--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

11.22

「完全無欠の名探偵」西澤保彦

完全無欠の名探偵 完全無欠の名探偵
西澤 保彦 (1998/05)
講談社

この商品の詳細を見る

山吹みはると会話をすると、過去に経験した自分でも気づかなかった事を思い出す。
白鹿毛グループ総帥の孫娘りんは、なぜ大学を卒業しても高知を離れないのか。
その謎を知るために、みはるは知らないうちに高知に飛ばされる。

章ごとに各人物の謎が解明されていくのだが、それらがリンクしているのだ。
それらが埋まっていき最後の1ピースでパズルが完成。 
ばんっ!と見事に嵌るのだ。 う~ん、気持ちいい。爽快だー。

ミステリだが、誰も謎解きをしないのが本書の特徴。
ただ登場人物がみはると会話するうちに、自分はこう思っていたのかと気づく。
そう、答えがあっているのかでは無く、各人が自己完結をするのだ。

それらがずーっと続くだけだが、これが読ませるんだよ。
会話主体でまったく飽きがこず、ラストまで一気読みをしてしまった。

小さな綻びを少しづつ紐解くミステリィも面白い。
だがこういう大掛かりな仕掛けのミステリィを読むと、ようやった!!と感心なのだ。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

西澤保彦
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。