--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

12.29

「ブラック・ジャック・キッド」久保寺健彦

ブラック・ジャック・キッドブラック・ジャック・キッド
(2007/11)
久保寺 健彦

商品詳細を見る

手塚治虫のブラック・ジャックにはまりすぎて、和也はブラック・ジャックになりたかった。まずは同じ格好をしよう。全身黒づくめで統一し、ロングコートの代わりに黒のレインコートで代用。次は髪型だ。髪にシャギーを入れて、片目をおおい隠す。顔の傷まで再現しようとしたが、母親に見つかりこっぴどく叱られた。食卓の魚を解剖し、誕生日プレゼントに買ってもらった昆虫採集キットで、猫の死骸をオペしようとするが、さすがにこれは断念。少年は学校で一度は男女前面対決のきっかけを作ってしまうが、それ以降は目いっぱい毎日よく遊んだ。

だがそんな楽しい日は続かなかった。父親とけんかばかりしていた母親が突然失踪。その父も仕事を失敗して、父子は引越しすることになった。しかし、転校したクラスは、変わり者の少年を受け入れてくれなかった。そして夏休みが始まったころ、児童館内にある図書室で、同じクラスだった少女マンガ好きな宮内くんと、本が大好きなメガネ少女の泉さんと出会い、三人はいつも一緒に過ごすようになった。

子供らしい笑いが溢れていて、作品の出来は悪くはなかった。だけど、子供同士のなんでもありの対決で、とても過激な描写があったがあれは問題ありだろう。ちょっとやり過ぎで、笑って済ませられない。減点一。それと日本ファンタジーノベル大賞の応募作だからか、無理やりファンタジーをねじ込んでいるのが気になった。唐突に少年の前に現れて消えてしまう、かめはめ波を出す不思議な少女、めぐみのことだ。終盤のファンタジーで充分だと思うのだけど。無理にめぐみを出さなくてもいいような気がした。よって減点二。

とまあ、前半は減点があったものの、和也、宮内くん、泉さんの仲良しトリオが揃う中盤からはすごく面白かった。本について語りあったり、淡い恋心を持ったり、と子供らしい姿がかわいらしい。そして、運動会、学芸会のイベントを経験し、サンタに会いにいった泉さんの弟を追いかけて、三人は泉さんの作った物語の世界に入って冒険する。ここから先は自分で読んで確かめてください。

学校内でイジメがあって重苦しい描写もあるが、それを少年の能天気さで打ち消すぐらいのパワーがこの作品にはあった。ただ、惜しいのは先に挙げた減点二つ。それと三人で過ごす描写が少ない。もうちょっとページ数が欲しかったのだ。それゆえに絶賛出来ず。ほんと惜しい。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

久保寺健彦
トラックバック(5)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

そうなんです。
「めぐみ」のところは丸々削って、その分を3人が出会う中盤をもう少し増やしたらもっと良かったと思います。
幻想的な終盤も印象的でした。

リベ:2007/12/30(日) 00:15 | URL | [編集]

りべさん
ですよね。「めぐみ」いらんし、三人のからみが少ない。
悪くない作品だけど、勿体無かったですね。

しんちゃん:2007/12/30(日) 12:22 | URL | [編集]

こんばんは。
「シャーシャーシャー」と走るところとか、
いろいろ笑えました。
青春モノとして楽しく読みました。
確かに「えっちな描写」にはえ~となりました~(笑)
「みなさん、さようなら」では主人公が思春期のため
えっちな描写が爆発してます~。

naru:2007/12/30(日) 21:36 | URL | [編集]

naruさん、こんばんは。
小学生のえっちは、え~となりますが思春期なら別。
「みなさん、さようなら」読みたいと思いました。
シャー、シャアー、シャーの笑いや、本について語る場面。
楽しかったですね。

しんちゃん:2007/12/30(日) 22:55 | URL | [編集]

確かに前半部分は・・・な感じで
子供には薦められない、なんて思いました。
そこカットして欲しいです。
めぐみの登場は最後を生かすためにしょうがないのかな?
とも思いましたが、
カメハメ波(笑)はいらんかな、と。
でも新年1発目に読んだ作品としては
かなりポイント高かったです。

す〜さん:2008/01/05(土) 10:12 | URL | [編集]

す~さん
あのエッチはドン引きでした。つうかナンデって感じ。
かめはめ波を出すめぐみも、ナニって感じ。
でもそれら以外は面白かったですね。
もうちょっと改善してくれれば、面白い作家になるかも。

しんちゃん:2008/01/05(土) 12:30 | URL | [編集]

「ブラック・ジャック」通して読んだことなかったんで、
作中で紹介されるシーンの説明が興味深かったです。
いつか、読んでみよう。
けど、3人のからみが少なかったのは勿体なかったですね~。
子どもらしいイキイキとした感じがとっても楽しかっただけに。

エビノート:2008/02/01(金) 22:48 | URL | [編集]

エビノートさん
同じく手塚マンガは読んだことがないです。
お互いに世代が違うからねー。

もっと3人がからむのかと思ってました。
帯の嘘つきっていってやりたい。
そこの部分は惜しかったですよね。

しんちゃん:2008/02/02(土) 12:57 | URL | [編集]

こんにちは。
しんちゃんとほとんど同じ感想です。
中盤以降が良かっただけに、実に前半が惜しいですね。
めぐみの存在が未だにわかりません。
逆に児童館で出会う泉さんと宮内君の読書仲間がとっても良かったです。
あのシーンもちょっと…。ファンタジーですからねー。

TBしていただいたのですが、再度お願いできませんか。
なぜか、文字化けしてるんです(涙)

よし:2008/02/10(日) 15:07 | URL | [編集]

よしさん
めぐみもそうだし、三人組ももったいないよねー。
了解です。再度TB送ります。

しんちゃん:2008/02/10(日) 19:32 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

久保寺健彦『ブラック・ジャック・キッド』


おれは、ブラック・ジャックになりたかった。第19回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。

2007/12/30(日) 21:47 | 待ち合わせは本屋さんで

ブラック・ジャック・キッド   ~久保寺 健彦~


ブラックジャックになりたかった小学生、和也の成長物語。 小学生の頃って○○のようになりたい、というより ○○になりたい、と思ってた。 ○○そのものになりたいって。 大人になれば、そんなことはできない

2008/01/05(土) 10:13 | My Favorite Books

ブラック・ジャック・キッド 〔久保寺 健〕


ブラック・ジャック・キッド久保寺 健彦 新潮社 2007-11売り上げランキング : 152839おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 雪降る聖夜、奇蹟が起きる! 三冠制覇、青春小説の超新星! ブラック・ジャックになりたいおれと、『ガラスの仮面』を教えてく...

2008/02/01(金) 22:34 | まったり読書日記

ブラック・ジャック・キッド 久保寺健彦


ブラック・ジャック・キッド久保寺 健彦 (2007/11)新潮社この商品の詳細を見る <ブラック・ジャック大好き少年の冒険と青春> 今、話題の売り出し中の作家さん、久保寺さんの第19回ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。そ

2008/02/10(日) 08:30 | それでも本を読む

ブラック・ジャック・キッド/久保寺健彦


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/7/11~2008/7/12 [新潮社HPより] 雪降る聖夜、奇蹟が起きる! 三冠制覇、青春小説の超新星! ブラック・ジャックになりたいおれと、『ガラスの仮面』を教えてくれた内気な宮内君。そして、眼鏡を外すと超綺麗な泉さん。イブ

2008/07/19(土) 20:59 | hibidoku~日々、読書~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。