--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.26

「先生と僕」坂木司

先生と僕先生と僕
(2007/12)
坂木 司

商品詳細を見る

伊藤二葉、十八歳。人が殺される小説は読めない、極度のこわがり屋。大学に入学して最初に出来た友人山田から、推理小説研究会へ誘われ、ついうなずいてしまった。そんな四月の夕暮れ。公演のベンチに腰掛けた僕は、やはりこの類の小説は無理だ、とため息をついて本を閉じた。そこへ少年がアルバイトをしないかと声をかけてきた。それが僕と先生の、運命の出会いだった。

瀬川隼人、十三歳。ただいま家庭教師募集中。ぼくの母さんが、中学に上がったらすぐに塾に通うか家庭教師をつけるか二択を迫ってきた。勉強を教えてもらう気はない。結構勉強ができるので、そんな時間があったら好きな本を読んでいたい。そこで家庭教師のふりをする秘密の契約を、公園で見かけた大学生に持ちかけた。

隼人がミステリマニアだったので、一時間は勉強、残りの一時間はミステリを教えてもらう、という内容で二人の話し合いは決まった。そのミステリが大好きな隼人は、身近で起こる小さな事件に首を突っ込みたがる。そこで二葉の持つ能力、視界を写真に撮るみたいにして記憶できる、というのを生かして次々に謎を解いてゆく。

古典に近い坂木風の連作短編ミステリかな。作品の中にミステリ小説がたくさん出てくるのだが、翻訳ものが多くて未読なものばかりだった。唯一読んでいたのが「ホームズ」だけ。でもこういうので知ると読みたくなってしまうから不思議。でもカタカナが苦手なんだけど。

内容は少しあっさり気味かな。二人が首を突っ込む事件を簡単に書いておきまする。
書店のギャル系雑誌に携帯番号と援助交際希望の付箋が貼られていた。...「先生と僕」 
火災のあったビルから消えたと思しき女の子二人。...「消えた歌声」 
区民プールで見かけた暗号のようなメモを取る区役所の人。...「逃げ水のいるプール」 
ギャラリーで個展を開いている商業っぽさのない女性。...「額縁の裏」 
固有名詞がなく値段だけ表示された怪しいペットショップのサイト。...「見えない盗品」

物事を疑いすぎて、しかも悪に精通しすぎの中学生。しかも極端な二面性があって、かなり冷徹な側面を見せる。美少年スマイルで女性をたぶらかすって、タチが悪すぎでないかい。一方の大学生は、極度のビビリ症で恐怖に対する妄想癖がすごいのなんの。そんな二人が、おまえら他に友達はおらんのかい、とツッコミたくなるぐらい、中学生と大学生のコンビが一緒に街へ出かける。そこの部分が出来すぎのように思えたのだが、作品自体は嫌いじゃない。慣れてみるとこれが案外いけるのだが、「額縁の裏」の強引さだけは好きになれなかった。キャラに少し難ありってとこかな。


TBさせてもらいました。「今日何読んだ?どうだった??」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

坂木司
トラックバック(6)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

こんにちは。
出てきた本でよく知っていたのは私もホームズくらいでした。(笑)
殺人が出てこないので、ちょっとあっさりした感じになっているのかも。
隼人クンがすごく大人っぽくて、実際にああいう中学生がいたら……かな?



mint:2008/02/27(水) 11:33 | URL | [編集]

mintさん、こんにちは。
ミステリが中心にくるとあっさりになるのかも。
現実感に乏しい中学生で、かなり危ないキャラでしたね。
それに男のコンビになると何故かべったり。
坂木さんはこういうのが好きなのかな。

しんちゃん:2008/02/27(水) 13:02 | URL | [編集]

こんばんは。
極度の怖がり屋の二葉の方にちょっとイラッとしてしまいました。そこまで怖がらなくてもいいじゃんって(^_^;)
二葉の記憶力はすっごくうらやましいです。

エビノート:2008/02/28(木) 19:17 | URL | [編集]

エビノートさん、こんにちは。
登場人物の反応すべてが過剰でしたね。
これがラノベ風なのでしょうか。。
もう少し大人向けの坂木さんが読みたかったです。

しんちゃん:2008/02/29(金) 12:24 | URL | [編集]

出てくるミステリ、知らないものばかりでした。
中学生が先生で大学生が生徒というコンビは面白かったけど
こんな中学生がいたらいやですね。
そして二葉は怖がりすぎでした。

なな:2008/03/02(日) 10:27 | URL | [編集]

ななさん
ホームズを読んでいないのビックリです。
誰もが読む本だと思っていました。思い込みですかね。
やな中学生でしたね。怖がりすぎもリアル感に欠けていました。
そこが馴染めずでした。

しんちゃん:2008/03/02(日) 22:43 | URL | [編集]

私はあの中学生がちょっと引っ掛かっちゃいました。新刊棚に火をつけるくらいしてみせろ、って発言あたりから良くない印象が染み付いてしまったようで。焚書はいかんです。

たまねぎ:2008/03/16(日) 15:11 | URL | [編集]

たまねぎさん
根性ワルな中学生でしたね。
たまに、いや、終始イラっときました。
キャラに難ありっすよねー。

しんちゃん:2008/03/16(日) 19:29 | URL | [編集]

わたしが読んでたのは「ホームズ」と「六の宮の姫君」でしたが、ホームズは読んだのが昔すぎて内容全然覚えてません。これを機会に再読しようかなと思ってます。

隼人は確かに……な感じでしたね^^;
何すかしてんねん、お前!って絡む人とかいそう(って、それ私?)

まみみ:2008/03/28(金) 06:59 | URL | [編集]

まみみさん
後頭部をはたいてやりたいヤなガキンチョでしたよね。
不快指数がどんどん上がっていきました。
めずらしく「まだらの紐」は覚えていました。えっへん。

しんちゃん:2008/03/28(金) 12:46 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

『先生と僕』


今日読んだ本は、坂木 司さんの『先生と僕』です。

2008/02/27(水) 11:24 | いつか どこかで

『先生と僕』坂木司


先生と僕 坂木 司 2007/12/25発行 双葉社 P.239 ¥1,470 ★★★★★ 「本の中では、犯罪にも理由やロマンがある。正義を守る人もいれば、スケールの大きな悪をもくろむ犯人もいる。なのに現実は、お金お金お金。そればっかり。殺人にも理由が

2008/02/27(水) 23:02 | ほんだらけ

先生と僕 〔坂木 司〕


先生と僕坂木 司 双葉社 2007-12売り上げランキング : 1252おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 大学生になった少し怖がり屋の僕は、ひょんなことからミステリー研究会に入る。 同時に家庭教師のアルバイトを始めるが、その教え子は大のミステリー

2008/02/28(木) 19:11 | まったり読書日記

「先生と僕」坂木司


先生と僕 坂木 司 JUGEMテーマ:読書 主人公の伊藤二葉は大学に入学したばかり。極度の怖がりで、人が殺される小説は読めないのに、お人よしの性格が災いしてなぜか「推理小説研究会」に入ってしまった。「とりあえず読んでおけ」と渡された本を手に、公園のベンチで...

2008/03/02(日) 10:23 | ナナメモ

先生と僕/坂木司


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/2/25~2008/2/26 [BOOKデータベースより] 「先生と僕」―2人が向かった書店でみかけたもの…?「消えた歌声」―推理小説研究会の仲間と行ったカラオケで…?「逃げ水のいるプール」―区民プールで働くクラスメートが…?「額縁

2008/03/03(月) 23:38 | hibidoku~日々、読書~

先生と僕  坂木司


伊藤二葉、十八歳。この春からS大学へと通うぴかぴかの一年生。実は極度のこわがり屋です。人が殺される小説なんか、とてもじゃないけど読めません。 ところがです。何の因果か知りませんが、上京して初めて出来た友人の誘いを断り切れず、入会したサークルの名は推理小...

2008/03/17(月) 22:15 | 今更なんですがの本の話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。