--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.18

「図書館革命」有川浩

図書館革命図書館革命
(2007/11)
有川 浩

商品詳細を見る

ああ、これで終わってしまうのか、と寂しさを感じている方に朗報です。シリーズスピンアウト「別冊 図書館戦争?」が今年四月に発売決定。しかも、タイトルの最後に数字が付いているということは、?、?と続くということ?? それに、同月にアニメの放送もはじまる。プチ情報はここまで。

敦賀原子力発電所が大規模な襲撃を受け、テロリストが壊滅されたその翌日、実際にカミツレの花を見たことが堂上の興味を強くしたらしく、笠原郁と堂上篤の二人は、カミツレのハーブティーを飲みに街へ出かけることに。郁はクローゼットを開けて大長考状態。何とか納得のコーディネイトになり、化粧も薄化粧で何とか無難にクリア。ふと時計を見ると、「キャ―――――ッ!?」待ち合わせに遅れるギリギリの時間だった。そんな二人の赤面デートの真最中に、緊急事態勃発の連絡が二人の元に。昨日のテロリストが参考にしたのではないかというほど事件に似たストーリー、その作品を描いた作者である当摩蔵人がメディア良化委員会に目を付けられた。そこで当摩先生を基地で匿うことが決まり、堂上班は彼の身辺警護を命じられた。

郁・堂上のバカップル誕生? 手塚・柴崎のキレ者同士の行方は? 小牧・毬江の恋の進展は? と大甘を期待するのだが、これまでと比べて硬い内容が多くを占めていた。図書館の自由というよりも表現の自由、メディア良化委員会が行う検閲を巡って、政治的な戦いを繰り広げてゆく。それも各章で一応完結するという前作までと違って、長編作品になっている本書は、ポンポンッとテンポ良く読む作品ではなく、じっくりと静かな戦いを繰り広げるという感じでストーリーは進行していく。

ですが甘~い部分は健在で、あんな事をしたり、こんな事をしたり、いや~んえっち、なんて事も…。こればかりはお楽しみなので書かないけれど、少しパワーアップしていたような気がする。それに本好きなら食いつきそうな、郁の本の読み方や、堂上、小牧、柴崎、手塚たちがどんな本を読んでいるか書かれていた。これってポイント高いよね。堂上は郁の読み方をバカにしていたけど、自分の読み方は郁に近いかも。

郁たち主要な人物については、これまでに散々と語っているから省くが、やっぱり玄田隊長が渋くてカッコよすぎ。あの無茶っぷりには惚れるな。それに稲峰元司令官の車椅子ってすごくねぇ!? 二台あれば合体しそうなんですけどぉ。これはマズいかな、大阪のおばちゃんも面白かったです。

先にも書いたが、これまでよりも地味な作品だ。でもたま~に出てくるベタ甘にきゅんとなる。そしてラストには…。い、言いたい。でも言えない。こればかりは自分で読んで、おもいっきりニヤリと笑ってください。すごく面白いというわけではありませんでしたが、読者の期待を裏切らない甘さが溢れ、充分堪能させてくれる作品でした。

そして「別冊 図書館戦争?」は楽しみですね~! 電撃文庫マガジン掲載の、緒方副隊長の過去は読みました。他にはどんな人物にスポットが当たるのでしょうね。わくわく。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

有川浩
トラックバック(18)  コメント(45) 

Next |  Back

comments

読者の期待を裏切らない、大満足のラストでしたね~
思いっきり楽しみました♪
私の読み方は、郁そのものです~でも、それでいいのだ♪と開き直ってもいます(笑)
番外編のタイトルは「別冊図書館戦争?」なんですね!
緒方副隊長の過去?これは全くの予想外!
楽しみです~♪

エビノート:2008/01/18(金) 20:47 | URL | [編集]

この甘さが、なんともたまらない本でした。
期待を裏切らないラスト、よかったですよね。

花:2008/01/18(金) 22:32 | URL | [編集]

エビノートさん
ラストはむふふでしたね~!
キャラ読みは同じでしたか(笑)
この読み方って重い作品でも楽ですよね。

読んだ緒方副隊長は、もしもタイムマシンがあったらという話で
あのメンバーが和気藹々と話したあと、緒方副隊長の回想です。
どんな本になるか楽しみですね。

しんちゃん:2008/01/18(金) 23:03 | URL | [編集]

花さん
この甘さが堪んないっすよね~。
ラストのオチは楽しかったですね。

しんちゃん:2008/01/18(金) 23:04 | URL | [編集]

甘いラブロマも、ラストも大満足でした。
そして4月にはスピンオフが読めるのですね!
うれしい~。プチ情報ありがとうございます!

それにしても、私も完全にキャラ読みです。
でも篤さんにならバカにされてもいいです?!

june:2008/01/18(金) 23:22 | URL | [編集]

4月にスピンアウト物?!?!
キャー嬉しいです。
大阪のおばちゃんたち最高でした。
いそうですよね。

なな:2008/01/18(金) 23:57 | URL | [編集]

ベタ甘最高の最終巻でしたね。
シリーズものならではの、
キャラ達の成長の度合いがはっきりわかって、
感慨深かったです。

スピンオフ楽しみです。

藍色:2008/01/19(土) 02:34 | URL | [編集]

こんにちは。
たしかに地味と言えば地味だったですねぇ。でも、糖度は高かったです。この甘さに悶えまくってしまいました^^;
稲嶺指令の車椅子が2台あれば合体・・・には噴出してしまいましたよ!それも面白そう(笑)
4月のスピンオフが楽しみですねー♪

すずな:2008/01/19(土) 10:27 | URL | [編集]

juneさん
ラブロマは最高でしたね。それにラストも。
そしてそう、4月に発売します。
キャラ読みも楽しくていいよねー。

しんちゃん:2008/01/19(土) 12:45 | URL | [編集]

ななさん
キャー、嬉しいの発売ですね。
大阪のおばちゃんたちのノリ
そのまんま確実にいます。

しんちゃん:2008/01/19(土) 12:48 | URL | [編集]

藍色さん
最終巻は冒頭からベタ甘でしたね。
郁は見事に成長しましたね。堂上2号に。
これがすごく笑えました。

しんちゃん:2008/01/19(土) 12:52 | URL | [編集]

すずなさん、こんにちは。
あまり動きがなく地味でしたね。
でも同じく糖度には悶えまくってしまいました。

超合金世代なので、変な発想をしちゃいました(汗)
4月が楽しみですね!その前の「阪急電車」も。

しんちゃん:2008/01/19(土) 12:57 | URL | [編集]

しんちゃん、こんばんは。
プチ情報嬉しいです。4月よ早く来い!
大満足の最終巻でした。
期待を上回るベタ甘ぶりにもうなんといってよいのか。
私も完全にキャラ読み、キャラ萌えです(笑)

雪芽:2008/01/20(日) 21:27 | URL | [編集]

雪芽さん、こんにちはー。
プチ情報お役に立ちましたか。
この本自体がキャラ読みですもんね。
たぶん有川さんもキャラ読みが好きなのかも。
やっぱベタ甘はいい、と思える作品でしたね。

しんちゃん:2008/01/21(月) 11:59 | URL | [編集]

こんにちは♪
私も最近読み終えたばかりです。
いや~、萌えました。
萌えだけでなくユーモアあり、教訓ありな贅沢な作品でしたね。

なんと番外編が出るのですねっc⌒っ*゚ー゚)φ メモメモ...
コミック化、アニメ化ときたら次は映画化もしくはドラマ化でしょうか(笑)

シリーズ完結ということで淋しさを感じていたのですが、
番外編楽しみに、春を待とうと思います。

Rutile:2008/01/21(月) 15:24 | URL | [編集]

Rutileさん、こんばんは。
萌えまくりでハナ息がハーハーしてます。
ラストはニヤリでしたね~♪

春はまだかー!すごく毎日が寒いですね。

しんちゃん:2008/01/21(月) 19:28 | URL | [編集]

しんちゃん こんばんは。
きゃーーー!!スピンアウトだ!!4月ですかっ。
しかも?とかついてるし(笑)
この作品は、ほんとラブラブモード全開でしたね~。
その前に出版される『阪急電車』も楽しみっ。

naru:2008/01/21(月) 20:34 | URL | [編集]

naruさん、こんにちはー。
そう?って何気についてる。ニヤリです。
いっぱいラブがあって楽しかったですね。
阪急電車はなじみないけど、こっちも楽しみ。

しんちゃん:2008/01/22(火) 11:56 | URL | [編集]

こんにちは。
冒頭からベタ甘でしたね。
やられた!と思いながら読みました。
郁の成長もあって、ラストも満足という感じでした。
わ~っ、しかもスピンアウトも出るのね。
jこれは楽しみだわ。

mint:2008/01/22(火) 12:53 | URL | [編集]

mintさん、こんにちは。
甘くてとろけそうでしたね。
にやにやしっぱなしで読みました。
スピンアウトはみんな知らないのかな。
楽しみですね~♪

しんちゃん:2008/01/23(水) 11:22 | URL | [編集]

しんちゃん こんにちは~♪
この本はネタバレしないように感想を書くのが難しいですよね。私はネタバレしちゃいましたけど・・・(^^;ゞ
私も自分の読み方は郁に近いです・・・というかそのものかも?(笑)でもいいんです。楽しければ・・・(笑)
スピンアウト物の発売も楽しみだ~でもその前に『阪急電車』を読まねばっ!アニメ化もされますよね。見てみようかなぁ・・・でもテレビってついつい見そびれちゃうんですよね・・・(^^;ゞ

板栗香:2008/02/11(月) 10:46 | URL | [編集]

板栗香さん、こんばんは。
どうやらキャラ読みは自分だけではなかった。
意外と多いみたいでほっとしました。

ネタバレありで書けばよかったと後悔してます。
言いたいことが言えないってツライっす。

しんちゃん:2008/02/11(月) 20:15 | URL | [編集]

来ますか。スピンアウト来ますか。よっしゃーっ。どんな話がくるんでしょう。
堂上と小牧の出会いとかは読んでみたいし、稲嶺司令の若いころ、日野の悪夢の前の奥さんとの何気ない話も読んでみたい。もちろん本がらみで。
柴崎とのデートで手玉に取られる手塚や何気ない瞬間にみせる柴崎の女の子らしさも捨てがたい。もう想像が膨らんで一人で悶絶しちゃいそうです。早く読みたい。

たまねぎ:2008/02/17(日) 18:55 | URL | [編集]

たまねぎさん
来ますね。スピンアウトが。
むふふ。むはは。うわははっ。
4月が楽しみですね。

しんちゃん:2008/02/17(日) 19:39 | URL | [編集]

 はじめまして。
訳あってまだ内乱と危機しか読んでません。
はやくよみたいよぉ~ってうずうずしてたんですが。
ここ読んだらもっともっと読みたくなりました。
他なんていいからこれをよませろぉ~ってかんじで。
ついでにスピンアウトも。
高いけど買います。全部買って見せます!

キリン:2008/02/26(火) 05:56 | URL | [編集]

キリンさん、はじめまして。
おー!買っちゃいますか。それは勇者さまだ。
すべて借りて読みましたが、未だに見ると欲しくなります。
でもシリーズものなので躊躇してしまう。
文庫化したら…ねっ。

しんちゃん:2008/02/26(火) 12:25 | URL | [編集]

やっぱ全部は止めようかなぁ~。
友達が中2冊買うかもしれないし。
でも買っても顔がニヤケたらこまるので学校では読まないことにします・・・。

キリン:2008/02/27(水) 05:37 | URL | [編集]

キリンさん
アマゾンで検索すると、「図書館戦争」シリーズ 4冊セットがあります。
お値段が¥6,720。無責任に煽っちゃいます。

しんちゃん:2008/02/27(水) 11:09 | URL | [編集]

店に行けなかったらPCで買うつもりですけどね。
そしたら4冊・・・・・・・・・・・買う!きめました。 
PCだったら買います。
店だったら他に読みたいモンがあれば止めるかもしれませんが。

キリン:2008/03/07(金) 22:08 | URL | [編集]

アマゾンで買っちゃいました。
20円だけ親が出してくれるそうですが・・・・・・。
中学生にはかなり痛い出費です・・・・・・・。

キリン:2008/03/10(月) 05:41 | URL | [編集]

キリンさん
すごい。キリンさんは勇気がありますね。
出費は痛いですが、これで「図書館祭り」がいつでもできる。
いいな、いいなー。羨ましいです。

「阪急電車」も面白かったですよ、とぼそっと一言。

しんちゃん:2008/03/10(月) 12:10 | URL | [編集]

今はキツイので図書館で読むか本屋で立ち読みしてみます。
でも「別冊 図書館戦争?」は買えたらいいなってかんじで。
早く届いて早く(友達と?)祭りがしたいです。

キリン:2008/03/11(火) 06:37 | URL | [編集]

しんちゃん、こんばんは!
ああ、終わっちゃったとしみじみ。
でも来月からスピンオフ作品が読める~。楽しみ♪

あ、4冊セット買っちゃいました。有川さんのサインにつられて(笑)
でもこれでいつでも読み返せるわ!

リサ:2008/03/13(木) 21:17 | URL | [編集]

キリンさん
そうですよね。シリーズを揃えたら、スピンオフも揃えたい。
お金のやり繰りをしなくちゃですね。

しんちゃん:2008/03/14(金) 12:06 | URL | [編集]

リサさん、こんにちは。
すごい、あれを買っちゃいましたか。
リサさんにも勇者の称号をあげる(笑)

スピンオフも楽しみですねー。

しんちゃん:2008/03/14(金) 12:10 | URL | [編集]

頑張りまっす。
そういえばキャラ読みってなんですか?

キリン:2008/03/15(土) 06:17 | URL | [編集]

キリンさん
一緒になって怒ったり、一緒にデヘヘと笑ったり
同じところでキュンとなるとか、同じ目線になって読むこと。
キャラクターに感情移入して読むことです。

しんちゃん:2008/03/15(土) 19:33 | URL | [編集]

それ以外の読み方できません。
顔には出しませんが・・。
他にどうやったら読めるんでしょうか・・・?

キリン:2008/03/16(日) 11:15 | URL | [編集]

キリンさん
たしか堂上たちの読み方が書かれていたと思います。
でもその郁タイプの読み方でいいと思いますよ。
単純に読書を楽しめるしね。それに深く読み込む作品でもないし。

しんちゃん:2008/03/16(日) 19:21 | URL | [編集]

大抵というか全部キャラ読みしてますね。
もろ郁です・・・。

キリン:2008/03/17(月) 05:37 | URL | [編集]

キリンさん
楽しく読めるが一番です。楽しめない読書なんてしちゃいけない。
郁のように、どんどん楽しく読んでくださいませ。

キャラ読みできそうな本をいくつか紹介しますね。

「守護天使」上村佑
「マジカル・ドロップス」風野潮
「シンデレラ・ティース」坂木司
「A HAPPY LUCKY MAN」福田栄一
「ラブコメ」松久淳+田中渉

ハズレがないと思う本をチョイスしたつもりです。
図書館でもすぐに借りれそうな本だし。
もし読んだなら感想を聞かせてくださいね。

しんちゃん:2008/03/17(月) 22:46 | URL | [編集]

はい。休みに入ったんでどんどん読めます。
読んだら感想かきこみますね。

キリン:2008/03/19(水) 08:54 | URL | [編集]

キリンさん
春休みは学生の特権ですね。いやー懐かしい。
おもいっきり文学少女の日々を、満喫してください。
感想を待ってますね。作文用紙は三枚です。うそ(笑)

しんちゃん:2008/03/20(木) 12:41 | URL | [編集]

なんと!おまけがあるのですね。うれしい~♪

ラストは・・・
個人的にはエピローグは余計だった気がしています。
せめて、堂上教官?が判ったところでやめておいてほしかったです。

ふらっと:2008/03/30(日) 09:48 | URL | [編集]

ふらっとさん
おまけが今後も続く成り行きみたいですね。これは嬉しいっす。
まあ、これだけ売れたら辞められないっすよね。出版社的には。
おいら的には、ラストはありでした。つうかニヤリでした。

しんちゃん:2008/03/30(日) 23:12 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

図書館革命 〔有川 浩〕


図書館革命有川 浩 メディアワークス 2007-11売り上げランキング : 34おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ あの図書館の鐘を鳴らせ! 年始、原子力発電所を襲った国際テロ。 それが図書隊史上最大の作戦(ザ・ロンゲスト・デイ)の始まりだった――...

2008/01/18(金) 20:43 | まったり読書日記

本「図書館革命」


図書館革命 有川浩 原子力発電所が襲撃を受けるが、その事件に類似した小説『原発危機』の著者である当麻蔵人は良化委員会に狙われる。そこで図書隊が保護することになる・・・・・・・・ 図書館戦争シリーズ第4弾。図書館が、表現の自由を守るために...

2008/01/18(金) 22:31 | <花>の本と映画の感想

「図書館革命」有川浩


図書館革命 待ち焦がれながらも読むのが惜しい・・そんな図書館シリーズの最終巻。とうとう読んじゃいました。 テーマはシリーズの終わりを締めくくるにふさわしい表現の自由、検閲の是非に絞られてシンプルでストレート。革命というだけあって、組織の是非にもせまる...

2008/01/18(金) 23:16 | 本のある生活

「図書館革命」有川浩


図書館革命 有川 浩 JUGEMテーマ:読書 正化34年1月、駿河原発を襲った国際テロ。その原発テロが当麻蔵人が書いた「原発聞き」と全く同じだったことから、メディア良化委員が当麻の身柄を確保しようと動き出した。ついにメディア良化法が最大の禁忌に手をかける!...

2008/01/18(金) 23:57 | ナナメモ

図書館革命 有川浩


イラストは徒花スクモ。書き下ろし。『図書館戦争』シリーズ第4弾完結巻。原発襲撃テロから作家を狙うメディア良化委員会。司法対決も描きながら今回の任務は要人警護。過去の事件の後日談もさりげなく織り込まれ、「無関心」 「善意の

2008/01/19(土) 02:35 | 粋な提案

「図書館革命」を読む


本ブログ、勝手に推奨作家である有川浩さんの新作ですよ。図書館シリーズ完結編、「図書館革命」読みました。とうとう、終わっちゃいましたね。出版される前は楽しみでしたが、読み終わった今となっては、なんか寂しい感じ。シリーズ物が終わると、いつもこんな感じですよ...

2008/01/20(日) 01:41 | 怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】

「図書館革命」 有川 浩


 図書館革命  有川 浩  メディアワークス (2007/11/7)  単行本: 333ページ 走り出したらもう止まらない、誰にも止められない! 図書館の未来、本を読む自由という重い使命を担って、無事ゴールへ駆け込めるのか笠原郁!?ハイスピードで山あり谷ありな...

2008/01/20(日) 21:22 | コンパス・ローズ  compass rose

【図書館革命】 有川浩 著


正化三十四年、一月―― 福井県は敦賀原子力発電所が深夜、大規模な襲撃を受けたのである。 おぉ、いきなりヘビーな始まりかよ [:冷や汗:] 年始、原子力発電所を襲った国際テロ。 それが図書隊史上最大の作戦(ザ・ロンゲスト・デイ)の始まりだった―― ついにメ...

2008/01/21(月) 14:18 | じゅずじの旦那

『図書館革命』有川浩


シェアブログ1152に投稿 しょっぱなから萌え――――――!!!!!!!! キタ━━(━(━(-( ( (゚∀゚) ) )-)━)━) ━━ !!!!! うっわー、恥ずかしい!!く...

2008/01/21(月) 15:20 | 栞のさんぽみち

有川浩『図書館革命』


「泣くな。笑えよ。ここからお前一人で警護するんだ、しっかりしろ」

2008/01/21(月) 20:57 | 待ち合わせは本屋さんで

『図書館革命』


今日読んだ本は、有川浩さんの『図書館革命』です。

2008/01/22(火) 12:49 | いつか どこかで

有川浩  図書館革命


図書館革命 有川 浩 前の3作はわりと間をあけずに読んだので、すっかりはまってしまってたんですが、この本を読むのに少し間があいてしまって・・・プロローグの原発事故で、えぇっ??となってしまって、前の感覚が取り戻せるか不安になってしまったんですが、本編

2008/02/11(月) 10:49 | マロンカフェ ~のんびり読書~

図書館革命  有川浩


とうとう読んでしまいました。ちょっと気になることがあって『クジラの彼』を手に取ったら、やっぱ面白えーとなり、思わず最後まで読んでしまったのですよ。しかし再読ていう事もあって、これじゃあ満足できん、ギブミー有川!ワンモア有川!と心が雄叫びを上げ、シリーズ...

2008/02/17(日) 17:57 | 今更なんですがの本の話

図書館革命/有川浩


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/2/17~2008/2/18 [メディアワークスHPより] あの図書館の鐘を鳴らせ!  年始、原子力発電所を襲った国際テロ。  それが図書隊史上最大の作戦(ザ・ロンゲスト・デイ)の始まりだった――  ついにメディア良化法が最大の禁...

2008/02/24(日) 11:26 | hibidoku~日々、読書~

(書評)図書館革命


著者:有川浩 図書館革命(2007/11)有川 浩商品詳細を見る 公休日、堂上と二人で買い物に来ていた郁へ帰還命令が下る。図書基地へ戻った二人...

2008/02/28(木) 19:56 | 新・たこの感想文

図書館革命<有川浩>-(本:2008年34冊目)-


図書館革命 出版社: メディアワークス (2007/11) ISBN-10: 4840240221 評価:80点 図書館シリーズ第4弾。 さすがにちょっと飽きてきた感じもあったが、最後までそれぞれのキャラはしっかりとたっており、おなじみベタ甘ロマンスも読者の希望に沿うようにしっか

2008/03/01(土) 17:32 | デコ親父はいつも減量中

『図書館革命』有川浩


図書館革命 有川浩/メディアワークス 「メディア良化法」が成立・施行され、超法規的検閲に対抗するため、図書隊が「狩られる本」を守っている現代。ある日、敦賀原子力発電所が深夜に大規模な襲撃を受けた…。図書館戦争シリーズの完結編。 ああ、残すところあと1冊。こ...

2008/03/13(木) 21:13 | ひなたでゆるり

図書館革命*有川浩


図書館革命(2007/11)有川 浩商品詳細を見る 年始、原子力発電所を襲った国際テロ。それが図書隊史上最大の作戦の始まりだった。遂にメディア良...

2008/03/30(日) 09:49 | +++ こんな一冊 +++

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。