--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.24

「世界が終わる夜に奏でられる音楽」楡井亜木子

世界が終わる夜に奏でられる音楽世界が終わる夜に奏でられる音楽
(2007/12)
楡井 亜木子

商品詳細を見る

また振られた。どうして?わけわかんない。最初のうちは有頂天なくせに、しばらくすると相手は必ずこう言うのだ。莉絵にはもう、ついていけない。だらしなさすぎる。私程度の女を持て余すなんて、この先ろくな人生じゃない。そんな気が強く恋人と長続きしない大学生の倉田莉絵の前に現れたのは、背が高く綺麗な目をした無口な男の子、谷耕太。中学二年生だった。

同じマンションに住む文子さんのところに遊びに行くと、彼がいた。親がいなくていまどき着る服に不自由な子供。それが突然二人で住むことになった。文子さんが仙台に引っ越すことになり、いちおう伯母さんのところに耕太はいるが、あれは育児放棄と言うより虐待ってやつだ。文子さんとの友情に答えるために、莉絵はあっさり同居を引き受けた。これからは私が、あんたを守ってあげる。いい男にしてあげる。ゆっくりと莉絵との暮らしに馴染んでいく耕太と、それを保護者の目で見守る莉絵。新しい愛のカタチの物語です。

いい。すんげえいい。大人たちから犬並の仕打ちを受け、かしこい犬みたいにしなくちゃ売られる、と思うに至った人格を形成してしまった耕太。弱々しく怯えた声、警戒心が強く人の温かさ優しさを知らずに育った耕太。一方、最初はかわいそうなひとりぼっちの男の子の面倒を見てあげなくちゃ、と気負っていたけど、耕太を預かっていた伯母で成金のくそばばあを見返してやる、よく泣く少年に物事や世間を教えていくうちに、たまにドキッとする質問をされ、答えることが出来ずに焦る日々。ある日、ふと振り返ればいろいろと自分も教えられていたと気付く莉絵。

莉絵はもちろん耕太を守ってあげたいと思い、耕太も男の子なら女性を守らなくちゃと思っている。他人の二人がお互いに思う気持ちが、すごく読者に伝わってきました。それに莉絵のバイト先の仲間がとてもいい人ばかり。莉絵のことを大切な仲間として接し、莉絵から聞いた耕太のこともよくわかってくれている。こんな優しさに溢れた職場ならいいな、と思った。

昨年からハマり出した楡井亜木子ですが、気付けば本書で5冊目を読了。この最新刊は特別にきらりと光っていました。ネタバレしたくなかったので、作品内容はあまり書かなかったですが、むちゃくちゃ好きな作品でした。エロさもないし、すごくピュアで、ぜひともお薦めしたい1冊です。読んで損なし。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

楡井亜木子
トラックバック(2)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

むむむ~。これはチェック本だわ!!
面白そう!!

まる:2008/01/27(日) 23:14 | URL | [編集]

まるさん
これはキラキラ光った本でしたよ。
今後の楡井さんにも要ちぇっーく!

しんちゃん:2008/01/28(月) 12:31 | URL | [編集]

これピュアフルのHP見るたびに気になってるんだ。
図書館にはないし、本屋さんにもないし、どうしようかな~って思ってだいぶ経っちゃった。
でもその前に『チューリップ』が待ってる(汗

あさと:2008/01/28(月) 18:54 | URL | [編集]

あさとさん
そういえば書店で見たことない!
なぜ書店は仕入れないんだろう。
ピュアフル文庫は揃ってるのに、不思議。
このままだと絶版になる可能性も…。

まずは「チューリップ」でユーリに出会ってください。
ジャイブで3年後には文庫化するだろうから。たぶん。

しんちゃん:2008/01/28(月) 22:57 | URL | [編集]

>新しい愛のカタチの物語です
たしかにそうなのかもしれないですね。
莉絵が異性として意識するたびに
親のような気持ちでドキドキしちゃって
「そんな風に考えちゃだめ!」って。
どうも入り込めませんでした。
だけど、楡井さんまだ2冊目なので
しんちゃんを追いかけていきます!

なな:2008/04/06(日) 21:08 | URL | [編集]

ななさん
親目線かー。それはなかったな。
さすがママさんってところすかね。
意識するたびに、ダメ!とドキドキはしましたけど。
楡井作品も気づけばあと一冊まで来ちゃいました。

しんちゃん:2008/04/07(月) 13:00 | URL | [編集]

こんばんはー
ようやくこれで楡井さんの本を1冊読めました。
莉絵のバイト先の店長がなかなかいい味を出していたと思います。
どんな過去があったのかな?
仄めかしていますが、気になります。
次はずっと積んでいる「はじまりの空」を読みます。
ただすぐといえないのが弱い所です(泣)。

リベ:2008/05/11(日) 20:10 | URL | [編集]

りべさん、こんにちは。
莉絵のバイト先の仲間は良かったですね。
楡井さんはなんとかコンプしました。
ジャイブのピュア路線と、それ以前の文芸路線。
どちらも楡井さんだけど、その違いに驚きました。
ゆっくりでもいいから、楡井さんを一緒に広めましょう。

しんちゃん:2008/05/12(月) 11:58 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「世界が終わる夜に奏でられる音楽」楡井亜木子


世界が終わる夜に奏でられる音楽 楡井 亜木子 JUGEMテーマ:読書 静岡の洋菓子店の娘・倉田莉絵は東京の大学に入学して一人暮らし。努力家で気が強いところが災いし、恋人になった男の子からはいつも別れを切り出されてばかり。そんな彼女には、同じマンションに住む...

2008/04/06(日) 21:08 | ナナメモ

世界が終わる夜に奏でられる音楽 (楡井亜木子)


(本の内容) 言葉にならない、 言葉じゃ足らない、 それでも、届けたい想い__ 気が強く恋人と長続きしない大学生・倉田莉絵の前に現れたのは、背が高く綺麗な目を した無口な男の子、谷耕太。中学2年生だった。 ...

2008/05/11(日) 20:10 | 今夜も読書を

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。