--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.18

「夜のピクニック」恩田陸

夜のピクニック夜のピクニック
(2004/07/31)
恩田 陸

商品詳細を見る

夜を徹して八十キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。朝の八時から翌朝の八時まで歩くというこの行事は、夜中に数時間の仮眠を挟んで前半が団体歩行、後半が自由歩行と決められていた。前半は文字通り、クラス毎に歩くのだが、自由歩行は、全校生徒が一斉にスタートし、母校のゴールを目指す。そして、ゴール到着が全校生徒中何番目かという順位がつく。もっとも、順位に命を懸けているのは上位を狙う運動部の生徒だけで、大部分の生徒は歩き通すのが最大の目標であった。

生徒たちは、親しい友人とよもやま話をしたり、想い人への気持ちを打ち明け合ったりして一夜を過ごす。そんななか、貴子は一つの賭けを胸に秘めていた。三年間わだかまった想いを清算するために。今まで誰にも話したことのない、とある秘密。折しも、行事の直前にはアメリカへ転校したかつてのクラスメイトから、奇妙な葉書が舞い込んでいた。去来する思い出、予期せぬ闖入者、積み重なる疲労。気ばかり焦り、何もできないままゴールは迫る。

人気作家である恩田陸が苦手だ。これまでに、「六番目の小夜子」「球形の季節」「月の裏側」「上と外」「図書室の海」を読んだ。「上と外」は冒険ものでわくわく読めたが、それ以外の作品はどこが面白いのかさっぱり分からなかった。しかし、「図書室の海」に収録されていた本書の前日譚である「ピクニックの準備」を読んで、その後の展開は気になっていた。偶然図書館の棚で見つけ、世間での評判がいいみたいだしと理由をこねて、今更だが「夜のピクニック」にチャレンジしてみた。これが面白~いのである。実に困った。恩田陸が苦手な読者としては、褒める言葉を用意していなかった。

ストーリーは、ただ歩きながら友達と他愛もないことを話すだけ。主人公は甲田貴子と西脇融の二人。この二人は実は腹違いのきょうだいで、誰にもそのことを打ち明けないまま、お互いをビンビン意識しあっている。まあ、お互いにどう思っているかは、読めばわかるので省くが、これが読ませてしまうのだ。それと共に、貴子は、前半に梨香、千秋のクラスメイトと歩き、後半は親友の美和子と歩く。融は親友の忍と最後まで歩く。時にはニアミスをする内緒のきょうだい。そこにイレギュラーの内堀亮子や、勘違いしたロックスターの高見光一郎が飛び込んできて、作品を盛り上げる。

ミステリ要素っぽい杏奈のおまじないは、早い段階で想像がついた。しかし、これもベタな感じで中々よろしい。八十キロを歩くなんて無謀なことも、自分なら仮病を装って休んでいただろうけど、成し遂げたことによって一生の思い出になりそう。ただ歩くだけなのに、登場人物が愛おしくなり、風景が目に浮かんできて、彼らの息遣いが伝わってくる。人生の中のほんの一瞬を捉えた良作だと思った。この作品だけは恩田陸のすごさが理解できた。これの続編がでたなら、また恩田陸を読んでもいいかな。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

恩田陸
トラックバック(9)  コメント(18) 

Next |  Back

comments

私も前にこの本を読みました。でも全体的にすごくシンプルなお話だったのであんまり楽しめませんでした。
でもしんちゃんさんの感想読んだら、もう一回読んだら楽しめる気がしてきました。今読んでる「鴨川ホルモー」が読み終わったら読んでみようと思います♪

しろ:2008/02/18(月) 15:17 | URL | [編集]

ふわーーー!!
いま、あたしのブログ確認したら、
あたしの『夜のピクニック』の記事、
2007年2月17日でっしたよ( ̄▽ ̄)σ
しんちゃんと、1年と1日違い!!
(〃∇〃) てれっ☆


この話は、
ほんと青春ですよね★
たぶん、
こんなに同級生と話し続ける日ってないでしょう。

ちなみにね、
映画では、若干ラストが違います。
でも、
その演出がいいんですよ!!
そのシーン見て、
「やられた!!」って思いましたもん。
今でも覚えてますもん(* ̄∇ ̄*)

ぜひぜひ、
しんちゃんにも、
そのシーンを見てほしいです♪

つたまる:2008/02/18(月) 15:26 | URL | [編集]

ごめんちゃい、
トラバが上手くいかないので。。。( ̄∇ ̄;)

本の感想→http://tsutamaru.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_2bb0.html
映画の感想→http://tsutamaru.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_d395.html

つたまる:2008/02/18(月) 15:32 | URL | [編集]

しんちゃん、それは今までのチョイスが悪かったと思います(笑)。ハマる人とハマらない人がいる極端な作品ばかりですから。
恩田作品で「夜ピク」以外で外せないのは「チョコレートコスモス」でしょう。
これは「合わなかった」と言った人はまず見かけません。
個人的に一番好きな恩田作品は「光の帝国」です。

リベ:2008/02/18(月) 19:27 | URL | [編集]

しんちゃん☆こんばんは
恩田作品が苦手とは意外でした。
でも、この作品は◎ですよね。(*^^)v

高校生の頃には何とも思っていなかったことが、何十年か後にきっと大きな思い出になるんだろうなぁ!
母校のイベントをこんな形で作品にした恩田さんの思いがこもっているような作品でしたね。

Roko:2008/02/18(月) 21:23 | URL | [編集]

しろさん
恩田陸の文章の上手さ、情景描写の巧みさ、思春期のあり様などにやられました。
ただ歩くという行事だけで、ここまで読ませるのはすごいと思いました。
でも人気作家でも好き嫌いはあるから。
こればっかりはどうしようもないですよ。好みだから。

しんちゃん:2008/02/18(月) 22:43 | URL | [編集]

つたまるさん
最近TBの相性が悪くなりましたよね。
これはたぶんですがFC2の改良に問題ありかと思います。
いろいろ打診しましたが解決の目途なしです。
アドレスを載せてくれるのには感謝。お手数でごめんね。
改善されるまで、アドレスをお願いできますか。

ラストが違うのですね。それを知って映画を観たいと思いました。

しんちゃん:2008/02/18(月) 22:55 | URL | [編集]

りべさん
これまでのチョイスが悪かったのですかね。
初期の作品しか読んでいませんが、あっちの世界とか、ホラーっぽいのがダメでした。
「六番目」が評価高いので、おいらには無理っと敬遠しました。
読む本がいっぱいありすぎなので、ぽかっと隙間があいたときに読むかも。
「チョコレートコスモス」確かに記憶しました。

しんちゃん:2008/02/18(月) 23:02 | URL | [編集]

Rokoさん、こんばんは。
めっちゃ苦手というか、読んだ本が悪かったらしい。
ですがこの本はとっても面白かったです。

ええーーっ!これって本当の行事なの!?それすらも知らなかったです。
仮病組に一票。これって敵??

しんちゃん:2008/02/18(月) 23:08 | URL | [編集]

こんばんは!恩田さんが苦手とは意外でした。
ただ歩くだけと設定はシンプル、でも、シンプルさゆえに十代の一瞬の煌き、揺れる心情が綺麗に透けて見えてよかったなぁって思いました。
恩田さん、短篇は『光の帝国』、長編は『チョコレート・コスモス』がそれぞれに好きです。

雪芽:2008/02/19(火) 00:22 | URL | [編集]

雪芽さん、こんにちは。
自分をふくめ苦手な方が多いみたいですよ。
幻想的な部分がやーとなるみたい。
「光の帝国」は持っていましたが、読まずに処分しちゃった。
汗、汗。

しんちゃん:2008/02/19(火) 11:47 | URL | [編集]

やっと読んだね。気に入ると思ってた(笑
当たり外れは運だけど、『ネバーランド』と『ドミノ』は大丈夫だと思うよ。あんまり読んでないから大きなことは言えないけど。
映画は『鹿男』のイトちゃんが貴子役だよ。

あさと:2008/02/19(火) 19:40 | URL | [編集]

あさとさん
気に入っちゃいました。でも恩田陸のお薦めはやめて~。
せっかく苦手作家の烙印を押して、敬遠してるのに。
これで嵌ったら、どえらい量の作品を読まねばならぬ。
「鹿」は一回目だけ見ました。ふむふむ。あの顔に特徴のある子か。

しんちゃん:2008/02/19(火) 22:25 | URL | [編集]

こんばんは。
今、久しぶりに恩田さんの作品を読んでるのですが、読みながらこの作品のことを思い出してました♪
私も、この感動をもう一度味わいたいです。

よく考えてみれば、一般ウケするのって、これと「チョコレートコスモス」くらいじゃないかと(苦笑)
だから、私がすきな恩田さんの作品も、これと「チョコレートコスモス」です(笑)

ゆう:2008/02/20(水) 18:50 | URL | [編集]

あ!「ドミノ」という作品があるのですが、これはベタに楽しめますよ♪
気が向いたらどうぞ!

ゆう:2008/02/20(水) 18:52 | URL | [編集]

ゆうさん、こんばんは。
これっきりと思っていた恩田陸。というか、思いたかった恩田陸。
どうやら「チョコレートコスモス」「ドミノ」は、チェックせねばとなりました。
調べたところ、「ドミノ」は「ラッシュライフ」に近そうですね。
タイミングが合えば、まずは「ドミノ」を行きたいと思いました。

しんちゃん:2008/02/20(水) 22:55 | URL | [編集]

私も『夜のピクニック』
読みました。
青春モノを探してたときに♪
たまたま、見つけたのがコレで^^
個人的にはかなりよかったです★
コメントを見ると(*^^)
『チョコレートコスモス』
があがっているので♪
今度読んでみようと思います。

まーちゃん:2009/06/25(木) 17:00 | URL | [編集]

まーちゃんさん
「チョコレートコスモス」はまだ未読です^^; 
でも「きのうの世界」「訪問者」は読みました。
忠告どおり「チョコレートコスモス」を読めば良かった......。
青春ものならピュアフルがおすすめ!

しんちゃん:2009/06/25(木) 17:55 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

恩田陸【夜のピクニック】


夜は人の心に魔法をかける。ふだん言えないことが言えてしまう。自分の秘密を人に話したくなる。 あんまり好みのタイプではない男性なのに...

2008/02/18(月) 13:59 | ぱんどらの本箱

「夜のピクニック」 恩田陸


   夜のピクニック  恩田 陸  新潮社 (2004/7/31)  単行本: 342ページ みんなで、夜歩く。たったそれだけのことなのにね。 どうして、それだけのことが、こんなに特別なんだろうね。 朝の八時から翌朝の八時まで、夜中の数時間の仮眠を挟んで、八十キ...

2008/02/19(火) 00:01 | コンパス・ローズ  compass rose

「夜のピクニック」恩田 陸


{/book/}「夜のピクニック」恩田 陸 ★★★★ ある高校の生徒全員が一昼夜かけて80キロ歩く行事。 並んで歩く。ただそれだけのことがこんなにも特別。 そのスタートからゴールまで二人の男女生徒や友人達との会話や心理を描いているだけなのに、胸がキュンとなるシー...

2008/02/20(水) 00:35 | ミチの雑記帳

夜のピクニック*恩田陸


☆☆☆☆・  夜を徹して八十キロを歩き通すという、  高校生活最後の一大イベント「歩行祭」    生徒たちは、親しい友人とよもやま...

2008/02/20(水) 06:44 | +++ こんな一冊 +++

『夜のピクニック』恩田陸


夜のピクニック 恩田陸/新潮社 あの一夜に起きた出来事は、紛れもない奇蹟だった、とあたしは思う。 夜を徹して八十キロを歩き通す、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。 三年間わだかまっていた想いを清算すべく、あたしは一つの賭けを胸に秘め、当日を迎えた。去...

2008/02/20(水) 23:00 | ひなたでゆるり

『夜のピクニック』 恩田陸 新潮社


夜のピクニック 第26回吉川英治文学新人賞受賞作 第2回本屋大賞受賞作。 「本の雑誌」が選ぶ2004年度1位。 北高校の年行事の一つ、朝の8時から仮眠を少し取るだけで翌日の朝8時まで、全校生徒で80?歩き続ける『歩行祭』が行われる。完走する為にただ歩き続ける。

2008/02/25(月) 23:33 | みかんのReading Diary♪

「夜のピクニック」恩田陸


タイトル:夜のピクニック 著者  :恩田陸 出版社 :新潮社 読書期間:2006/10/10 - 2006/10/12 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 夜を徹して八十キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。生徒たちは、親しい友人とよ...

2008/02/28(木) 14:20 | AOCHAN-Blog

恩田陸『夜のピクニック』


夜のピクニック (新潮文庫)恩田 陸新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、恩田陸『夜のピクニック』を紹介します。第2回本屋大賞を受賞した作品である。全校生徒が80Km歩きとおす「歩行祭」という高校の行事が舞台である。青春小説なんでしょうね。物語の中心人物は甲

2010/11/30(火) 18:30 | itchy1976の日記

夜のピクニック


 最近、ミステリーばかりやたら読んでいるので、たまにはもっとさわやかなものをと言うことで、「夜のピクニック」(恩田陸:新潮文庫)を読んでみた。 恩田陸といえば、SF風味...

2010/12/06(月) 20:59 | 時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。