--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.13

「親不孝通りディテクティブ」北森鴻

親不孝通りディテクティブ (講談社文庫)親不孝通りディテクティブ (講談社文庫)
(2006/08/12)
北森 鴻

商品詳細を見る

地元の博多に帰ってきてから、紆余曲折を得て八年、いつの間にか長浜の一角にバーの屋台を構えるおじちゃんになった鴨志田鉄樹。そこを訪れるのが、結婚相談所の調査員を生業にしている根岸球太。通称テッキとキュータの腐れ縁コンビが、事件に巻き込まれてしまう、博多を舞台にしたハードボイルドな連作短編集です。

収録作は、「セブンス・ハウス」「地下街のロビンソン」「夏のおでかけ」「ハードラック・ナイト」「親不孝通りディテクティブ」「センチメンタル・ドライバー」の六編。

分別があって洞察力がするどいテッキ。野性の勘に頼って直情型暴走思考のキュータ。そんな腐れ縁の二人が、ベストカップルな夫婦の自殺、謎の失踪人の捜索、男誑しと拳銃を持ったストーカー男、殺された援助交際をしていた女子高生、逮捕された性格の温かな親父、過去に因縁のあった男といった事件に関わり、足を使い、表裏の情報を集め、偶然の一言などをきっかけに、真相に迫ってゆく。

二人以外にも脇がしっかりしていた。腐れ縁コンビのかつての恩師であり、結婚相談所の代表をするオフクロこと華岡妙子。裏のバイトをしている博多署の悪徳警察官。ライブハウス「セブン」の経営者にしてシンガーの歌姫。みんな個性があって魅力があった。特に二人は頭が上がらないけど、すごく慕っているオフクロとの関係が良かった。悪徳警察官も意外といいヤツっぽい側面があるし、煙たい歌姫がテッキとキュータの資質を比較するのも面白い。

本書が普通の作品と少し違うのは、主人公の二人がまっとうな仕事をしながらも、裏の世界のきわどい部分に半歩ほど入っていて、ありふれた捜査をしないこと。金と引き換えに情報を引き出したり、時には暴力を振るう。しかし、二人の陽気さ、特にキュータのはじけっぷりがあるので、あまりダークさを感じずに読むことができる。この部分がパートタイム探偵でありながら、ハードボイルドなのだ。

それに二人の会話が博多弁というのがめずらしかった。「~ったい」「~やろうもん」「~じゃと」という聞きなれない言葉が、温かみがあってテンポがあってかなり新鮮だった。福岡の方が読むと、大阪弁の作品を大阪人が読む感覚と同じなんだろうか。どんな風に感じるのかちょいと興味があるね。

ラストは続編を望めないような終わり方ではあるが、こういう終わり方は嫌いではなかった。切なさがあって、二人の絆が見え隠れしていて、こんなのもありかなと思う。たぶん少数意見だろうけど。馴染みのない博多ですが、違和感を感じさせない描写は、さすが北森鴻と言える。異色の作品で少し雑だけど面白く読めました。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

北森鴻
トラックバック(2)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

おはようございます。

北森さん、面白いですか?
私は、北森さんの作品って読んだことがないんですけど、
すごくはまっている本好きさんがいて、
以前から気にはなっていたんです。
何となく、「身近な謎解き」が自分も好きそうな気がして。

何か最初に読むのにお薦めがあったら、教えてくださーい。よろしくです。

えびすけ:2008/01/15(火) 09:43 | URL | [編集]

えびすけさん、こんばんは。
「狐罠」で始まる、骨董の贋作をあつかった冬狐堂シリーズ。
「凶笑面」で始まる、民族学ミステリーの蓮丈那智シリーズ。
「花の下にて春死なむ」で始まる、人間ドラマの香菜里屋シリーズ。
これら三シリーズが代表作です。

身近な謎解きは意外と少ないかもです。
あっ、料理ミステリの「メイン・ディッシュ」は読みやすいか。

公式サイトがあるので、参考にしてみて♪
http://vote2.ziyu.net/html/rain98.html

しんちゃん:2008/01/15(火) 19:58 | URL | [編集]

紹介してくださってありがとうございました~♪
テッキとキュータ以外の同情人物も個性的で、魅力がありました。そして、何といっても博多弁。耳に馴染んだ言葉がたくさん出てきて、とっても楽しかったです。
北森さんの作品、初だったんですが、これを機にいろいろ読んでみようと思います。

エビノート:2008/01/26(土) 19:51 | URL | [編集]

エビノートさん
喜んでもらえて良かった~!
北森的には異色だけど、お薦めのかいがあったと、ほっ。

しんちゃん:2008/01/26(土) 22:57 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

親不孝通りディテクティブ 〔北森 鴻〕


親不孝通りディテクティブ (講談社文庫)北森 鴻 講談社 2006-08-12売り上げランキング : 49830おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ タクシー強盗と、港の火事、そしてスーパーの警報騒ぎ、同時に起こった事件の意外な関連とは…。 中洲の屋台でバー...

2008/01/26(土) 19:43 | まったり読書日記

「親不孝通りディテクティブ」 北森鴻


お薦め度:☆☆☆+α / 2006年8月25日読了

2009/01/14(水) 18:35 | 仙丈亭日乘

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。