--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.10

「さよならワルガキング」笹生陽子

さよならワルガキングさよならワルガキング
(2001/12)
笹生 陽子じびき なおこ

商品詳細を見る

おかんのさいふに手をつけた。ぬすんだ金は三百円。ワルガキングのトレカのふちは玉虫色にきらきら光って、めっちゃきれい。うまいことやったつもりでいたけど、その日のうちにおかんにばれた。三百円をぬすんだバツに、塾へ行かなきゃならなくなった。まじめにやる気がまるでなしで、心のそこからやさぐれてたら、自習室にとじこめられた。そこで出あったマスク男になつかれた。おまけに弟子にしてくれ、だって。

普通に児童書です。勉強嫌いなやんちゃ坊主の森くんと、生まれながら病弱な少年の橋本くんが出会う。隣に住むワルぶった兄ちゃんに、いろいろと悪いことを吹き込まれる主人公。金持ちなら人間貯金箱にしてしまえ。そうか、その手があったのか。しかしマイペースな橋本くんと一緒にいても、タイミングが上手くつかめずにいる。そこでまた隣の兄ちゃんが悪魔の言葉をささやく。そんなこととは知らない橋本君は、無邪気に太平洋が見たいと言う。二人で海へ向かうが、その途中で橋本くんが発作をおこす。そして主人公は本当の強さとは何かに気付く。というお話です。

子供の頃の男の子って、ワルに憧れるのは普通だと思う。喧嘩の強さに憧れたり、ワルぶった近所の兄ちゃんに憧れたり、もう一つ上をいけば、バイクに興味を持って暴走族に憧れたりする。チャリでコーナーを攻めるぐらいならかわいいものだが、誰かが始めた万引きがきっかけで、お前もやってみろ、万引きも出来ない弱虫か、となるパターンが多いと思う。

本書は児童書なので、そうなる悪事の寸前で、著者の意図でそうならないような展開になっている。大人が読むと豪腕なんだけど、それはしかたがないと思う。だけど、そういう世界もあるとちらっと見せて、ワルにもワルの上下関係があって、ワルってそんなにカッコイイもんじゃない。ワルぶるのはしんどいものだと、わかりやすく描かれている。

ほんとその通りなんだな、これが。一年早く生まれただけで、絶対服従の過酷な世界。すごく理不尽で、アホみたいな世界。これら世界に踏み込まなければ安全というわけではないが、ワルに憧れて、ワルになろうとするとしんどいだけ。先輩から法外なお金を要求される場合もあるし、身体に傷を負う場合もある。でもワルになったら、ごめんなさい、勘弁して下さい、が通じない世界。まったく言葉が通じない無茶が通る世界。

本書は本当の強さが描かれている。喧嘩が強いのが本当の強さじゃない。周りから怖がられるのも強さじゃない。ほんとの強さとは何かを考える読書にピッタリかも。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

笹生陽子
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

おお、笹生陽子さんだ。
おばちゃんのいた本屋では毎年店員お薦め文庫フェアやってて、
みんなで推薦文書いて小冊子までだしてました。
ある年のフェアで一番売れたのが
えへん、
おばちゃんが推薦した
笹生さんの
「 ぼくらのサイテーの夏」
でした。

新刊でませんね。

ナカムラのおばちゃん:2008/01/10(木) 23:52 | URL | [編集]

おばちゃん
笹生さんはいいよね~。
大好きな作家さんです。
マイベストは「きのう、火星に行った。」です。

文庫はどんどん出てますが、新刊は出ませんね。

しんちゃん:2008/01/11(金) 12:04 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

『さよならワルガキング』  笹生 陽子 じびき なおこ(絵) 汐文社


さよならワルガキング 小学4年の和哉はワルガキングのトレカが欲しいばかりに母親の財布から300円を盗んだ。が、すぐにバレてこっぴどく怒られるし、兄にはからかわれた。反抗してライターを持ち家を燃やしてしまうと言ったそばからタイミングよく父親が帰ってきて...

2008/01/11(金) 23:21 | みかんのReading Diary♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。