--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.30

「洗面器の音楽」藤谷治

洗面器の音楽洗面器の音楽
(2007/10)
藤谷 治

商品詳細を見る

「ふたつのピュアハート」という軽薄で凡庸な作品がベストセラーになった。しかし渾身作であったその後の二作品が不評に終わり、残ったのは小説への未練と多少の預金残高だった。私はフトしたことがきっかけで、商店街の奥にある店舗で古書店をオープンした。そして細々ながらも客商売をしていると、この世界には他人というものがあると、判りきっている常識を発見した。その他者との交流を描いた作品を書いてみたいと思い、編集者にデリヘル嬢を紹介してもらい親しくなった。その麻里を題材にした、娼婦が主人公の小説を書いていたある日、渋谷区内のホテルで身元不明の女性が全裸死体で発見された。それはかつて私が情事を重ねた娼婦なのか。私はその女性が連絡の取れなくなった麻里なのではないか、と恐れていた。

これは困った作品だ。作品について伝えるのが非常に難しい。まず第一章で主人公の私と麻里が出会い、第二章で身元不明の女性が全裸死体で発見され、第三章で麻里を題材にして書き上げた原稿を主人公(読者)が読み、第四章で麻里が恐怖していたヤマダという男が現れ独白し、そしてすべての謎が明らかにされぬまま物語は終わる。

ヤマダを名乗る男が語った話や、担当編集者の謎の行動やらが謎のままなので、もやっとしたモノが残った。だけどこれは作者の意図したものだし、この主人公ならこの終わり方もありかなと思う。現実と虚構が入り混じったような不思議な世界で、文学というよりも少し幻想的な匂いがした。

本書を読み終わってみても、作品のどこに中心点があるのかよくわからなかった。主人公の私なのか、行方がわからなくなった麻里なのか、主人公が書いた小説なのか、すべてが混濁していて捉えどころがない。とにかく変わった作品だ。唯一わかるのは、主人公のモデルが藤谷治本人だということぐらいか。

藤谷治氏の作品はすべて読んでいる。「アンダンテ・モッツァレラ・チーズ」のポップでラブな作品や、「恋するたなだ君」の不思議世界の恋愛作品や、「いなかのせんきょ」の講談調でストレートな作品や、「誰にも見えない」の乙女心を深く掘り下げた作品と、作風の幅がすごく広い。そして「いつか棺桶はやってくる」「またたび峠」の《つんつるてんの男》で新境地を開いたが、キャラ読みが大好きな読者にとっては、この新境地の世界を読み解くのがかなり難しい。できれば、以前の作品のように、軽く読める作品に戻って貰えるとありがたい。あくまで個人的な要望だけど。

ごちゃごちゃ書いたが、結局は藤谷治氏のファンだ。これからもずっとファンだ。ただ難しい本を読み込む力のないしょぼい読者なのだ。こういうしょぼいヤツでも絶賛できる作品を、次回作では期待したいのである。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

藤谷治
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

しんちゃんも、困ってますね・・。
ほんと、感想の書きにくい本でした。
だって読み終えた時点も、今も、この小説のことを考えると
頭の中は混沌ですから・・。
私は「アンダンテ~」みたいなのをまた読みたいです。

june:2008/03/16(日) 22:07 | URL | [編集]

juneさん
本のことを伝えたいのですが、読んだ本人がわかっていない。
自分の文を読み返すと、ほんと、あたふたしまくってますねー。
「アンダンテ~」の陽気さが懐かしいっす。

しんちゃん:2008/03/17(月) 19:18 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「洗面器の音楽」藤谷治


洗面器の音楽 藤谷さんの作品を読むのは、まだこれで5冊目なんですが、どれも見事に印象が違います。それぞれ好きだし次はどんなのだろうというのは楽しみでもあるんですが、これはなんとも不思議な作品でした。作品自体よくわからないし、手放しで好きではないんです...

2008/03/16(日) 22:07 | 本のある生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。