自信が持てず、かたくなに卑屈になってしまうんだ。傍から見ればそんなに思い込むことじゃない。だけど、自分って駄目だと自己嫌悪して、その場に立ち止まってしまう。そういう考えを持つのは若さですかね。しかし、双子を中心にして、とにかく明るくて賑やかで楽しいのが前半部分。

そして、雪村さんに好かれたものの、過去を引きずる弟くんが、雪村さんの好意にノーを言ってしまう。しかし、華子の仕業で垢抜けない雪村さんが、飛びっきりのいい女に変身。その結果、気になってあたふたする弟くん。しかし、ノーの意思表示をしてしまった手前、雪村さんには声をかけられない。過去の失恋経験を引きずる弟くんだが、やがてクローバーの葉っぱたちと話しをするうちに、自分の気持ちを正直に打ち明ける。これが中盤。

そんなあれこれがありつつも、結局は落ち着く場所に落ち着く。しかし、そのあと弟くんが自分の将来についてぐずぐず悩む重い話になっていく。これがすごくしんどい。一度は決断した進路だが、状況が変わって過酷な決断を迫られる。姉弟のこれまでの慣れた生活。長距離恋愛を覚悟した生活。お金がかかるが希望だった大学院に進む生活。夢を諦めて社会人になってお金を稼ぐ生活。弟くんが選んだ生活には触れませんが、こんな結末もありかな、と思ってみたりもする。

そんなこんなで、前半と後半で、内容も雰囲気もテーマも違う。よって評価がしにくいのである。前半の明るい雰囲気は好きだが、後半のぐずぐずは好みでない。あとがきで島本さんも触れていたが、途中で別物の作品に変わってゆく。その辺りがなんか不安定に感じてしまい、単純に好きと言い切れない。わりと好きだった雪村さんも、最後の方ではしんどい女になっていたし。自分にとっては少し期待ハズレだったかも。がつんとくるパンチ力がないし、中心になる人物もしぼれてない。かなり甘さが目立った作品だった。

もっとブラックに走ると思っていた島本さんが、「一千一秒の日々」に戻ったような作品。だけど、行き当たりばったりを感じてしまうまとまりがない作品だったと思う。


TBさせてもらいました。「今日何読んだ?どうだった??」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

島本理生
トラックバック(6)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

こんばんは。
中心になる人物をあえて作らないようにして
このタイトルになったって思ってました(汗)。

藍色:2007/12/27(木) 05:05 | URL | [編集]

こんばんは。
確かにちぐはぐな印象だったかもしれないですね。
島本さんもあとがきで「違う方向に進んだ」って書いていたし。
冬治の決断、驚きました。

なな:2007/12/27(木) 17:03 | URL | [編集]

藍色さん
そうとも読めますね。
四葉のクローバーで幸せ、と自分は捉えました。
はてさて、正解は…?

しんちゃん:2007/12/27(木) 21:25 | URL | [編集]

ななさん、こんばんは。
前半の雰囲気が好きだったので、途中から戸惑いました。
確かに冬治の決断は予想外でしたね。
これってハッピーエンドなんでしょうか。わからん。

しんちゃん:2007/12/27(木) 21:27 | URL | [編集]

わたしには鬼門の島本さん。
この話ももしや自分だけが嫌評価…?とドキドキしたので、しんちゃんの記事を読んでとても安心しました^^
微妙でしたよね。結局テーマはなんだったのかなぁ~~

まみみ:2008/01/03(木) 16:22 | URL | [編集]

まみみさん
おっ!、同じ意見だったみたいですね。
早速、まみみさんのブーを見に行こう。
中途半端でしたよね~。

しんちゃん:2008/01/03(木) 20:13 | URL | [編集]

こんにちは。
姉の華子と熊野の話はおもしろいんですが、弟が悩むあたりが、う~んって感じでしたね。
「ナラタージュ」に比べると軽く読めたという感じかな。

mint:2008/02/15(金) 11:44 | URL | [編集]

mintさん、こんにちは。
うーん、もう一つって感じ分かります。
前半のようなお話が継続されていれば、ですよね。

しんちゃん:2008/02/16(土) 11:56 | URL | [編集]

こんばんは。
確かに前半と後半では雰囲気違いましたね。前半の方がテンポよくて楽しい感じでしたもんね。
私は特に冬治と華子の関係や、華子と熊野さんの関係がいいなーと思って読みました。
雪村さんはちょっとイマイチだったんですよね。

masako:2008/09/09(火) 00:05 | URL | [編集]

masakoさん、こんにちは。
双子のお話のはずが弟メインのお話になっちゃいましたね。
テンポのいい前半の雰囲気で続けてくれたら良かったのに。
後半の雪村さんはしんどかったですね。

しんちゃん:2008/09/09(火) 11:11 | URL | [編集]

結構私は好きだったんですけどね。
冬冶の揺れ動く気持ちも、雪村さんの、急にわがままになっちゃう女心も、なんだか懐かしいんですよね。
こういう風に書ける感性の島本さん、好きだな~。

じゃじゃまま:2009/03/19(木) 22:38 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
自分の書いた文章を読むと、ダメだったみたいっですね。
あはは^^;すでに記憶にない・・・ごめん!

しんちゃん:2009/03/20(金) 17:34 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

クローバー 島本理生


カバー撮影は高橋和海。装丁は鈴木成一デザイン室。「野性時代」連載。 語り手の僕、冬治と双子の姉、華子はともに大学生で同居中。我が強くて思い込みが激しく負けん気が強い華子の恋愛は?。そして冬治にも訪れる恋。 高いプ

2007/12/27(木) 05:06 | 粋な提案

クローバー 島本理生


大学生の双子の姉弟のキャンパスライフと恋愛事情を鮮やかに綴った長編。 わがままで破天荒な姉・華子と、何事にも煮え切れない理科系の弟・冬冶。 正反対な性格にも関わらず、絶妙にバランスのとれた二人の関係は巧く描かれ、それぞれの性格によく似合った恋愛事情もリ...

2007/12/27(木) 12:56 | かみさまの贈りもの~読書日記~

クローバー/島本理生


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/1/4~2008/1/5 ワガママで思いこみが激しい、女子力全開の華子。双子の弟で、やや人生不完全燃焼気味の理科系男子、冬冶。騒がしくも楽しい時は過ぎ、やがて新しい旅立ちの予感が訪れる−。『野生時代』掲載を単行本化。

2008/01/11(金) 07:49 | hibidoku~日々、読書~

『クローバー』


今日読んだ本は、島本理生さんの『クローバー』です。

2008/02/15(金) 11:37 | いつか どこかで

島本理生 『クローバー』


クローバー/島本 理生 ¥1,365 Amazon.co.jp ワガママで思いこみが激しい、女子力全開の華子。双子の弟で、やや人生不完全燃焼気味の理科系男子冬冶。今日も今日とて、新しい恋に邁進せんとする華子に、いろんな意味で強力な求愛者・熊野が出現。冬冶も微妙に...

2008/09/08(月) 23:48 | 映画な日々。読書な日々。

クローバー 島本理生著。


≪★★★★≫ 華子と冬冶は双子の姉弟。 あとがきで島本氏が書いているように、「最初は華子が様々な恋愛を通して成長する予定でした」と、私も想像していた。 そんな出だしだったしね。 ところが、これも島本氏が書いている通り、早々に強烈キャラの熊野が現れて、おお!...

2009/03/19(木) 22:01 | じゃじゃままブックレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。