--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.23

「ハミザベス」栗田有起

ハミザベス (集英社文庫)ハミザベス (集英社文庫)
(2005/07/20)
栗田 有起

商品詳細を見る

「ハミザベス」「豆姉妹」の二編を収録。

「ハミザベス」
はたちの誕生日を前にして、父が死に、不動産とハムスターを一匹もらうことになった。父とは一歳のときに別れていて、母が死んだのだと言っていたので、とっくに死んだのだと思っていた。相続したのはマンションの一室。まちるは、せっかくなので、贈られたマンションへ引っ越すことにした。元恋人であり幼なじみの彰や、父の同居人だった花野あかつきさんとの不思議な友情。ときどき更年期障害の母。観た映画に出てきた登場人物の名前がエリザベスだから、ハムスターの名前をハミザベスと名付けた。地上33階で静かにハムスターと重ねる日常を描いた作品。

「豆姉妹」
姉と私の顔はよく似ている。そして丸い。姉と私は七つ年が離れている。現在私は十六で、体の成長は止まったらしい。姉と並ぶと、そして裸になると、どちらがどちらだかわからなくなった。私たちは体を寄せ合い、くっつき合って暮らしている。まるで、ひとつのさやにおさまる豆のようだ。私たちは、豆ふたつぶの姉妹だった。それがある日、姉は看護師をやめてSM嬢になり、妹は何も考えないままアフロ頭にし、血の繋がらない弟が二人暮らしの部屋に転がりこんできた。日常に変化が起こる?いや、まったく変わらない。ほのぼのした日常を描いた作品。


登場人物たちの会話がユニークで、ポンポンとリズムよく、ほとんどそれらの会話だけで進むストーリーが新しい「ハミザベス」と、そっくりの姉妹の自立とイレギュラーの弟の思春期が瑞々しく、そしてこちらもリズム感抜群の「豆姉妹」の二作品。

どちらも現実から少しずれている。狸の玉々のような玉を持っていたという父や、卵を産むというあかつき。突然おかしな行動を取る姉妹。だけどこれが淡々としていて、どっこも悪くないじゃん、何かおかしなことでもありましたか、というような居直りをまったく感じさせずに、さらりと読ませてしまう。ありえないんだけど、これが面白い。それに人物たちも前へ出ない。主張をいっさいしない。干渉もしない。控えめの美学とでもいうのかしら。そういった部分も、軽いユーモアと混じって読んでいて気持ちが良かった。

ちょいと一風変わった日常の物語だが、こんなのもあり、というか、かなり好きな作風だった。
これからも栗田有起に注目して行きたい。そう思えた一冊でした。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

栗田有起
トラックバック(6)  コメント(9) 

Next |  Back

comments

しんちゃん、こんにちは!
おお~栗田さん、読まれたのですね。
ユーモアな感性をお持ちの作家さんで、すごく好きです。
「豆姉妹」とか楽しく読みました。

栗田さん他の作品もユーモアな世界を描かれています。
私は『オテルモル』とか好きです。
しんちゃんの感想楽しみにしていますね(*^-^*)

リサ:2008/02/23(土) 13:10 | URL | [編集]

栗田作品は、ずれ方が絶妙で
現実的なようでいて現実的ではない不思議な感覚が病みつきになります。

ふらっと:2008/02/24(日) 08:57 | URL | [編集]

リサさん、こんにちは。
面白い感性と、ずれたユーモアが上手い作家さんですね。
「テルミー」はすでに持っているので、読むのが楽しみになりました。

しんちゃん:2008/02/24(日) 12:00 | URL | [編集]

こんばんは。
栗田さんの物語、独特の世界が広がっていて大好きです。
だけど、最近本を出していらっしゃらないような気がして
ちょっと寂しいです。

なな:2008/02/24(日) 23:08 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
少し変わった世界が気持ち良かったですね。
そうなのですか。買っていた文庫を今更読みました。
だから最近の情報はまったくもっていません。
新刊が出ると良いですね~。

しんちゃん:2008/02/25(月) 11:52 | URL | [編集]

栗田さんの世界って、確かにちょっとずれてて不思議にユーモラスですよね。次はどんな世界?と気になって、新刊がでるとついつい手にとってしまいます。


june:2008/02/25(月) 21:47 | URL | [編集]

しんちゃんが読んでるの見て、あ~懐かしい~~と思いました。2,3年前の時点でとても注目していた人なんですよ。
ななさんも言われてるように、最近姿を見かけません。また新作書いてもらいたいです。

まみみ:2008/02/26(火) 08:51 | URL | [編集]

juneさん
この世界観はわりと好きで、もっと読みたいなと思いました。
携帯にメモメモ。下書き保存はぎっしりだけど

しんちゃん:2008/02/26(火) 12:09 | URL | [編集]

まみみさん
お休みなさっているのでしょうかね。
注目したとこなのに…。同じく新刊希望でーす。

しんちゃん:2008/02/26(火) 12:12 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

『ハミザベス』栗田有起


ハミザベス 栗田有起/集英社 20歳目前のまちるは母と二人暮らし。死んだと聞いていた父が、今度は本当に死に、マンションの一室とハムスターが転がり込んできた。明かされる出生の秘密と淡い悲しみ。第26回すばる文学賞受賞作 初めて表紙を見たときあれ?と思った。江國...

2008/02/23(土) 13:07 | ひなたでゆるり

ハミザベス*栗田有起


☆☆☆・・ 表題作のほか、豆姉妹。 死んだと聞かされていた父親が遺言を遺して亡くなり、母は現金を、まちるはマンションをもらうこと...

2008/02/24(日) 09:00 | +++ こんな一冊 +++

「ハミザベス」栗田有起


ハミザベス 栗田 有起 「ハミザベス」と「豆姉妹」の2つの話。表紙の絵、江国香織さんの「ホテルカクタス」を思い出した。調べてみたら両方とも佐々木敦子さんが描いた絵だった。一つの繭に一緒にくるまれる母と娘、一つさやに納まる豆のような姉妹。一心同体の二

2008/02/24(日) 23:08 | ナナメモ

ハミザベス


ハミザベス 栗田有起 「お縫い子テルミー」と「ABARE・DAICO」がよかったので、かなり期待して手にとったのですが、ちょっとがっくりしました。 「ハミザベス」の方が、あまりにもあっけないラストだったのです。何か重要なことを読み落としたのでは??...

2008/02/25(月) 21:47 | 本のある生活

栗田有起【ハミザベス】


西日が強く照りつけるマンションの一室と現金を遺して父が死んだ。遺言により、娘はマンションを、母は現金を相続した。娘の「まちる」は、...

2008/02/26(火) 10:34 | ぱんどらの本箱

ハミザベス/栗田有起


12.ハミザベス/栗田有起 ■ストーリ  母親と二人暮らしをしていた「まちる」ははたちの誕生日直前、  死んだと思っていた父からマンションを相続する。元恋人の幼なじみや  父の同居人だった女性との奇妙な友情。新しい部屋で重ねる日常。  少しずつ自立していく

2008/02/29(金) 23:56 | のりぞうのほほんひとりぐらし

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。