--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.15

「恋の休日」藤野千夜

恋の休日 (講談社文庫)恋の休日 (講談社文庫)
(2002/08)
藤野 千夜

商品詳細を見る

「恋の休日」「秘密の熱帯魚」の二編を収録。

中年の化学教師の肩をポンと叩いたら、勝手に階段から転落した。単なる不幸なアクシデントで、そんなつもりはなかった。女子高生のフィンこと山口佐和子は、その出来事がきっかけで高校を退学になった。父は体調を崩し、愛人に看病されている。母親は娘かえり。気弱になった父の進めがあって、山梨の別荘にやって来たフィン。恋人樫山とは大喧嘩の末別れたばかりなのに、その軽薄な元カレはフィンの前に現れた。「恋の休日」

ミサキは漫画家でトモナリユキオは編集者だった。トモナリとは十六ヶ月一緒に暮らした。離婚の理由は誰にも言わなかったが、トモナリには豊満な体格の恋人(男)がいたのだ。そのトモナリの使っていた部屋が空っぽのままになっていたので、アサオカ君の引越し荷物を三週間ほど預かることになった。友人のアサオカ君はマゾ、その彼女のオカザキは女好き。ミサキのアシスタントをするハシモトには暴力彼氏がいる。そのオザキがいなくなり、ハシモトとも連絡が取れなくなった。「秘密の熱帯魚」

二作品とも、状況としてはかなり悲惨だ。高校中退になり家族が崩壊寸前の「恋の休日」はまだまし。離婚して心にポカリと穴があいた上に身近な人が消えてしまう「秘密の熱帯魚」は、このあともっと悲惨なことになる。ところが二作品とも、まったく悲惨さがない。主人公たちが、さらっとしていて、とても無邪気に日常を送っている。しかも、さらにこちらを笑わせもして、とても可愛らしく思えてくるのだ。

各々に問題はあるのだが、両者ともそれについてまったく向き合おうとしない。というよりも、わざと目をそらして、見なかったことにしよう、聞かなかったことにしよう、とドアをパタンと閉じてしまうのだ。だけどこれがドライで冷たい感じではなく、やっぱりちょっと気になる、とドアの向こうに聞き耳を立てているのだが、ドアスコープを覗くまではいかない。これがこの作品の乙な味わいどころだ。

この素材を使えば、ドロドロになって疲れた展開になるはず。それがこんなに愛らしい作品になるなんて、藤野千夜は只者ではない。重くなりがちなお話なのに、軽妙な会話でサクサク読ませ、さらに読後には清涼感さえ残ってしまう。余計な感傷をそぎ落としたところに面白さがあり、淡々とした中に想いが隠された、ピュアな一冊でした。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

おおー!!
『恋の休日』持ってます★

図書館古書祭で、10冊100円で購入( ̄▽ ̄)σ
が、
まだ読んでません。。。( ̄∇ ̄;)


読むどー!!(* ̄∇ ̄*)

つたまる:2008/02/15(金) 12:31 | URL | [編集]

つたまるさん
積んでいないで読んじゃいましょう。
人のことは言えませんが(汗)

しんちゃん:2008/02/16(土) 11:59 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。