--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.23

「ミタカくんと私」銀色夏生

ミタカくんと私 (新潮文庫)ミタカくんと私 (新潮文庫)
(2000/06)
銀色 夏生

商品詳細を見る

本棚整理をしている途中、この本と目が合った。あるわけないが、ムズムズしたので再読することにした。前からイチオシの本なので、再プッシュをしてみよう。再読です。

一見とっつきにくいけど、顔がいいから女の子にモテる。幼稚園から一緒だったという理由で、いろいろな人にミタカ君のことを聞かれたりもする。人前で無口なところは特だ。口は悪い。私の家に、ミタカ君は日常的にいついている。うちはママと中学生の弟ミサオ、恋人ができてパパは家出中。だからいつも四人で、ごはんを食べたり、テレビを見たり。

ナミコはなぜヒマなんだろうと思い、カッコいい男の人と出会いたいと夢見る。そして、バイト先でかわいい瞳ちゃんとなかよくなり、その妹のすごく前向きなハナちゃんとも知り合う。日々は平和に過ぎていき、これからも続いていく。ナミコとミタカのつれづれの日常小説です。

とにかく可愛いの。ナミコも、ミタカ君も、ママも、ミサオも、瞳ちゃんも、ハナちゃんも、文章も、本文イラストも、ぜえ~~んぶ可愛いの。のほほんとして、微笑ましくて、幸せな気分になれます。

あれこれいいません。めっちゃお薦めです。お値段も380円と安い。買っちゃって下さい。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

この話いいですよねえ。わたしも大好きです。
新潮文庫夏の100冊の中から何気なく手にしたんですが、もう何度繰り返し読んだことか……

普通っぽいところがまたいい!こんな日常憧れます。

まみみ:2008/01/26(土) 19:08 | URL | [編集]

まみみさん
この本はすごくいいですよね。
一生の宝物だと思います。

しんちゃん:2008/01/26(土) 22:37 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。