--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.29

「わたくし率イン歯ー、または世界」川上未映子

わたくし率イン歯ー、または世界わたくし率イン歯ー、または世界
(2007/07)
川上 未映子

商品詳細を見る

あははっと笑ってごまかすか、なんじゃこりゃーと困惑してみせるか、とにかく変わった作品だ。はっきり言って、どう書いても本書のことを伝える自信がありゃしません。

年齢やら性別やら記録やらとは別に、それらに左右されない、計算とか運動とか法則など、そういうものが体のどこかにある。普通は脳にあるとされるのが常識だが、それが脳では魅力がない。だからわたしは歯にしたい、というか、奥歯に詰まっていることにした。

その歯だけど、わたしは二十五年ものあいだ歯を磨いたことがない。それが原因なのか、虫歯や歯痛などの歯の痛みも知らないし、歯医者も知らないし、治療の経験もない。そこで求人広告を見つけたので、面接を受けて採用されて、歯医者でアルバイトをすることになった。

それがきっかけで、わたしはまだいもしない体内の赤ちゃんへ語りかける日記を書き始めた。職場では見習い医師の三年子(ミネコ)の仕打ちと、噛み合わない戦いを繰り広げ、家では会えない青木についてたくましく妄想を繰り返す。そんな毎日に、わたしが働く歯医者へ青木が治療を受けにやって来たことで、日常が一変する。

簡単に内容を書くとこんな感じの作品なのだが、わたしの語りがねちっこい関西弁で、頭がイッチャっていて、まともなコミュニケーションも皆無で、ある種で哲学的っぽくて、句読点が不規則で、リズムがあるのかないのか不明で、ぶっちゃけて何を言っているのかさっぱり分からない。

だけど青木が歯医者を出たあとからは、なんかよく分からないのだが、わたしの絶叫やそのあとの行動にものすごく勢いあって、ガツンガツンと自分の感性を殴られたような、強烈な迫力があった。これまで信じていたものが砕ける瞬間というか、壊れたわたしがさらに壊れていく刹那が、我が心をブワーンと揺さぶったのだ。

同時収録の「感じる専門家 採用試験」は、すごく詩的だった。昼寝から目覚めた女性が主婦とは何かと自問し、四時になればスーパーへ出かけ、妊婦を見て疑問を投げつける。これもよく分からないが、言葉遊びがすごく面白い。それに音楽を聴くような感じで、まるでメロディが流れているみたい。

本書は分かろうと読むのではなく、曖昧な感覚で読むといいのかもしれない。それでも読み手を選ぶかもしれない。だけど、上手く言葉に出来ない作品だが、こういう感性を刺激する作品は好きだ。分からないなりにも、なんとなく波長が合うのだろう。本書の関西弁が大阪人である自分にすーっと入ってきたのも大きな要因だと思う。

芥川賞受賞でマスコミの登場も増えたが、本書を読んでますます興味が出た作家だ。受賞作を読んでも、たぶんよく分からないだろうが、お気に入りの作家になる予感がした。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

川上未映子
トラックバック(7)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

よく分からん・・・と思いながらも、読まずにはおれない感じのでした。
後半の怒涛の文章とか、癖になっちゃいますね~。

エビノート:2008/01/29(火) 21:29 | URL | [編集]

じつは、
今借りているのであります、コレ★

明日あたりから、読み始めます( ̄▽ ̄)σ


ちゃんと、ブログに感想書けるかなぁ~(ドキドキ)
( ̄∇ ̄;)

つたまる:2008/01/29(火) 22:27 | URL | [編集]

私はこの本を読みながら、昔村上さんが関西弁には関西弁の思考リズムがあって云々と書いていたのを思い出しました。言葉のリズムって不思議です。私からするとポップな感じや勢いが増しているように見えたりしました。

たまねぎ:2008/01/30(水) 01:06 | URL | [編集]

エビノートさん
よく分からん・・・でしたね。でも読めてしまうから不思議。
女性の罵倒からの急降下は気持ち良かったです。
ほんと癖になりそう。

しんちゃん:2008/01/30(水) 11:32 | URL | [編集]

つたまるさん
おっ、どう書くか楽しみに待ってます。
おもいっきり苦労しちゃって下さい。←人が悪い(笑)

しんちゃん:2008/01/30(水) 11:35 | URL | [編集]

たまねぎさん
ほうほう、ポップですか。意外な感想が聞けました。
地の言葉なので、ポップは自分からはでてこないなー。
そっかー。ポップかあ。へー。と関心しまくりです。

しんちゃん:2008/01/30(水) 11:39 | URL | [編集]

しんちゃん、こんにちは!
川上さんの文書って町田康を読んでいるみたいで、ノリノリで読みました。めっちゃ好き!てな具合に(笑)
文章にリズムがあるので、音楽を聴いているような感覚でした。
こう一筋縄でいかない難解さが文学を感じますよね~。

リサ:2008/01/30(水) 11:43 | URL | [編集]

リサさん、こんにちは。
町田さんを柔らかくしたような感じに思いました。
やっぱリズムは感じましたか。
表題作よりあとの作品の方が、リズミカルだと思いました。
一筋縄どころじゃないけど、こういうの好きでした。

しんちゃん:2008/01/30(水) 12:18 | URL | [編集]

読んだー!!
読んだ、読んだー!!

ぜひぜひ、
1回でいいから、
これを入試で出してほしい♪♪♪
はっはっは☆( ̄▽ ̄)σ

つたまる:2008/02/07(木) 23:50 | URL | [編集]

つたまるさん
読まれましたか。はっはっ。
後ほど窺わせてもらいます。

しんちゃん:2008/02/08(金) 12:47 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

わたくし率 イン 歯ー、または世界 〔川上 未映子〕


わたくし率イン歯ー、または世界川上 未映子 講談社 2007-07売り上げランキング : 17677おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ デビューと同時に激しめに絶賛された文筆歌手が魅せまくる、かくも鮮やかな言葉の奔流!リズムの応酬!問いの炸裂! “わ...

2008/01/29(火) 21:21 | まったり読書日記

わたくし率 イン 歯ー、または世界  川上未映子


さて芥川賞候補作から『わたくし率イン歯ー、または世界』です。最初にこのタイトルを目にした時は何のこっちゃいと思ったけど、読んでみると上手く出来てますね、これ。歯とherをかけてるわけか。 それにしてもまあなんとも観念的な小説ですこと。ほおほおなるほどねえ

2008/01/30(水) 00:43 | 今更なんですがの本の話

『わたくし率イン歯ー、または世界』川上未映子


わたくし率イン歯ー、または世界 川上未映子/講談社 デビューと同時に激しめに絶賛された文筆歌手が魅せまくる、かくも鮮やかな言葉の奔流!リズムの応酬!問いの炸裂!“わたし”と“私”と“歯”をめぐる疾風怒濤のなんやかや!とにかく衝撃の、処女作。第137回芥川賞

2008/01/30(水) 11:41 | ひなたでゆるり

「わたくし率 イン 歯ー、または世界」ほとばしる情熱をどどう...


「わたくし率 イン 歯ー、または世界」★★★ 川上未映子著 少し前に読み終えたところに 作者の新作が芥川賞を受賞した。 こうなると、この本も同じ候補に上げられていて、 偉い先生方に純文学の お墨付きをいただいた訳で 感想が書きにくくて躊躇してた...

2008/02/10(日) 22:36 | soramove

「わたくし率イン歯ー、または世界」川上未映子


わたくし率イン歯ー、または世界発売元: 講談社価格: ¥ 1,365発売日: 2007/07売上ランキング: 64280おすすめ度 posted with Socialtunes at 2007/10/18 なんやのんこれは。 なんやわけわからんタイトルの小説が芥川賞候補になった、っちゅうから 私はとりあえず

2008/02/23(土) 23:03 | 本を読む女。改訂版

川上未映子の「わたくし率イン歯―、または世界」を読んだ!


川上未映子の「わたくし率イン歯―、または世界」を読みました。1ヶ月ぐらい前に一度ざっとは読んでいたのですが、昨晩、もう一度読み直してみました。正直言って、最初読んだときはスイスイとは読めませんでしたが、二度目は思っていた以上にスラスラと読めました。「川

2008/04/15(火) 21:27 | とんとん・にっき

『わたくし率イン歯ー、または世界』 川上未映子


『わたくし率イン歯ー、または世界』著:川上未映子デビューと同時に激しめに絶賛された文筆歌手が魅せまくる、かくも鮮やかな言葉の奔流!リズムの応酬!問いの炸裂!“わたし”と“私”と“歯”をめぐる疾風怒濤のなんやかや!芥川賞受賞作家の処女作品ということで読ん...

2008/04/25(金) 20:24 | *モナミ*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。