--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.23

「ひょうたんから空」銀色夏生

ひょうたんから空―ミタカシリーズ〈2〉 (新潮文庫)ひょうたんから空―ミタカシリーズ〈2〉 (新潮文庫)
(2002/06)
銀色 夏生

商品詳細を見る

三月。ここは、ナミコの家。小さな庭だが、リビングに面した南向きのぬれ縁の上に何かツル性の植物でも植えようか、と相談していると、家出中のパパがミタカの友達を名乗り帰ってきた。はじめて会った人に話すみたいに話すママ。ソファーにすわってかたまるパパ。「オカーサン、オレ、帰ります」のミタカの言葉に、「お友達も、お気をつけて」と送り出すすママ。それから岡田さん(パパ)は時々やってきて、みんなでひょうたんを作った。「ミタカくんと私」に続く、ナミコとミタカそれと家族のつれづれの日常小説。

ナミコ、ミタカ、ママ、弟のミサオ、友達の瞳ちゃん、瞳ちゃんの妹でミサオのガールフレンドのハナちゃん。そして新たに加わる、パパの岡田さん、瞳ちゃんのボーイフレンドの丸山くん、黒いねこのキキ、体の大きなチヨ、歴史の好きな坂本くん。みんなキュート。

庭に植えたひょうたんの成長と共に家族が再生していく。ただそれだけの、のんびりまったりしたふつうの日常。前作同様にかわいくて温かくて癒される~。

とやかくいいません。お薦めです。こちらもお値段340円と安―い。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

こんばんは☆
私もこのシリーズ大好きです!

>とやかくいいません。お薦めです。
っていうの、すごくよくわかります(´∀`*)

平凡な日常の中にこそ
たくさんの可愛いことや考えさせられることがあるんだなぁ
と思いました。

acco:2008/01/23(水) 21:48 | URL | [編集]

accoさん、こんばんは。
めちゃめちゃ可愛らしい本ですよね。
日常のだらだらに妙に共感できて、プラスαがある。
これは手元にずーっと置いていたい本です。

しんちゃん:2008/01/23(水) 23:44 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。