--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.16

「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

大事な話がある、おまえのことに関する重要なことだ。青柳雅春は、旧友の森田森吾に呼び出されていた。そしてこう告げられた。おまえは狙われていたんだ。痴漢に間違えられたことも、宅配ドライバー時代に受けた嫌がらせも、おまえの評判を悪くさせるために仕組まれていた。おまえは陥られている。今もその最中だ。たぶん、金田はパレード中に暗殺される。おまえは逃げろ。

国民投票による首相公選制が敷かれ、監視社会化が進んだ架空の日本。半年前に野党から初めて首相に選ばれた金田のパレードが、地元仙台市街地で行われた。順調に進行していると思われたその時、ラジコンヘリコプターが出現した。ビルの上空から降下してきたラジコンは、金田首相の乗るオープンカーに近づき、爆発を起こした。

街では多くの人間が右往左往し、声を上げ、騒いでいるのが伝わる。緊急車両のサイレンの音も近づいてくる。視線を上にやると、煙も見えた。爆発。そこに現れた警察官が発砲してきた。これはおかしい。普通じゃない。青柳雅春は地面を蹴り、逃げた。首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、巨大な陰謀から逃げ切ることができるのか。

首相が衆人環境の中で暗殺される第一部。入院患者が無責任に事件報道を観る第二部。二十年後のあるライターが暗殺事件を検証する第三部。そして濡れ衣を着せられた青柳雅春が逃走劇を繰り広げる第四部。最後にエピローグである第五部という構成。ガッツリ500ページの大長編で、これがすごい超大作だった。

大学時代のサークル仲間だった、青柳雅春、森田森吾、樋口晴子、カズの四人。ストーリーは彼らの過去と現在が交錯して展開していく。そしてメインは青柳雅春の逃走劇だが、テレビから流れる青柳についての情報が、いかに根拠がないか、現実と離れているのか、それを実感した樋口晴子は、娘の七海を連れて独自に動く。

主人公は大きな陰謀によって逃げることになるのだが、その逃げ方というか逃げさせ方が上手いと思った。宅配便の運転手だった頃に知ったあらゆる知識や習慣を駆使して逃げていく。詳しくは書かないが、伊坂の複線のばら撒きとそれを生かした効果は、抜群に断トツに上手い。その効果が現れるたびに、読者はむむむっと唸らされる。それに人物の使い方もすごい飛び技を使ってくる。この辺りは、初期作品の「ラッシュライフ」にも見えていたが。

すごく好きな作品の場合、自分には二つのパターンがある。猛烈に愛情を込めて書き殴るか、多くを語らずにとにかく読めと薦める。この作品に関してはあまり書きたくない、というか、変に余分な情報を知るのはよして、とにかく読んでおくれと言いたい。

息が詰まる緊迫感、誰も信じることが出来ない孤独感、無実を信じる数少ない温かな魅力ある人物たち、そしてとても怖い情報操作。青春物語という側面もあって、追われるスリルもあって、とにかく読み応えがある、最高のエンターテイメント作品でした。お薦め!

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊坂幸太郎
トラックバック(30)  コメント(40) 

Next |  Back

comments

読み応えがありましたね~
がっつり長編を読みたい!と思ってた私には
質量ともに、大満足の内容でした♪
次は『魔王』の続編ですね~こちらも楽しみです♪

エビノート:2008/01/16(水) 21:10 | URL | [編集]

これは、絶対に読もうと思います。
チェック、チェック~♪

まる:2008/01/16(水) 23:09 | URL | [編集]

エビノートさん
がっつりでしたね~。
質量とも、複線とも、大満足でした。
「魔王」の続編もめっちゃ楽しみっすね!

しんちゃん:2008/01/16(水) 23:47 | URL | [編集]

まるさん
警察もの好きのまるさんですが、警察が嫌いになるかも。
でも読んだらそんなの関係なしっす。
これはすごいですぞよ!チェックしまくりかも。

しんちゃん:2008/01/16(水) 23:54 | URL | [編集]

伊坂さんらしいエンターテインメント作品、
隅から隅まで飽きずに読めて
十二分に堪能しました。

藍色:2008/01/17(木) 02:37 | URL | [編集]

藍色さん
ボリュームのあるエンタメでしたね。
それでいて細かいとこまでしっかりしている。
今は満腹だけど、すぐに空腹になりますよね。

しんちゃん:2008/01/17(木) 11:58 | URL | [編集]

長さが気にならないというか、読み始めたらそういうことが吹き飛んじゃう面白さでした。そこに繋がるのかって、今回も驚きと快感がたまりませんでした。

たまねぎ:2008/01/18(金) 01:48 | URL | [編集]

こんにちは。
すごくおもしろい作品で、一気に読みました。
青柳が逃げるところは、ハラハラドキドキ。
伏線も構成もよくできてると思いました。
最後の樋口親子とのやりとりも良かったですね。

mint:2008/01/18(金) 11:25 | URL | [編集]

たまねぎさん
長さが気になりませんでしたね。
と言いつつ、読むのに二日かかりましたが。
ラストのあれ良かったですよね。痴漢のヤツ。

しんちゃん:2008/01/18(金) 19:23 | URL | [編集]

mintさん、こんばんは。
逃げる疾走感、たまらないっす。
伏線も構成もお見事。ほんとやってくれる。
愛すべきオヤジに答える息子、じーんときましたね。

しんちゃん:2008/01/18(金) 19:26 | URL | [編集]

いやぁ~最後はグッときました。
「たいへんよくできました」
まさにこの言葉を伊坂氏に捧げたい。
さすが、です。

す〜さん:2008/01/21(月) 21:46 | URL | [編集]

す〜さん
たいへんよくできました、というハンコを押します。
できれば、もっとたいへんよくできました、をあげたい。
すっごい作品でしたね!

しんちゃん:2008/01/21(月) 23:11 | URL | [編集]

こんにちは。
久々に伊坂さんのを読みました。
やっぱり好きです。
最後がまた泣かせますね・・・。よかった !!

percy:2008/01/24(木) 10:02 | URL | [編集]

percyさん、こんにちは。
ボリュームがあってガッツリでしたね。
痴漢は死ね、にぐっときました。よかった!!

しんちゃん:2008/01/24(木) 12:07 | URL | [編集]

こんばんは。
「痴漢は死ね」も「だと思った」もぐっと来ました。
やっぱり伊坂さんはすごいです。

なな:2008/01/26(土) 21:09 | URL | [編集]

ななさん、こんばんは。
その言葉にはぐっときましたね。
上手いとすごいしか言葉がでてこないっす。

しんちゃん:2008/01/26(土) 23:01 | URL | [編集]

>とにかく読んでおくれと言いたい。
まったくその通りです。読む前の人になるべく内容を知らさないでブログ書いたら、忘れた頃に自分で読み返してもさっぱりな文章になりました--;

途中に出てくる協力者Kを主人公にしたスピンオフ小説があってもおもしろいかなと思いました。どう思います?

まみみ:2008/02/02(土) 09:12 | URL | [編集]

まみみさん
出す情報量を限定するとぐだぐだになるよね。
だから、自分でさっぱりにならないように、少し書きすぎにしてます。
ネタバレはもちろん気遣って。

>どう思います?
伊坂よ、面白いと思うことはすべて書いてくれ!
ずっとこのスタンスです。これって待ちの悟りかも。

しんちゃん:2008/02/02(土) 12:53 | URL | [編集]

しんちゃん☆こんばんは
やっぱり伊坂作品はサイコーですね!
青柳くんの事を心から信じているお父さんとお母さんがステキでした。
次は魔王の続編ですね、これも楽しみです。e-68

Roko:2008/02/03(日) 00:34 | URL | [編集]

Rokoさん、こんにちは。
ほんとサイコーでした。
複線の生かしかたにシビレました。
次は夏ですね。楽しみ~。

しんちゃん:2008/02/03(日) 12:30 | URL | [編集]

こんばんわ。
いや~すごかったですね。噂にたがわず面白かった!
緻密な伏線は「見事!」の一言ですね。
さりげない名言も、たまらないですね。
「あの言葉がここで、また」というのが、とても好きでした。

ia.:2008/02/09(土) 00:15 | URL | [編集]

ia.さん、こんにちは。
もうこの人は天才としか言いようがない。
上手い、と何度膝を叩いたことか。
さっさと賞をあげればいいのにね。

しんちゃん:2008/02/09(土) 12:27 | URL | [編集]

伊坂さんには、唸らされますねぇ。
どころどころに絶妙に配置された「信頼」のしるしに
泣かされっぱなしでした。
あのさりげなさにぐっときます。

どこを切り取っても別の一冊になりそうな気がします。

ふらっと:2008/03/05(水) 06:43 | URL | [編集]

ふらっとさん
信頼のしるしとは上手いこと言いましたね。
確かに上手いなと思いながらわくわくでした。
これを複線と言っちゃ味気ないっすね。

しんちゃん:2008/03/05(水) 11:40 | URL | [編集]

とてもおもしろかったです。
逃亡している時、助けてくれる人たちが暖かくて、人のつながりを描いているところがいいです。

花:2008/03/14(金) 22:20 | URL | [編集]

花さん
主人公の日頃の行いの良さが生きていましたね。。
自分が追われた場合、誰が助けてくれるやら…。

しんちゃん:2008/03/15(土) 19:26 | URL | [編集]

ようやく順番が回ってきて読めました。
本当に伊坂さんの綿密な構成にはいつも唸らされます。
登場人物たちもカッコいいんですよね~
「ラッシュライフ」を思い出すテイストで、文句なしで楽しめました。
「魔王」の続編が出るんですか?(まだ出てないですよね?)
うわ~楽しみです♪

EKKO:2008/03/16(日) 10:19 | URL | [編集]

EKKOさん
構成の妙がきらきら輝いていましたね。
「ラッシュライフ」と「魔王」がドッキングだと思いました。
その「魔王」の続編は夏だそうです。楽しみっすね。

しんちゃん:2008/03/16(日) 19:14 | URL | [編集]

これ、ほんとおもしろかったです。
>とにかく読んでおくれ。
そのとおりです。ボリュームがあるのに無駄なところは全然ないし、ハラハラしたり胸を熱くしたり、あんなフレーズで涙したり・・。
早く文庫になってほしいものです。

june:2008/04/14(月) 11:48 | URL | [編集]

juneさん
ほんとに無駄なところは全然なしでしたね。
500ページをがっつり読ませてくれました。
文庫化で文章を削る伊坂ですが、どこを削るんだろう。
これで今年こそあの賞を、ですよね。

しんちゃん:2008/04/14(月) 12:27 | URL | [編集]

こんばんは~♪
これは読者をひきつけるパワーがものすごくある本でしたよね。
遅読の私がず~っと読み続けてしまったもの(笑)
こんな成り行きだからハッピーエンドとはいかないんだろうなぁと思ったもののラストにうるっとくる部分もあったりして憎い演出だよなぁと思っちゃいました。わかってくれる人にはちゃんと存在を伝える事ができてよかったですよね♪
実はまだ『魔王』読んでいないんですよねぇ・・・難しそうな気がして手が伸びません・・・(汗)そんなことないのかな??

板栗香:2008/04/21(月) 21:13 | URL | [編集]

「痴漢は死ね」を読んで、お父さんが警察に気付かれないように平静を装うところなんて、嬉しくてジーン。
「大変よくできました」なんて、何度も何度も読み返しちゃいました。
すっごいな~、よく書ききれましたよね。さすがプロ!

じゃじゃまま:2008/04/22(火) 18:05 | URL | [編集]

板栗香さん、こんばんは。
かなりのページ数だけど1日で読んじゃいました。
至るところまで細やかでそれでいて大胆。すごいっすね。
ラストも味わい深くて憎い演出でしたね。
「魔王」は異色作でした。簡単にいうと社会への戦いかな。
この夏に続編が出るので、今が読み頃といえますね。

しんちゃん:2008/04/22(火) 19:48 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
ラストのあの親子のやり取りは痺れますよね。
複線のこんな遣い方は初めて読んだかも。
これには何度も読み返してニヤリっすよー。

しんちゃん:2008/04/22(火) 19:51 | URL | [編集]

こんばんは!
ガッツリ長くて、構成も伏線も緻密、さらにそこからホロっとくるエピソードを展開されては堪りません。すっかり作品としての面白さ堪能しました。


雪芽:2008/05/08(木) 21:54 | URL | [編集]

雪芽さん、こんにちは。
これはガッツリでしたね。内容も細工も大満足でした。
こんな伊坂作品をまた読みたいです。
あとは、これで今度こそ受賞なるかですよね。

しんちゃん:2008/05/09(金) 12:08 | URL | [編集]

こんばんは。面白かったですね~。
久々の伊坂さんの長編、期待通りに楽しませていただきました。伏線の張り方も見事だし、結構ぐっとくる言葉も沢山描かれていて、その辺もさすが伊坂さん!という感じでした。
20年後を描いた章は、読み終わった後に再読。本当上手さが光った作品でしたね。

masako:2008/06/07(土) 23:12 | URL | [編集]

masakoさん
中身も盛りだくさんで、構成も素晴らしくて、文句なくおもしろかったです。
ほんと上手さがきらりと輝いていました。
これでいい加減に賞をあげてくれ、という作品でしたね。

しんちゃん:2008/06/08(日) 11:47 | URL | [編集]

こんばんわ。過去記事に失礼いたします。
今、映画化されていますよね。
見ようか悩んでいます。ご覧になりましたか?
原作を読んだ方が見ても、とても忠実に再現されているらしく、好評だそうです。
逃がせ方が上手いっていうのは分かります。
仲間の援護や警察との駆け引き、上手いですよね。
まさにエンターテイメント作品だと思いました。

苗坊:2010/02/15(月) 00:44 | URL | [編集]

苗坊さん、こんにちは。
随分前に「陽気なギャング」の映画を観ました。劇場ではなくDVDを買ってです。
これは金返せって感じの代物でした。
でもこの映画はちょっと良さそうに思います。
映像化って別ものだから怖いですね^^;

しんちゃん:2010/02/16(火) 12:21 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

◎◎「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎 新潮社 1680円 2007/11


 先日『サニサイドエッグ』荻原浩を読んだときに・・・    最初で大予言。本書『サニーサイドエッグ』荻原浩は、第138回直木賞を受賞するとともに、映画化されます。そのときには、さすが、聖月様と賞賛されるであろうことも予言しておこう。  ・・・と書いたが

2008/01/16(水) 12:52 | 「本のことども」by聖月

伊坂幸太郎のことども


  ◎ 『オーデュボンの祈り』 ◎◎ 『ラッシュライフ』 ◎◎ 『重力ピエロ』   ◎ 『陽気なギャングが地球を回す』   ○ 『アヒルと鴨のコインロッカー』   ○ 『チルドレン』 ◎◎ 『グラスホッパー』   ○ 『死神の精度』 ◎◎ 『魔王』 ◎◎ 

2008/01/16(水) 12:52 | 「本のことども」by聖月

伊坂幸太郎【ゴールデンスランバー】


仙台の市街地で凱旋パレード中の金田首相が暗殺された。まもなく警察は容疑者を割り出し、マスコミを通じて公表した。 一介の市民にすぎな...

2008/01/16(水) 13:17 | ぱんどらの本箱

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎


装幀写真は三谷龍二。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。 首相暗殺の濡れ衣を着せられた青柳雅春の逃亡劇。手に汗握って読みました。始めにマスコミの報道で犯人と思わされ二十年後の検証を経て、リアルタイムに事件を描き「真

2008/01/16(水) 16:57 | 粋な提案

ゴールデンスランバー 〔伊坂 幸太郎〕


ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎 新潮社 2007-11-29売り上げランキング : 29おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。 昔...

2008/01/16(水) 21:07 | まったり読書日記

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』


俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている?

2008/01/17(木) 20:13 | 待ち合わせは本屋さんで

ゴールデンスランバー  伊坂幸太郎


伊坂さんの集大成、最高傑作、そんな言葉を至る所で目にしていたんだけど、本当にその通りでした。やったね伊坂さんって感じです。新潮社のこのカバーに、視点が変わる毎に現れる登場人物のシルエット。それだけで初期の『オーデュボンの祈り』や『ラッシュライフ』を思い...

2008/01/17(木) 23:49 | 今更なんですがの本の話

『ゴールデンスランバー』


今日読んだ本は、伊坂幸太郎さんの『ゴールデンスランバー』です。

2008/01/18(金) 11:22 | いつか どこかで

ゴールデンスランバー   ~伊坂 幸太郎~


いいっすね~、この作品。 ケネディー大統領暗殺事件を髣髴とさせる首相暗殺。 その犯人に仕立てられた青柳。 いったい誰が何のために首相を暗殺し、 青柳に濡れ衣を着せたのか。 その真相は? 青柳が逃げる2

2008/01/21(月) 21:45 | My Favorite Books

『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎


『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎 ゴールデンスランバー(2007/11/29)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操...

2008/01/25(金) 12:50 | バンザイ!(^^)!

「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎


ゴールデンスランバー 伊坂 幸太郎 JUGEMテーマ:読書 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。折しも現れた警官は、あっさりと拳銃を発砲し...

2008/01/26(土) 21:09 | ナナメモ

ゴールデンスランバー-伊坂 幸太郎


ゴールデンスランバー(2007/11/29)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 金田首相が仙台市内でパレード中に、ラジコンヘリに搭載された爆弾によって暗殺さ...

2008/01/27(日) 23:10 | 趣味は読書(自称)

『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎


ゴールデンスランバー 伊坂 幸太郎 2007/11/30発行 新潮社 P.503 ¥1,680 ★★★★★ 「思えば俺たちってさ、ぼうっとしている間に、法律を作られて、税金だとか医療の制度を変えられて、そのうちどこかと戦争よ、って流れになっていても反抗

2008/01/30(水) 22:42 | ほんだらけ

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎


ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎 (2007/11/29)新潮社この商品の詳細を見る <おまえ、オズワルドにされるぞ。伊坂幸太郎の最高傑作登場!> わたしの中の伊坂幸太郎ベストは『アヒルと鴨のコインロッカー』だったのですが、

2008/02/04(月) 20:16 | それでも本を読む

ゴールデンスランバー


著者:伊坂 幸太郎 出版社:新潮社 紹介文: やっと読みました! 話題作だけあって、読み始めると息もつかずに一気読みです。 国家的な陰謀により、首相暗殺事件の犯人として濡れ衣を着せられ逃亡する主人公、という壮大なスケールの物語。 神がかり的な物語なの

2008/02/08(金) 23:56 | どくしょ。るーむ。

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎


故郷の地で、パレード中に首相が暗殺されるという事件が発生。濡れ衣を着せられた男が、必死の逃亡を目論む長編。 現在と過去を交差させながら、容疑者として扱われた男の真実と虚像が巧く描き出されていた。 メディアと、それに躍らされる世論に対する作者のふつふつと...

2008/02/18(月) 14:20 | かみさまの贈りもの~読書日記~

ゴールデン・スランバー*伊坂幸太郎


ゴールデンスランバー(2007/11/29)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ド...

2008/03/05(水) 06:44 | +++ こんな一冊 +++

本「ゴールデンスランバー 」


ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎  新潮社 2007年11月 金田首相が仙台でパレード中、ラジコン爆弾により暗殺され、青柳雅春が犯人と断定されマスコミで報道される。その日、青柳雅春は、学生の頃の友人森田森吾より大事な話があると呼び出され...

2008/03/14(金) 22:18 | <花>の本と映画の感想

『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎 新潮社


ゴールデンスランバー 俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか?(アマゾン内容説明より) 面白かったです! 息つく暇もないほどたたみかけてくる、ジェットコースター小説。 まさにエン

2008/03/16(日) 10:20 | アン・バランス・ダイアリー

【ゴールデンスランバー】 伊坂幸太郎 著


謀略…  冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力……すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成!! 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促...

2008/04/10(木) 14:50 | じゅずじの旦那

「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎


ゴールデンスランバー すごい!おもしろかったし、私これすごく好きです!まさに伊坂さんの作品の集大成。「重力ピエロ」「魔王」の世界をさらに進めて、それをエンタメにしてしまいました。「魔王」では、しょぼい腹話術で大きなものと闘っていました。「ゴールデンス...

2008/04/14(月) 11:49 | 本のある生活

伊坂幸太郎  ゴールデンスランバー


 ゴールデンスランバー 伊坂 幸太郎 本屋大賞受賞おめでとうございますっ!圧勝でしたね。5年連続ノミネートされてやっとの受賞でした。よかったよかったεー(´ー`*)ホッ 伊坂作品って独特の文体や言い回しがクセになって面白く読める時もあるけれど、私に取っては...

2008/04/21(月) 21:10 | マロンカフェ ~のんびり読書~

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎著。


≪★★★≫ 力作じゃないっすか。JFK暗殺事件と同じようなことが日本でも起こったら、無実の人間が大きな陰謀によって罠に嵌められていく怖さ。JFK暗殺事件と重ねられて、オズワルドはきっと嵌められたんだろうって分かっちゃいるけど、なにか裏の組織の陰謀をプン

2008/04/22(火) 18:01 | じゃじゃままブックレビュー

「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎


   ゴールデンスランバー  伊坂 幸太郎  単行本: 503ページ  新潮社 (2007/11/29) 読んでからすでにひと月以上過ぎての感想となると、いくら面白かった本でも感動の余韻は薄れてくるものだ。このまま書かずにおこうか。奥深く沈めてしまおうか。記憶に...

2008/05/08(木) 21:49 | コンパス・ローズ  compass rose

伊坂幸太郎 『ゴールデンスランバー』


ゴールデンスランバー/伊坂 幸太郎 ¥1,680 Amazon.co.jp 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。折しも現れた警官は、あっさりと拳...

2008/06/07(土) 22:57 | 映画な日々。読書な日々。

「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎著


―内容(「BOOK」データベースより)― 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。訝る青柳に、森田は「おまえは、陥

2008/06/19(木) 23:12 | とにかく読書。

ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/8/2~2008/8/5 [単行本帯より] 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。訝

2008/08/16(土) 14:32 | hibidoku~日々、読書~

ゴールデンスランバー / 伊坂 幸太郎 (新潮社)


読み終わった後、 『2008年本屋大賞第1位!』 という巻末の表紙裏に貼りつけられた(図書館本ですので)帯が目に止まり、 「ほほう」とニヤリとしました。 「本屋大賞第1位ですよ」 「みんなが面白い!と絶賛する伊坂幸太郎氏の本ですよ」 さて、お前はどう思う。...

2009/04/27(月) 23:43 | ひとり読書会

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎


ゴールデンスランバー オススメ! 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。 昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。 訝る青柳に、森田は「おまえは、陥れ...

2010/02/15(月) 00:42 | 苗坊の徒然日記

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』


ゴールデンスランバー (新潮文庫)伊坂 幸太郎新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』を紹介します。文庫化したら読んでみたい作品でしたので、早速読んでみました。まあ、長い作品なので10日以上かけて読んでみました。最初は状況説...

2010/12/31(金) 07:09 | itchy1976の日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。