--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.05

「クロス・ゲーム」中野順一

クロス・ゲームクロス・ゲーム
(2004/07/21)
中野 順一

商品詳細を見る

複雑化するシステム、3Dを駆使した画像、オンライン。パソコン上でプレイするオンラインRPG。この仮想空間には、何万という単位でリアルの住人が自分自身の分身を送り込んでくる。

航太と優衣は、時を同じくして「ソロモン2」の世界に飛び込んだ。リアルでは離ればなれになってしまったけど、物理的な距離は「ソロモン2」が埋めてくれる。己の分身を仮想世界に送り込み、チャットで無為な会話を交わす二人。しかし今の優衣は、どっぷりと「ソロモン2」の世界に浸ってしまっていた。仮に東京に戻ったとしっても、彼女にかけられた魔法は簡単には解けないだろう。そんな航太を次々と襲う厄災。謎の通り魔。不正行為の露見。アパート火災。退職した航太は優衣のいる東京へ戻るが、彼女は失踪していた。

一方で、ヤミ金をやっている男女三人と、借金のための借金でパンクしたおもちゃ屋経営の男がいる。ある日、ホテルの部屋内でヤミ金業者の男が刺殺体で発見された。ヤミ金という人に恨まれる仕事。怪しいのはあいつしか思い浮かばない。しかしあの男にはアリバイがあった。一見関わりのないと思われる二つのストーリー。だが、二つのストーリーは繋がっていた。オンラインRPG「ソロモン2」という仮想空間の世界で。

出版社の紹介やネット書店の紹介とはかなり違う内容だったので、自分なりに膨らませて内容紹介してみました。面白かったです。この作家はまだ二冊目の読了ですが、今後期待が持てる作家かも。並行する二つのストーリー。それが全然交わらないと思っていたら、終盤になってやっと繋がる。お話的には単調なものだが、すごく読みやすい文章で、キャラもしっかりしていた。

名古屋と東京で遠距離恋愛中の航太と、ヤミ金業者の男と同棲している沙也加が主人公。彼らの付き合っている相手が変わり者で、一方はネットゲームに夢中のゲームオタクの女、一方は違法な取立て高利が当たり前の090金融をする男。なんでこんなのに夢中、と首を傾げたくなるが、恋は盲目ということかしら。だけど、主人公たちは心の弱さがあるものの、二人とも魅力的だった。

作品に派手さはないものの、しっかり読者に読ませて、飽きがこない作品だ。作品にもしっかり芯が通っていて、さすがサントリーミステリー大賞受賞作家。この賞は結構注目していたので、なくなってしまったのは残念。垣根涼介なんて化け物を誕生させてるし。

ラストの展開も生粋のゲームオタならありえそう。ネタバレの危険があるから例えで書くが、やり込んでいるゲームのデーターが飛んだときの怒りはハンパじゃない。それに、実際にネットで知り合った者同士が集団自殺なんて事件もあるし。ネットの深いところは知らないが、そういう心理を使っているのだろうと想像はできた。それにしても、オタクの執念って怖い。これらオタク心理が理解できるならば最後まで楽しめるだろう作品だった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。