--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.24

「砂漠」伊坂幸太郎

砂漠砂漠
(2005/12/10)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

仙台の大学に入学して、クラスの懇親会という名目で開かれたコンパ。どこかさめた気持ちで、クラスメイトを眺める北村に、お調子者の鳥井が声をかけてきた。そこへ強烈な登場と演説をする男が現れた。その男西嶋が、ぱかっと口を開き、「その気になればね、砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ」と明晰に断言した。その言葉に何かを感じた大学生が数人だけいた。

その強烈な個性を持った西嶋の誘いで麻雀をすることになった。場所はブルジョア鳥井のマンション。面子は東西南北の四人。誰もが振り返る美人だが無愛想な東堂さん。どんなことにも真剣勝負で前進あるのみの西嶋。物を曲げたり物を移動させる超能力を持つ南さん。そして上から全体を眺める鳥瞰型の北村。これから大学生活を共に過ごす五人が集まった。

麻雀、合コン…、そして恋。気楽な大学生活を送りながら、何かできるんじゃないか、と考える大学生。そこに春夏秋冬それぞれの季節に起こる事件の数々。ホスト礼一とのボーリング対決。出くわした空き巣犯に傷つけられた鳥井。超能力を否定する高慢な学者の登場。通り魔プレジデントマンの終焉。空き巣犯との因縁の戦い。

いやー面白かった。青春小説としても読めるし、エンタメ小説としても楽しめる。北村の一人称で仲間たちを描いているのだが、本書の主人公は西嶋なのかもしれない、というぐらい、最初からインパクトありすぎで、彼のパワーでぐいぐい読まされてしまう。それに、いろいろと問題ありの発言するのだが、あそこまで言い切ってくれると気持ちが良い。それにちょいと共感してしまった。これって危険思想??「魔王」「ゴールデン」と関係あるかも。

この作品はミステリではないので複線は少し控えめ。それでも数ヶ所あるのだが、案の定予想したことが的中してしまった。前にもこんなことがあり、これはデジャヴかと思った。考えてみると、「陽気なギャング」と同じような複線使いをしていることに気づいた。そういえば作品の雰囲気も似ているかも。

この作品に関してはあまり書きたくない。というか、書きすぎて読書の楽しみを奪いたくない。よってこの辺で止めておきたいと思う。ラストが爽快であり、伊坂作品の中でも好き度が上位にきた作品だ。そして名言集でもあった。


作品間リンク
「ラッシュライフ」:黒澤
「チルドレン」:武藤

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊坂幸太郎
トラックバック(14)  コメント(16) 

Next |  Back

comments

こんばんわ。
面白かったですね~。大学生活と西嶋。
伊坂さんの書く「変なやつ」に、最後は必ず洗脳されてしまいます。
タイトルもカッコイイよね。

ia.:2008/02/24(日) 22:54 | URL | [編集]

おっ!
黒澤が出るんですね♪

最近、
なかなか読書できずにいます( ̄∇ ̄;)
ううむ~。。。

あ、
それと関係ないけど、
仙台で空き巣に遭ったことあります( ̄□ ̄;)

夜中、マンションに帰ると、
明かりがついてて、テレビ以外の電化製品がありませんでした。
笑ってしまった。。。( ̄∇ ̄;)

つたまる:2008/02/25(月) 01:24 | URL | [編集]

ia.さん、こんにちは。
へんなヤツ、インパクトありありでしたね。
楽しいキャンパスライフだけじゃないとこも面白かったです。

しんちゃん:2008/02/25(月) 11:45 | URL | [編集]

つたまるさん
黒澤はいろんなところに登場します。
つたまるさんちも黒澤かもね。ご愁傷さまです。ちーん。
わわわっ、ジョークです(汗)

しんちゃん:2008/02/25(月) 11:48 | URL | [編集]

こんにちは。
いつもながら強烈な個性の持ち主が揃っていて、いかにも伊坂さんらしい作品だったと思います。
ラスト近く、読みながら思わず彼らにあわせて心の中で「セドリック!!」と叫んだ私でした。

らぶほん:2008/02/25(月) 18:42 | URL | [編集]

伊坂さんの作品の強烈キャラって、好きなんです。
西嶋も確かに危険思想?ってとこはありますが、よかったです。
西嶋の「助けちゃえばいいんですよ」ってセリフがぽっと浮かんできたりします。

june:2008/02/25(月) 22:04 | URL | [編集]

らぶほんさん、こんばんは。
「セドリック!!」と叫びたくなるシーン、何度も読み返しました。
最高のエンタメが楽しめた一瞬でしたね。
どきどき、わくわく、やったー、が集結。最高!

しんちゃん:2008/02/25(月) 23:31 | URL | [編集]

ちょっとおセンチになっちゃいます。学生の頃を色々思い出しちゃうのです。私もよく飲んでよく打ったので。
西嶋は不思議な男です。最初はやっぱりウッとなるのですが、いつの間にか引き込まれ、最後は思わず応援して一緒にガッツポーズしていました。

たまねぎ:2008/02/25(月) 23:49 | URL | [編集]

juneさん
西嶋くんはラブリーでしたね。彼の恋も応援しちゃいましたよ。
危険思想も中々良かったです。

しんちゃん:2008/02/26(火) 12:15 | URL | [編集]

たまねぎさん
へー、麻雀打てるんだ。ルールも役もまったく知りませぬ。
でもあの麻雀風景は良かったです。
西嶋くんは強烈だけど、なぜか惹かれますよね。

しんちゃん:2008/02/26(火) 12:18 | URL | [編集]

しんちゃん☆おはようございます
トンデモナイように思ってたけれど、後になってみるとアイツだよなぁって人っていますよね。
西嶋クンみたいな人って必ずいるんだなぁ!
どうってことない毎日なんだけど、伊坂さんが描くとどうしてこんなに楽しいんでしょうね?

Roko:2008/02/27(水) 08:40 | URL | [編集]

Rokoさん、こんにちは。
おー、西嶋くんタイプがいますか。
おいらの周りには残念ながらいません。
貴重な人材なので大事にしてあげてください。
またこのように楽しい作品が読みたいですね。

しんちゃん:2008/02/27(水) 11:15 | URL | [編集]

学長の言葉をはじめ、いろんな言葉をメモしておきたくなっちゃいました。数が多くてやってないけど(^_^;)
春夏秋冬、彼らと一緒に過ごした感じで楽しかったです♪

エビノート:2008/02/27(水) 22:35 | URL | [編集]

エビノートさん
ほんとに名言が多かったですよね。
こちらもメモはしなかったですけど(汗)
また彼らと出会いたいな、と思えた読書でした。

しんちゃん:2008/02/28(木) 12:12 | URL | [編集]

やっぱり黒澤さんだったんですね。
っていうか、空き巣なら彼しかいない?(爆)
西嶋のよさを分かった仲間が集まって、嬉しくなりました。自分の大学時代を思い出して、懐かしくなりました。

ってことは、やっぱり北村君がラストで予感した通り、疎遠になっていくんでしょうかね。
できればあの3組のカップルはあのまま成就してほしいですね。

じゃじゃまま:2008/11/28(金) 23:38 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
人情のある空き巣って彼しかいないでしょ(笑)
西嶋タイプを受け入れる仲間って心が広いですよね。
自分なら、さてどうだろう?微妙かな。
やっぱり環境が変わると、新しい関係が今になるから・・・ねぇ。

しんちゃん:2008/11/29(土) 16:16 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

砂漠


この本は活字の砂漠で溺れたいさんから紹介していただきました。 著者:伊坂 幸太郎 出版社:実業之日本社 紹介文: なんだかとても気持ちの良い作品でした。 伊坂ワールドの住人は強烈なキャラクターが多いですが、今回登場する西嶋はさらに凄腕です。剛腕・西

2008/02/24(日) 22:52 | どくしょ。るーむ。

「砂漠」伊坂幸太郎


砂漠伊坂 幸太郎仙台の大学に入って最初のコンパ。遠くからみんなの様子を見ていた北村に声をかけてきた、鳥みたいな頭でお調子者の鳥井。不思議な能力を持つ南、愛想のない美女の東堂、前進あるのみの西嶋、5人の大学生活。大学時代ってホントくだらない事が面白かった

2008/02/24(日) 23:06 | ナナメモ

砂漠 伊坂幸太郎


装幀・写真は大塚充朗。装画は清伊吹。岩手・盛岡に住んでいた僕、北村(語り手)は仙台の国立大学に入学し、新入生歓迎コンパに参加します。そこで描かれる何人かの個性的な若者たち。隣にいて自分のことを鳥瞰型と指摘し

2008/02/25(月) 02:57 | 粋な提案

『砂漠』 伊坂幸太郎 実業之日本社


砂漠 ここのところ、ライブだトリノだと、ほかのことに夢中になってしまって(トリノはちょっと淋しい展開ですが)、読書がお留守になってしまっています。ぼちぼち読んでようやく読み終えました。時間はかかりましたが、面白かったです。とても良い読後感でした。 大学...

2008/02/25(月) 08:54 | アン・バランス・ダイアリー

妄想キャスティング――伊坂幸太郎【砂漠】


この記事は「この作品が映像化されたら、この役者に出演を依頼したい!」という妄想のもとに作成されてます。 本当に映画化が決まったわけ...

2008/02/25(月) 10:21 | ぱんどらの本箱

砂漠 伊坂幸太郎


大学生5人の日常を、平行して起こった事件と絡めながら鮮やかに描く長編青春小説。 極端なキャラクターを持ち合わせた彼らではあったが、一人一人が本の中で確実に生きていて、本当に存在するのではないか?という位に人物造形や描写が素晴らしかった。 普通のキャンパ...

2008/02/25(月) 15:38 | かみさまの贈りもの~読書日記~

砂漠⇔伊坂幸太郎


砂漠〔伊坂幸太郎〕 「大学の一年間なんてあっという間だ」入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン…。 学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”に囲まれた“オアシス”で超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、まばたきする間に過ぎゆく日々を送...

2008/02/25(月) 18:40 | らぶほん-本に埋もれて

「砂漠」伊坂幸太郎


砂漠 おもしろかったですー。「魔王」以来、伊坂さんがいっそう好きになってしまったのですが、これもよかった。伊坂さんの語り口が堪能できます。「アヒ鴨」で残ったやりきれない思いも、心に残るものではあったのですが、やっぱりこういうすっきりしたものは、読んで...

2008/02/25(月) 22:01 | 本のある生活

『砂漠』 伊坂幸太郎  実業之日本社


砂漠 大学入学と共に主人公北村が鳥井、西嶋、東堂、南と出会い過ごす4年間、細かい出来事は書かれてないけど、主だった出来事だけ振り返っている。 名前が北が付くだけで麻雀のメンバーに誘われたり、南という女性は特殊な力を持っている~だなんて普通の日常からチ...

2008/02/25(月) 23:34 | みかんのReading Diary♪

砂漠  伊坂幸太郎


やませみみたいな頭をした鳥井はブルジョアだけど嫌味がなく、快活に笑う。将来はスーパーサラリーマンになる、だから今の内に遊ぶのさ。と、言い男女交際に勤しんでいた。 陽だまりのような雰囲気を持ち静かに微笑む南。鳥井の中学時代の同級生の彼女は麻雀で無類の強さ...

2008/02/26(火) 00:46 | 今更なんですがの本の話

『砂漠』井坂幸太郎


点だった若者達がつながり線となる――疾走感溢れる青春グラフィティ。 砂漠に雪を降らせることだってできる――。 無謀で、無力で、それでもそこにある日々は、確かに輝いていた。 砂漠のように広がる社会、 その手前のオアシスで出会った五人の若者達の物語。

2008/02/27(水) 13:33 | 本を読め、本を。

砂漠〔伊坂幸太郎〕


砂漠 「大学の一年間なんてあっという間だ」 入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン……。 学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”囲まれた“オアシス”で 超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、 まばたきする間に過ぎゆく日々を送っていく...

2008/02/27(水) 22:31 | まったり読書日記

「砂漠」伊坂幸太郎


タイトル:砂漠 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :実業之日本社 読書期間:2006/03/03 - 2006/03/06 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 麻雀、合コン、バイトetc……普通のキャンパスライフを送りながら、「その気になれば俺たちだって、何か

2008/02/28(木) 14:28 | AOCHAN-Blog

砂漠 伊坂幸太郎著。


≪★★★★☆≫ 素晴らしい~~~っ!と読んでる間と読み終わった後思った。 合コンで場の空気を白けさせても飄々として自分の説を唱える西嶋。そんな西嶋なら、砂漠に雪を降らせることが出来るかもしれない、この男なら奇跡を起してしまうんじゃないか、そんな男と出会った

2008/11/28(金) 23:27 | じゃじゃままブックレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。