--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

11.11

「神様がくれた指」佐藤多佳子

神様がくれた指 神様がくれた指
佐藤 多佳子 (2004/08)
新潮社

この商品の詳細を見る

出所したばかりのスリ、辻牧夫。女装の占い師昼間薫。
ひょんな事から昼間の家に居候する事になった辻。
自分をケガさせた少年少女のスリグループを追う辻。
辻の探す少女の1人が、知らずに自分の客になった昼間。
彼ら二人の視線で描かれたお話です。


この本を読んだあとに、解説を読んで唖然とした。
おもいっきりネタバレしてる。 読む前に解説だけは見ないように!!

出所したばかりのスリの牧夫。占い師の昼間。牧夫の幼なじみの咲。
彼らがうさんくさくなくて、むしろ清廉で清々しいのだ。
「しゃべれども」とは全く雰囲気が違うが、魅力ある人物たちが読ませるのだ。

ユーモア小説なのに時にはドキリとさせ、思わぬ展開になっていく。

出てくる少年少女達の悪さには驚いたが、昼間と関わる少女が救い。
ハルという少年スリは、実際に登場してからは魅力が無くなった。
でも現実に居るバカな若者の雰囲気とは一致するのかな。

少年少女スリ団という深刻な内容だが、すっきりと読めたのは良かった。
ただラストの対決は不十分のまま終わってしまう。この終わり方は少し残念。 
なにも善悪をきっちりつけろとは言っていない。
ただ佐藤多佳子さんなら、もう少し余韻の残る終わり方が出来たと思ったのだ。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

佐藤多佳子
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。